ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

『楽観的な人生観を持つ』習慣を身につけ、たった一度の人生、楽しまなくっちゃ。つまんないじゃない!

 プラス思考の習慣で道は開ける! 

 

今日はプラス思考を習慣し成功と幸福を手に入れようという話です。

 最近「精神神経免疫学」という医学が進んでいます。

病気に対する抵抗力、つまり、免疫力というのは脳の働きと大いに関係しているという医学です。

 免疫力は脳の中心にある「間脳」がコントロールしているということが現代医学ではっきりしました。

「暗く思いつめる」とかのマイナス感情を持っていると間脳にマイナスのパルス・刺激が伝わります。

そうすると自律神経がアンバランスになり免疫力が低下し、病気になりやすくなる。

ですからいつもプラスの感情を持つ、つまりプラス思考をして間脳の動きを活性化しておくと病気になりにくいというわけです。

マイナスの感情とは、次のようなことです。

①心配し続けること。
➁不安な気持ちを持ち続けること。
➂暗く思い詰めること。
➃「病気が治らない」、「だめだ」「無理だ」等と希望を捨ててしまうこと。
➄しょっちゅう怒っていること。
等です。

 このようなマイナスの感情を持ち続けていると免疫力が低下し、身体と心を病みます。

プラス思考をつづけていると間脳が刺激され、免疫力が高まり、気力も充実し、仕事にも気が入ります。

 

プラス思考がすべての原点なのです。

 

さあ即座にプラス思考の実践です。


☆彡『楽観的な人生観を持つ』習慣を身につけ、たった一度の人生、楽しまなくっちゃ。つまんないじゃない!

 

人生において自分の力ではどうすることもできないものは何だと思いますか?

 

それは次の2つです。
➀「自分の意志ではなく、この世に生まれてきた」ということ。

➁「生まれてきた人間は誰でも必ず死ぬ」ということです。

私達は今こうして生きているから、自分だけは死なないと思っています。

 

あるいはアダンそんなことを考えたりしないだけのことです。

 

 楽観的な人生観は大切です。"生かされている生命"を明るく全うするのが人生だと思いますので。

 

 ここで一休禅師が自分の死の間際に残した言葉を紹介します。

 

「昨日まで他人のことだと思いしに、込んだ?おいらか、こいつはたまらん」

 

友人・知人の葬儀に参列する回数が増えてくる中高年になると、この一休禅師の言葉が彷彿とよみがえります。

 

 私たちは「毎日、朝起きて、仕事をして、夜になると眠る。」という生活を繰り返しています。

 

このような刹那、刹那の毎日を送っている私たちは誰でも、人生の終着駅に刻々と近づいているのです。

 

この否定できない人生の一大事を考えてみた時、「自分の生き方はこれでいい」という自信があるでしょうか。

 

 いつか死ぬ自分がその日まで、つまり、毎日をどのような「心の態度」で生きるか。それが最大のポイントだと思います。

 

来る日も、来る日もも、起きて、仕事をして、眠る…。この繰り返していい。

 

ただどのような心の態度でそれを繰り返すかが、大問題なのです。

 

 笑って明るく暮らしても一生。暗い顔した嘆きの人生も一生。

 

どうせ一度の人生なら、明るい人生を送りたいものです。

 

物事を暗く考えてしまうのは本当に悪い癖です。

 

 とにかく明るく、明るく…。。

苦しい時には、死に物狂いで明るく、楽観的に…。

 

 

「プラス思考の習慣」で道は開ける (PHP文庫)

「プラス思考の習慣」で道は開ける (PHP文庫)

 

 以上は 阿奈靖雄著 「プラス思考の習慣で道は開ける」より一部抜粋&加筆


たった一度の人生ならば楽しまなくっちゃ。つまんないじゃない!

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク