ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

自然の摂理に従って生きていくとは?

おいでやす♪~ 


☆彡ハッピーレッスン

 

「行雲流水」という禅の言葉があります。

雲は風の流れに乗って空を流れていきます。

風の流れに逆らって流れることはありません。

水は高いところから低い方へと流れていきます。

決して、低いところから高い方へ逆流することはありません。

 それが「自然の摂理」であり、人間もそんな自然の摂理に従って生きていくのが最もしなやかで幸せな生き方だということを述べている禅語です。

因みに禅の修行者のことを「雲水」と呼びますがそれはこの「行雲流水」からきています。

 まさに「自然の摂理に従って生きる」ことが禅の修行者の理想なのです。

「体力が低下した、記憶力が落ちた、しわが増えた」と嘆いて老いていくことに強い抵抗感を抱き、暗い表情をしている人がいます。

でもね~、人が老いていくのは自然の摂理なのです。

 

そこで、いい生き方があるのです。

 それは「老いをあるがままに受け入れ楽しむことです」

 

何でも楽しんだもん勝ちなのです。

 

年齢を重ねるということは、マイナス面ばかりではありません。それだけ人生経験が豊富になるということです。
物事を客観的に見る事ができるようになり、的確な判断もできるようになります。豊富な人生経験が誰かの役に立つこともあるのです。

また、60歳を過ぎた頃には自分のための時間も増えてきます。今までやろうとしてもできなかったことをやるチャンスでもあるのです。老いは人生の下り坂ではなく、人生の実りを楽しむ充実の時なのです。

ならばオイルという自然の摂理に従って「体力が落ちても、しわが増えてもへっちゃらだ。それなりに人生を楽しもう」考えましょう。

 

経年変化には「経年劣化」もありますが「経年美化」もあります。

 

革や工芸品には使えば使うほど美しくなるものがあります。

 

最近老いてなお美しい女性がが多くなりました。

 

皆さん「化学変化」を起こされた「経年美人」さんですね。

 

皆さん「楽しんでいる」方たちではないでしょうか?

 

人生50年は織田信長の時代です。(人間五十年・・・敦盛の一節)

 

令和の時代は「元気で長生き100迄楽しむぞ♪~」

 

川の流れの様に 


美空ひばり 川の流れのように

 

人生は一度だけ、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は植西聡著 「へっちゃらな心の作り方」 より一部抜粋&加筆

 

※敦盛の一節

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」
「人の世の50年は、下天と比べればただの一日でしかなく、はかないものだ」という意味です。

ただし、当時の平均寿命もご五十歳程度だったようです。

 

★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版
『ツキを呼ぶコツ』(はる出版)
『すべてが好転し始める小さな習慣』(夢文庫)
『明日が「いい一日」に変わる小さな法則』
『「ムカッとくる怒り」がスーッとおさまる本』PHP
『気にしない習慣』PHP
 迷いを一瞬で消せる『最後心』三五館
『1秒で心が強くなる言葉の心理術』王様文庫
『やる気のコツ』(自由国民社
『凹まない人の感情整理術』(ナガオカ文庫)
『心がやすらぐ100のルール』㈱アスペクト
『へっちゃらな心の作り方』三笠書房
  その他多数あり

スポンサーリンク  

ごきげんよう♪~

スポンサーリンク