ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

「今できることに集中!」まだ始まってもいない未来に不安になる人の為のセルフトーク。 新しい自分の作り方

 ☆彡新しい自分を作るセルフトーク


◆性格・タイプ別セルフトークスキル①~⑦

①自分を卑下してしまう人の為のセルフトーク


➁自分に対する過信でストレスがある人の為のセルフトーク


➂他人にどう思われているか気になる人の為のセルフトーク


➃他人からの期待にストレスをためている人の為のセルフトーク


➄過去の失敗を引きずっている人の為のセルフトーク


➅過去の失敗を繰り返すのではないかという人の為のセルフトーク


⑦まだ始まってもいない未来に不安になる人の為のセルフトーク

 

本日は新しい自分を作るセルフトーク
まだ始まってもいない未来に不安になる人の為のセルフトークについてのご紹介です。

 過去に起きたことで悶々とするのではなく、

 

まだ始まってもいない未来に対して不安になる時は、

 

こんなマイナスのセルフトークを言っているのではないでしょうか。

 

「叱られるなんて恥ずかしいことなのに、また明日叱られたらどうしよう」

 

「今までは大丈夫でも、

 

今度の転勤先では人間関係がうまくいかないのではないだろうか。

 

人間関係がうまくいかない人間はクズなのに」

 

「また明日、同じ失敗をしたらどうしよう。むのうだとおもわれる」

 

「もう傷つくのは嫌なのに、

 

もし異性と交際したら、

 

また傷つく羽目になるかもしれない」

 

こういったどんな刺激にたいしても

「この刺激は未来にはどう変化してしまうのだろう」と、

まだ始まってもいない将来への不安から、意味のないストレスを作ってしまう人がいます。

 

 未来を悲観して「○○にはならないようにしよう」と念じることは危険です。

 

「そうならないように」と念じれば念じるほど、益々、悪いイメージ通りに心や身体は動いてしまうものです。

 

 私がメンタル指導していたあるプロゴルファーは見事なほど悪いイメージを構築してしまうプロでした。

 

「ああどうしよう。負けたらスポンサーがまた失望する」

 

「このパットがもしもはいらなかったら・・・」

 

「ギャラリーのヤジを聞きたくない」と

 

まだ起きてもいない未来にたいして悪くイメージしてしまい、

 

結局、思い切りの良い自分の力を出すことができないのです。

 

 先々のことを案じてビクビクする暇があったら、

 

今どうすべきかという「今」を考える努力をすればいいだけのことです。

 

だから次のようなセルフトークをおすすめします。

 

「未来はまだ始まってもいない。今ある一瞬を大切に過ごすことで、未来のすべてが変わる」


「今できることに集中!」

 

「今に生きる!」

 

「自分は今にしか生きられない」

 

 

 

「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方

「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方

 

 以上は 田中ウルヴェ京著 新しい自分の作り方 より一部抜粋

スポンサーリンク  
スポンサーリンク