ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

人生を楽しく乗り切る三つの魔法の言葉とは?

☆彡人生を楽しく乗り切る三つの魔法の言葉

 

何度となく困難に直面するのが人生です。

 

さて、それをどうやって乗り越えていくか?

 

僕(作者)は「三つの魔法の言葉」を大事にしています。

一つは「まあ、いいか」、

二つ目は「それがどうした」、

三つめは「人それぞれ」です。

 

 「まあ、いいか」は諦観、諦めです。人が思い悩むのは、多くは自分がしたことが思い通りの結果に結びつかなかった時です。

 たとえば、仕事だったら、労多くしてこう少なし、に終わった。

 人間関係なら、信頼していた人に裏切られた。

 恋愛であれば、告白したけれどもあっさり拒絶された、というケースがそうでしょう。

 精神的にはなかなか困難な状況。クヨクヨしたり、落ち込んだりすることになります。

 でもね~、いったんけっかが出てしまったことは覆せない。つまり、そこに戻ってやり直しがきかないのです。

 覆水盆に返らずです。

 だったらクヨクヨするのも、落ちこむのも時間の無駄というものです。

 潔く「まあ、いいか」と現実を受け入れ諦めて、次なる一歩を踏み出した方が良い。

 映画「風と共に去りぬ」の中でビビアンリー扮するスカーレット・オハラがいうセリフがあります。

 "Tomorrow is another day."

風と共に去りぬ ビビアンリー扮するスカーレット・オハラの台詞


After all... tomorrow is another day

 

明日は明日の風が吹く」という意味です。「まあ、いいか」と気持ちを切り替えて、明日に踏み出したら、そこにはもう別の風が吹いています。

 それは、今日の悩ましい風とは打って変わって、清々しい風かもしれませんし、さわやかな風かもしれません。

 

 「まあ、いいか」は許しでもあります。

 「まあ、いいか」と「水に流して」相手を許してあげましょう。そうすると相手からの束縛を離れ自由になれるのです。

 どうしても許せない時は「許せない自分を『まあ、いいか』と許してあげましょう。」

 僕は「まあ、いいか」でほとんどのことはすんでしまう、乗り越えていけると思っています。

 しかし、まだモヤモヤが残るというのなら今度は二番目の「それがどうした」の出番となります。

 「それがどうした」はある種の開き直りですが、時には開き直りも必要です。

 裏切られようと、フラれようと、命まで取られるわけではないのです。

 「確かに裏切られたよ、振られもしたさ。だけどそれがどうした。ちゃんと生きてるよ。」

 その意気でいきましょう♪~。

 「人それぞれ」は他人と比較しそうになった自分を戒める言葉です。

 他人と比較するのは愚か死すことです。

 それは、嫉妬や羨望、怨念や邪念で自分を縛ることにもつながります。

 だから、「人それぞれ」と自分にいい聞かせます。

 比べなかったら、人生はどんどんシンプルになって、心地よいものになります。

 正味の自分で、自分らしく、生きられるといってもいいですね。

 「まあ、いいか」、「それがどうした」、「人それぞれ」の三点セットは人生を楽しくおもしろく生きていくうえでの知恵です。

 ただし、外していけないものがある。それは人様への義理です。

 「義理と人情をはかりにかけりゃ、義理が重たい」のが男の世界です。

 

☆彡今日の一言 
「まあ、いいか」、「それがどうした」、「人それぞれ」の「三つの魔法の言葉」で人生楽しく乗り切ろう。

 

一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は弘兼憲史著「50歳過ぎたら「まあ、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」でいこう」より一部抜粋&加筆


弘兼憲史のプロフィール
弘兼 憲史(ひろかね けんし、1947年9月9日 - )は、日本の漫画家。山口県岩国市出身。有限会社ヒロカネプロダクション代表取締役徳山大学客員教授。元山口大学客員教授

学歴
高水高等学校・付属中学校卒業。
早稲田大学第一法学部卒業。

代表作『島耕作』シリーズ 『人間交差点』『黄昏流星群』
受賞歴
1985年 - 『人間交差点』で第30回小学館漫画賞一般向け部門。
1991年 - 『課長島耕作』で第15回講談社漫画賞一般部門。
2000年 - 『黄昏流星群』で第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞。
2003年 - 『黄昏流星群』で第32回日本漫画家協会賞大賞。
2007年 - 紫綬褒章受章。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク