ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

うまくいかないときは「私ってラッキー」と言ってみよう♪~

☆彡私は運がいいから不運にはならない!

 

運のいい人は、自分がどんな目にあっても「不運」だとは思いません。

予定通りにいかなくても、「運が悪い」とは考えないで、「だったらこうしてみよう」と次にすることを考えます。

 

トーマス・エジソンはいつも次のように言っています。「失敗なんかしちゃいない。うまくいかない方法を見つけただけだ。次は別の方法でやればいい」と。

 

 それでスランプを脱したら「ほうら、私は運がいい」と合点します。

まるで人生に展開する"波乗り"を楽しんでいるかのようです。

 

※波乗りシンドバッド


渚のシンドバッド 1977 Pink Lady Nagisa No Sindbad

 

そういう人たちに共通していることは「自分は運がいいから、人生は自分の思うようになっていく」と信じていることです。

 松下幸之助は入社面接で「自分が運がいいと思うか」と尋ねて「運がいいと思っている人」だけを採用したといわれています。

 ということは世の中には、「不運な人」がいるんじゃなくて、頭の中で勝手に信じ込んだ「不運」があるだけなんですね。

 頭が不運に支配されると、行動を起こさないでぼやいて過ごすようになるものです。

結果として、"イメージ通りの不運"を味わうことになるのです。

 これからは、「不運という幻の支配からキッパリとさようなら♪~」と思えば、やはりあなたは「運がいい」んです。

 

☆彡今日の一言
①「私の辞書には『不運』という文字はない。」と宣言しよう!

 

②事実は一つだが解釈は複数ある。(見方を変えてみよう)

 

③人生に失敗はない。(別の方法を探しなさいというメッセージとしてとらえる。ゆえにラッキー♪~)

 

人生は一度だけ、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は宇佐美百合子著「もう背伸びなんてすることないよ」より一部抜粋&加筆

 

トーマス・エジソンのプロフィール
トーマス・アルバ・エジソン(英: Thomas Alva Edison、1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、アメリカ合衆国の発明家、起業家。スポンサーのJPモルガン、秘書のサミュエル・インサル、そしてメロン財閥と、アメリカの電力系統を寡占した。

アメリカの発明家・実業家・技術者。その生涯で1300を超える発明を成し遂げたとされる人物であり、エジソンがいなければ、人類史は100年は遅れていただろうと称されています。「発明王」の異名を持つ他、研究所を置いていたメンロパーク(ニュージャージー州)にちなみ「メンロパークの魔術師」とも呼ばれていたとのこと。1875年にエドゥアール=レオン・スコット・ド・マルタンヴィル発明した、音声を波形図に変換して記録する装置”フォノトグラフ”(再生機能は無し)を応用し、1877年にエジソンは再生機能を搭載した蓄音機の実用化に成功。この蓄音機の成功でエジソンの名前は、世間に広く知られるようになり、メンロパーク研究室を設立。この研究所には数多くの人材があつまったことから、エジソンはこの発明集団を”天才の集合”と呼んでいたとのこと。同研究所では数多くの発明がなされ、代表的な発明・開発商品に電話、レコードプレーヤー、電気鉄道、鉱石分離符、電灯照明などがあり、特に当時10時間程度の寿命しかなかった白熱電球のフィラメントに、”竹”を使い1200時間以上の耐久性を持たせたことは世界的に有名。晩年は”死者との交信についての研究”を行っていたと伝えられています。また自動車王で知られる”ヘンリー・フォード“とは、生涯を通しての友人であった

 

★宇佐美百合子のプロフィール
生年月日:1954年10月25日
出身地 :愛知県名古屋市
出身校 :南山短期大学 人間関係科(現、南山大学 心理人間学科)
趣  味:坐禅・映画鑑賞・ゴルフ
モットー:一隅を照らす・自然法
1975年、中部日本放送のアナウンサーになる。
1986年読売新聞社主催「ヒューマンドキュメン
タリー大賞」に『二つの心』が入選。それを機
にオーストラリアへ渡り、シドニーでメディアコーディネートの会社を7年間経営。

帰国後、心理カウンセラーとして仕事を始める。
TBS系「モーニングEye」人生相談の回答者、フジテレビ系「笑っていいとも」リアクション心理テストなどにレギュラー出演。
また、ネット・カウンセリングの先駆者でもある。執筆を通して幸福に生きるためのメッセージを精力的に発信中。
代表作の「元気を出して」は、24万部、「がんばりすぎてしまう、あなたへ」は17万部、「いつも笑顔で」は10万部を越すベストセラー。
2003年に「元気を出して」と同シリーズ第二弾「いつも笑顔で」を自ら朗読してCD を制作し、声の本として300セットを全国の盲学校・点字図書館などに寄贈。
現在は作家として活動、著作は50冊以上。沖縄県在住。

◆ 著書一覧
「こころの窓をあけて」(東洋出版)1996
「あなたはあなたのままでいい」(PHP研究所)1999
「毎日が誕生日気分」(ワニブックス)2000
 同訳本、台湾版「毎日が誕生日気分」発刊
「なりたいあなたにきっとなれる」(PHP研究所)2001
「あなたの見せ方・伝え方」(日本教文社) 2001
「元気を出して」(PHP研究所)2001
 同訳本、韓国版「元気を出して」発刊
「だれかを好きになったら」(PHP研究所)2002
「しあわせが、はじまる」(PHP研究所)2003
「ずっと、大好きだよ」(PHP研究所)2003
 同訳本、韓国版「ずっと、大好きだよ」発刊
「あなたを生きて」(徳間書店)2003
「いつも笑顔で」(PHP研究所)2003
 CD版「元気を出して」(PHP研究所)2003
「愛の木をそだてる本」(大和書房)2003
「がんばりすぎてしまう、あなたへ」(サンクチュアリ出版)2004
「こっちを向いてごらん」(主婦と生活社)2004
「いつも笑顔で」 韓国語版とスペイン語版、発刊
「あなたに会えたから」(イースト・プレス)2004
「あなたのままで」(PHP研究所)2004
「いつでも今が出発点」(幻冬舎)2004
「今のわたしを好きになる本」(サンクチュアリ出版)2005
「元気を出して」「いつも笑顔で」「あなたのままで」中国語版、発刊
「こんな美しい朝に」((PHP研究所)2005
「すべての優しい夜に」(PHP研究所)2005
「だから、生まれてきた。」(リヨン社)2005
「あなたはだいじょうぶ。」(主婦の友社)2005
「もう、背伸びなんてすることないよ」(幻冬舎)2006
「HEART PAINT」(ゴマブックス)2006
「人生を変える100の質問」(PHP研究所)2006
「恋にがんばりすぎてしまう、あなたへ」(サンクチュアリ出版)2006
「こころの贅沢、見つけよう」(幻冬舎)2007
「しあわせなひと」(PHP研究所)2007
「うえを向いて、泣こう。」(サンクチュアリ出版)2007
「みんな、ひとりぼっちじゃないんだよ」(幻冬舎)2008
「あなたがいるだけで」(PHP研究所)2008
「幸せな私のはじめかた」(サンクチュアリ出版)2009
「人生に「いいこと」を起こす頑張りかた」(三笠書房)2009
「ひとりで抱えこまないで」(幻冬舎)2010
「くじけそうなときには」(PHP研究所)2010
「やさしくて、ちょっぴり不器用なあなたに。」(サンクチュアリ出版)2011
「心を強くする」7つの扉(三笠書房)2011
『読むだけで「折れない心」をつくる35のヒント』(三笠書房/王様文庫)2012
「幸せは、すぐそばにあるから」(幻冬舎)2012
「YA!あなたはあなたのままでいい」(PHP研究所)2012
「こだわらない とらわれない もう、悩まない。」(サンクチュアリ出版)2012
「クヨクヨした日」に読む本(三笠書房/王様文庫)2013
「涙はきっと明日の喜びになるから」(幻冬舎)2013
「ありのままのあなたで」(かんき出版)2014
「がんばりすぎてしまう、あなたへ」オーディオブック 2014
「お月見日和」(宝島社) 2014
「嫌な感情の愛し方」(サンクチュアリ出版) 2014
 同訳本、台湾版「嫌な感情の愛し方」発刊 2015
「もう、背伸びなんてすることないよ」文庫版 (幻冬舎文庫) 2016
「運命は、きっと変えられるよ」(幻冬舎) 2016
「みんな、ひとりぼっちじゃないんだよ」(幻冬舎文庫) 2017
「嫌な感情の愛し方」中国語版、韓国語版、発刊 2017

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク