ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

「人ほめ」の第一歩は「観察し、長所を見つけること」

おいでやす♪~

 

☆彡ハッピーレッスン

 

人ほめ」の第一歩は「観察し、長所を見つけること」


あなたのお子さんが、なかなかいい点を取れなかったとします。

普通なら叱るところですね。

でもね~、少しでも努力の跡が見て取れたら、きちんとほめてあげましょう。

 

机につくことすらしなかった子供が、机について数分でも勉強をしたのであればそれは立派な進歩なのです。

まず、そのことを褒めましょう。

「よく頑張ったね。その調子。今回うまくいかなかったけど、その調子で頑張れば次は必ず結果が出るよ」

 

"運勢今日よりよくしよう♪~、未来はそんな悪くないよHey!Hey!Hey!" AKB48


【高画質】AKB48/恋するフォーチュンクッキー

 

子供をこうほめて上げれば、次も頑張ろうという気持ちになります。

すぐに結果につながらなくても、少なくても、その子は頑張ることに喜びを感じることでしょう。

 ただし、いい点を取れなかった子は勉強していないのですから、改善する必要があります。

 もしも、スマホのゲームばかりに夢中になっているとしたら、ゲームを継続していることや、ステージをクリアーしていることを認め、褒めてみてはいかがでしょうか。

その力を「勉強」にも生かすように促しましょう。

 いきなりではなく、少しづつステップを踏んで、勉強しやすい環境を作ってあげましょう。

 

「自分が何を、どう頑張ったらいいのか」

「何をしたらほめられ、何をしたら叱られるのか」

「今の自分がどこにいて、どのくらい成長してきたか」などなど…etc.

 

これらのハードルを小刻みに、そして、適切に設けて、クリアーするたびに褒めてあげましょう。

 

単発で褒めるよりもこうして継続的にいろいろな角度から褒めてあげるとより成長が期待できます。

 そして、今度は皆さんに一つ提案があります。

それは「一日一ほめ」ということをやってもらいたいのです。

「継続は力なり」と言いますが褒めることにも当てはまります。

たった一言でもいいのです。LINEのスタンプ一つでもいいのです。

ぜひ意識してやってみましょう。

 お互いほめることになれて来たら、意識して言葉を変えて褒めてみましょう。

「ほう」「やるじゃん」「よくやったね」「拍手♪~」といった一言でいいのです。

 こまめに回数を重ねましょう。

本当に褒められることを、小さくてもいいから積み重ねましょう。

それが褒められる人の気持ちなのです。


これにて一件落着、めでたし、めでたし~。


一度っきりの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 


以上は原邦雄著 『たった一言で人生が変わる褒め言葉の魔法』 より一部抜粋&加筆

 

★原 邦雄 Kunio Hara (はら くにお、1973年10月15日 - )は日本の教育実践家。「ほめ育」の第一人者。

株式会社スパイラルアップ 代表取締役一般財団法人ほめ育財団 代表理事

人物・経歴
大手コンサルティング会社にてコンサルタントとして活躍したのち、「本当に現場の気持ちが分かるコンサルタントになりたい」と思い立ち、ラーメン店に転職。洗い場からスタートし、4年間の修行を経て、店長になるという体験を通し、チームをまとめること、人材を育成するためには“ほめて育てることが大事である”ことを会得。

2011年独立。株式会社スパイラルアップを設立。売上に直結するほめ方のノウハウを企業に根付かせるため、コンサルティング活動をスタート。2015年、それまでの経験から「ほめるという行為は全ての人に通じるものである」ことから「ほめ育」を将来を担う子供達へ波及したいと考える。

活動実績
2015年、子供の教育にチャリティすることを目的とした「一般財団法人ほめ育財団」設立。“ほめ育【Ho-Me-I-Ku】を世界共通語に!”を合言葉に活動を開始。ミッションは“世界中の人たちを輝かせる!”。

ほめて人を育てる「ほめ育」を196カ国に広げるために、日本だけではなく、アメリカ、中国、インド、カンボジアシンガポールインドネシアなどに活動を展開し、のべ100万人以上にほめることの素晴らしさを伝えている。

多数の現場で培った経験と、脳科学・心理学をミックスした教育メソッドは、大人だけではなく幼児教育にも活用できるとして、国内外200社に導入されている。

年間200回以上の講演を行う。

自身の体験と実践による教育を行うが、アカデミックな教育学研究者ではなく、また学校等の制度的な組織の教育者でもない。したがって、教育者というよりも「教育実践家」と呼ぶことが相応しい。

著書
『やる気と笑顔の 繁盛店の「ほめシート」』(2013年、ディスカヴァー・トゥエンティワン)※英訳・中国語訳もあり
『売上が上がる ほめる基準』(2014年、商業界)
『今すぐできる! 今すぐ変わる! 「ほめ育」マネジメント』(2015年、PHP研究所
『たった一言で人生が変わる ほめ言葉の魔法』(2016年、アスコム
『1日1ほめで幸運を引き寄せる 自分をほめる習慣』(2017年、すばる舎

スポンサーリンク  

ごきげんよう♪~

スポンサーリンク