ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

『新しい体験に「イエス」といってみよう♪~何かが起こる!』ブレット・ブルーメンソール著「毎日の暮らしが輝く52の習慣」より

 ☆彡美しいココロで人生に向き合う


☆『新しい体験に「イエス」といってみよう♪~』

 

 私たちは、様々な理由から「ノー」といってしまいます。

 

 未知のことを恐れたり、コンフォート・ゾーンにはまり込んだり、コントロールを失いたくなかったりと、理由は様々です。

 

 もちろん、人生においては「ノーNO~」ということが大切な時もあります。

 

そうすることで、境界線を引き、優先順位を決め、時間を管理することができるのですが、度が過ぎれば、『幸せになる力』を弱めてしまいます。

 

そこで、今までよりもほんのすこしだけ、「イエス」を増やして、心身共に新しい経験を受け入れてみましょう。

 

新しい経験に踏み出すことが増えれば、退屈を寄せ付けなくなりますよ。

 

 「イエス」は可能性の扉を開き、人生がもっと意味深くおもしろいものにしてくれる新しい刺激的なチャンスを生み出すのです。

 

 ウィンストン・セーラム州立大学のリッチー・ウォーカー博士が行った研究では、3万もの出来事の記憶と、3か月から4か月までの期間で500以上の日記を調べました。

 その結果、様々な経験にかかわる人は、経験が少ない人に比べて、ポジティブな感情を持ち続け、ネガティブな感情が最小になる傾向が強いことがわかりました。

 

 「イエス」ということは自信を高めます。コンフォートゾーンから抜け出し、肯定的な経験とともに歩き出せば、将来新しいことをするときに、もっと自信が持てるのです。

 

 もちろん、新しいことへの挑戦は成長につながります。

 

広い視野を持ち、脳を刺激して動かし続け、積極的に新しい道を切り開くようになります。

 

 新しい経験からは社会的なメリットも得られます。

 

知らない人と一緒に何かを経験することによって、新しい友人や社会的つながりが得られるのもメリットです。

 

人生最大の意思決定をする時はプロポーズされた時ですね。
前もって答えを用意しておきましょう。 

"Will you marry me ?"と聞かれて一番多いのは「nodding」でyesを伝えハグすることのようです。(中には喜び過ぎて相手を押し倒す女性もいます。)

次が「yes」、「of course 」、「yes,I do」といった答え方です。

女性はこの時興奮してますから声が上ずっています。

愛し合う者達に言葉はいらないかもね。

 

"Will you marry me ?" she said yes at once. 4:41


Best Flash Mob Proposal Ever!

 


☆彡新しい自分になるために今すぐできること

 

①「ノー」の裏に隠れているのは何?
つい「ノー」というクセがついている奈良、その原因を見極めましょう。
とりあえず「ノー」?怖いから?過去の苦い経験から? 実はたいした理由がないことに気が付くはずです。

すると、「ノー」を「イエス」に変えることができるようになります。

「出来ない」や「能力がない」を「出来る」や「やってみる」に変えてみましょう。


②目標に経験をくっつけるとチャンスが生まれます。
目標に新しい経験をくっつけらるチャンスを見つけましょう。

例えば転職を考えていねなら「パーティ」への招待に「イエス」と答えれば興味ある業界の人に会うチャンスが生まれます。


③誰かのために「イエス」と言おう!
大切な人のために「イエス」と言ってみてください。

例えばあなたの子供が留学プログラムに誘われているのに寂しくなるから行かせたくないと思っているなら、安全であるなら「イエス」といってみましょう。


④他の人のことは気にしないで
「ノー」という場合、ほかの人の考えや物の見方に影響されている場合があります。ほかの人の反対や否定的な態度といった雑音はいったん遮断して、自分の興味にフォーカスしましょう。


⑤まずは小さな「イエス」から
夜飲みに行こうといわれたら、家にいたいと思っても「イエス」といってみましょう。

食べたことのない料理を食べに行こうと誘われたら「イエス」といってみましょう。
小さなことに「イエス」といえるようになるともっと大きなことにも「イエス」といえるようになります。


⑥「イエス」という日を作ってみよう
丸一日「イエス」と言ってみましょう。
何かを持ち掛けられたら、とりあえず「イエス」というのです。
定期的にやってみましょう!

 

※今日の一言
『イエスといえば答えは後から見つかる』ティナ・フェイ(アメリカの女優・脚本家)

 

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は ブレット・ブルーメンソール著「毎日の暮らしが輝く52の習慣」より一部抜粋&加筆 手嶋由美子&ディスカバー訳

 

 原題は"52 small changes for the mind"です。


52 easy changes for the mind

 

★ブレット・ブルーメンソール(Brett Blumenthal) のプロフィール
自己啓発書のベストセラー作家。
健康や幸福などを手に入れるにはどうすべきかをテーマにハフィントンポストやヤフーといった人気サイトに登場。ニューヨーク・タイムズウォール・ストリート・ジャーナルなどの媒体で取り上げられる。
NBC FOX CBS等のテレビ番組に出演している。
コーネル大で学士号、コーネル大ジョンソンでMBAを取得、WELCOA(米国ウェルネス・カウンシル)とAFAA(米国エアロビクス&フィットネス協会)の認定取得

スポンサーリンク  
スポンサーリンク