ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

人生を変えるレッスン~『困難から学ぶ』タル・ベン・シャハー著「ハーバードの人生を変える授業」より

✱人生を変えるレッスン✱

 

◆「困難から学ぶ」

 

 アメリカは「幸せでなければならない」という思い込みにとらわれていると批判されることがあります。
その場しのぎの問題解決法や苦痛のない人生のための自己啓発本が空前の売れ行きを見せ、人々は感情的な苦痛を覚えるとすぐに精神科の薬を求めに走ります。

 そういう意味では、こうした批判は当たっているといえるでしょう。

 

しかし、正確に言うと、人々がとらわれている思い込みは「幸せでなければならない」というよりも「楽しさがすべて」というものです。

 

 社会に満ちたその場しのぎの解決法は、私たちの「意義」への欲求を無視しています。

 本当に幸福になるためには、ある種の自己啓発本や精神科の薬が回避しようとするような感情やつらい体験が必要なのです。

 

 『人は困難を克服することで幸福になれる』のです。

 

 精神科医ヴィクトール・フランクルは次のように述べています。

 「人間が本当に必要としているのは不安のない状態ではなく、価値ある目標のために努力することである。人間に必要なのはなんとしてでも不安を取り除くことではなく、意義の達成に使命感じることである。」

 

 人は困難な時期があるからこそ、より大きな喜びを感じられるようになるということを忘れてはいけません。

 

 困難こそが、人生におけるすべての喜びへの感謝の気持ちを作り、この感謝の気持ちこそが、真の生きがいやよろこびのみなもとになるのです。

 

☆彡今日のワーク

◆思考
大変だったり、つらかったり、した経験を思い出してください。

そこからあなたは何を学びましたか?

どのように成長したでしょうか?


◆行動
過去の経験を書き出す。

 テキサス大学のジェームズ・ペネベーカーは、「つらかった経験を書き出すことによって、気持ちの整理がつきやすくなる」ことを立証しました。

 

 被験者に4日間連続で毎日15分から20分間、怒りを感じたり、トラウマとなったりした経験について、書いてもらうという実験をしたのです。

 

 被験者には、秘密を守ることを約束し、出来る限り心の内をさらけ出しもらうようにしました。

 

 4日間で合計1時間程度、この書くという作業に時間を使ったことにより、被験者の不安感は驚くほど減少し、幸福感が増し、健康状態も改善しました。

 

 これからの4日間、次のジェームズ・ペネベーカーの指示に従って、毎日15分から20分、あなたにとってつらかったことを書き出してみましょう。

 

 『人生で最も怒りを感じたり、トラウマになったりした経験を書き続けます。文法や文字の間違い、文章構成などは気にしないでください。その体験について心の奥底でどのように思い、感じているでしょうか?

 あなたにとって取って大きな影響があったものなら、何を書いても構いません。ほかの人にはあまり語っていないことが理想的ですが、何より大切なのは最も深いところにある感情や思いと向き合うことです。

何が起こり、どう感じたのか?

そして、今どう思っているのかを書いてください。毎日異なる出来事について書いてもいいですし、ずっと同じ体験でも構いません。

どのようなトラウマ体験を書くかは全くあなたの自由です。

 


☆彡今日の一言

①「傷ついたことを完全に表現して初めて、私たちは癒される。」
マルセル・プルースト(作家)

 

 ②失敗は成功の基

 

③トラブルはギフトなり

 

 

一度っきりの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

 

 


以上はタル・ベン・シャハー著成瀬まゆみ訳「ハーバードの人生を変える授業」より一部抜粋&加筆


★ジェームズ・ペネベーカー(ジェームズ・W.ペネベーカー)
ペネベーカー,ジェームズ(Pennebaker,James W.)
テキサス州生まれ。現在テキサス大学オースチン校教授。1977年テキサス大学オースチン校大学院博士課程・Ph.D.(心理学)。社会心理学・社会心身医学について研究

 

オープニングアップ: 秘密の告白と心身の健康

オープニングアップ: 秘密の告白と心身の健康

 

 ◆著書  「オープニングアップ 秘密の告白と心身の健康」

 

 

 

★タル・ベン・シャハーのプロフィール
タル・ベン・シャハー(Tal Ben-Shahar/1970年-/男性)は、肯定心理学(ポジティブ・サイコロジー)や指導心理学(リーダーシップ・サイコロジー)の分野で教鞭をとる心理学博士(組織行動論)、教師、著述家。ハーバード大学で授業を受け持っていた際には受講したい生徒が殺到するなど、ハーバード大学の人気講師としてニューヨーク・タイムズ紙やボストン・グローブ紙などのメディアにも取り上げられた。イスラエルのヘルツリヤ学際センターで教鞭をとる一方で、講義・講演などを世界各地で行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+ハーバードの人生を変える授業/大和書房+ハーバードの人生を変える授業2/大和書房+HAPPIER/幸福の科学出版)
◆著書
主な著書(邦訳書)に『ハーバードの人生を変える授業/大和書房(訳:成瀬まゆみ)』『ハーバードの人生を変える授業2 次の2つから生きたい人生を選びなさい/大和書房(訳:成瀬まゆみ)』『HAPPIER 幸福も成功も手にするシークレット・メソッド/幸福の科学出版(訳:坂本貢一)』『最善主義が道を拓く ポジティブ心理学が明かす、折れない生き方/幸福の科学出版(訳:田村源二)』などがある。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク