ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

人への信頼は98%にしておきなさい。残り2%は・・・?

☆彡98%の信頼


「どれほど愛し合っていても、相手を100%信じては駄目。98%にしておきなさい。残りの2%は相手を許すためにとっておくの」

 

「始めから疑ってかかるのですか?」と不思議そうな顔をする学生たちに、「そうではなくて、もしも100%信じてしまったら、裏切られたとき、相手が許せなくなるから」と説明すると、納得してくれます。

 

"信じる"ということは大切なこと、美しいことですけれども、悲しいことに人間の世界に「完全な信頼」はあり得ません。

 

 信じることを教えるのも教育なら、人を疑うことの必要性、単純に物事を信じてしまってはいけないことを教えるのも教育の一つなのです。

 

それは、神ではない人間は、他人も自分も皆、弱さを持ち、間違うことがあるのだという事実に眼を開かせ、許しの大切さを教えることでもあります。

 

 赤ちゃんが一番最初に習わないといけない発達課題は「信頼」だといわれています。

 空腹で泣けば、ミルクが与えられ、おむつが汚れれば取り換えてもらえ、落ちないようにしっかりと抱かれることによって、赤ちゃんは自分が愛されていることを知り、周りの世界への好意と信頼を身に着けてゆくのです。

 ですから、折あるごとに子どもたちをしっかり抱きしめて、基本的信頼を持たせるようにしましょう。

 そうすれば、大きくなって厳しい現実に直面し、人間の弱さに否が応でも触れざるを得なくなった時でも、絶望することなく、

98%の信頼と、2%の許しの余地をもって、たくましく、優しく生きてゆくことができることができるでしょうから。


☆彡今日の一言
①98%の信頼と、2%の許しの余地をもって、たくましく、優しく生きてゆく

 

②人は神ではなく不完全なものだから。

 

一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は渡辺和子著「目に見えないけれど大切なもの」より一部抜粋&加筆

 

 

★渡辺 和子のプロフィール
渡辺 和子(わたなべ かずこ、1927年2月11日 - 2016年12月30日)は、キリスト教カトリック修道女 (修道女名:シスター・セント・ジョン)。 学校法人ノートルダム清心学園理事長。北海道旭川市生まれ。
父は台湾軍司令官や陸軍教育総監を務めた渡辺錠太郎。1936年2月26日、陸軍将校の一部らが起こした軍事クーデター「2・26事件」で、父親が反乱軍の将校らに殺害される場面を9歳のときに自宅で目撃する。
「血の海の中で父は死にました。凄惨な死でございました」
渡辺さんは当時のことをエッセイ集『美しい人に』などでも書いているほか、講演などでも折に触れて当時の様子や、加害者の遺族との「和解」や「赦し」について語っていた。
 
◆略歴
1927年、北海道旭川市で出生。父親は当時、陸軍中将で旭川第7師団長だった渡辺錠太郎で、53歳の時の子であった。4人兄姉の末っ子で次女。
1936年、成蹊小学校3年生で9歳の時に二・二六事件に遭遇。父の居間で、当時大将で教育総監だった父が青年将校に襲撃され、43発の銃弾で命を落としたのを、わずか1mほどの距離から目の当たりにした。
成蹊小学校、雙葉高等女学校(現 雙葉中学校・高等学校)卒業。
1945年、18歳でキリスト教カトリック)の洗礼を受ける。1951年聖心女子大学に通いながら上智大学で文書作成のアルバイトをし、1954年上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。
1956年、29歳でナミュールノートルダム修道女会に入会。
アメリカへ留学し、1962年6月にボストンカレッジ大学院で博士号(哲学)を取得したのち、同年9月にノートルダム清心女子大学教授に就任。
1963年に36歳という異例の若さで岡山県ノートルダム清心女子大学の学長に就任(1990年に退任)。長年にわたり教壇に立ち、学生の心を支え指導する。
1977年にはうつ病を患う。1984年にマザー・テレサが来日した際には通訳を務めるなど多方面で活躍。著書も多数。
1990年にはノートルダム清心女子大学の名誉学長、及びノートルダム清心学園の理事長に就任。1992年~2001年には日本カトリック学校連合会理事長に就任した。
1996年、69歳の時にカルカッタの修道会本部を訪れる。
2012年に発売した著書『置かれた場所で咲きなさい』が、200万部を超えるベストセラーとなった。
2016年12月30日、膵臓癌により死去。89歳没。
 
◆受賞
1974年 - 岡山県文化賞(学術部門)を受賞
1979年 - 山陽新聞賞(教育功労)を受賞
1979年 - 岡山県社会福祉協議会より済世賞を受賞
1986年 - ソロプチミスト日本財団より千嘉代子賞を受賞
1989年 - 三木記念賞を受賞
2015年 - 広島大学のペスタロッチ賞を受賞[8]。
2016年 - 春の叙勲で旭日中綬章を受章[9]。
◆著書
『信じる「愛」を持っていますか』PHP研究所、1981年
『心に愛がなければ』PHP研究所、1986年
『現代の忘れもの』日本看護協会出版会、1989年
『愛をこめて生きる』PHP研究所、1989年
『愛することは許されること』PHP研究所、1999年
『目に見えないけれど大切なもの』PHP研究所、2003年
『愛と励ましの言葉366日』2004年、PHP研究所
『忘れかけていた大切なこと』2005年、PHP研究所
『「ひと」として大切なこと』PHP研究所、2005年 - 2003年刊行『人間としてどう生きるか』の改題版
『愛と祈りで子どもは育つ』2006年、PHP研究所
『美しい人に』PHP研究所、2008年
『幸せのありか』PHP研究所、2009年
『置かれた場所で咲きなさい』幻冬舎、2012年
『スミレのように踏まれて香る』朝日新聞出版、2012年 - 1970年刊行『人をそだてる』(サンパウロ)の改題、加筆修正版
『面倒だから、しよう』幻冬舎、2013年
『幸せはあなたの心が決める』PHP研究所、2015年
『どんな時でも人は笑顔になれる』PHP研究所、2017年
『あなたはそのままで愛されている』PHP研究所、2018年 - 遺稿集

スポンサーリンク  

二人の自分と生き方についての一考察

☆彡二人の自分

 

私達は誰しも「ありのままの自分」と「見てもらいたいし自分」という二人の自分を持って生きています。

「ありのままの自分」は有機体だから病気もすれば年も取る。感情が高ぶることもあれば落ち込むこともある自分だ。

 ところが他人にそういう自分を見せたくなくて「見てほしい自分」を演技するところに無理が生じ、不自由になってしまう。

「ありのままの自分」と「ありもしない自分」とのギャップが大きければ大きいほど、隠すものが多くて疲れは激しい。

絶えずそれらしく見せかけ、ポロが出ないように気を付けないといけないからだ。

それはちょうど着慣れないよそゆきの着物を一日中着ていて、家に戻って脱いだ時に感じる疲れのようなものである。

そんなに苦労してまで、どうして「ありもしない自分」を保とうとするのかといえば、一つには見えがある。

 また、そういう自分でないと他人が相手にしてくれない、他人に好かれないという恐れがあるからではなかろうか?

デートの時に念入りに化粧し、相手の気に入るように振舞おうとする心理に似ている。

 このような「見せかけの自分」から自由にしてくれるのは自分をありのままの姿で愛してくれる人との出会いである。

「普段着のあなた、素顔のあなたでいいのです。それが好きなのです。」という人に出会って、初めてよそゆきの装いとその窮屈さから自由になり、人は本来の自分の姿を見つめる勇気を与えられるのだ。

 若い時、劣等感を強く持っていて、自分をよく見せようととしていた私に、「あなたは、そのままで宝石だ」といってくれた人がいた。

 人間の価値は他人と比べてのそれではなく、かけがえのない一人としての不動のものであることに気付かせてくれた人だった。

この言葉を聞いてからというもの、"どうでもいい自分"が"どうでもよくない自分"に変わったから不思議である。

 それまで、自分は単なる石ころに過ぎないと思っていた私は、その人の期待を裏切るまい、と思った。

 そのために私は、宝石になろうと努力し始めた。

 大切なのは、宝石に見せかけることではなく、宝石になる努力を惜しまないことだと知ったのだった。


 主よ、変えられないものを

 受け入れる心の静けさと、

 変えられるものを変える勇気と、

 その両方を見分ける英知を与え給え。


 これは、ラインホールド・ニーバーの祈りである。

 変えられない「自分の存在」そのものを心静かに受け入れながら、その自分を「あるべき姿」に変えてゆく結城を祈り続けてゆきたいと思う。

 

☆彡今日の一言
①人はは誰しも「ありのままの自分」と「見てもらいたいし自分」という二人の自分を持って生きている。

 


【バレエ】凄すぎる高テクニック!妖艶すぎる黒鳥【白鳥の湖】

(バレエ「白鳥の湖」では「清楚な白鳥と妖艶な黒鳥」を一人のバレリーナが演じる。このことはバレエの高度なテクニックを披露することと同時に、人間の持つ二面性をも表現しているのである。)


②たいせつなことは理想の自分になるための努力を惜しまないこと。

 

 


一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は渡辺和子著「目に見えないけれど大切なもの」より一部抜粋&加筆


ラインホールド・ニーバーのプロフィール
ラインホルド・ニーバー(英語:Reinhold Niebuhr, 1892年6月21日 - 1971年6月1日)は、アメリカの自由主義神学者、政治や社会問題についてのコメンテーターである。1920年代に左派の牧師として登場し、1930年代には新正統主義へと立場を変え、どのように傲慢(英語:pride)の罪が悪をこの世に作りだすかを説明した。

◆ニーバーの祈り(ニーバーのいのり、英語: Serenity Prayer)は、アメリカの神学者ラインホルド・ニーバー(1892–1971年)が作者であるとされる、当初、無題だった祈りの言葉の通称。serenityの日本語の訳語から「平静の祈り」、「静穏の祈り」とも呼称される。
この祈りは、アルコール依存症克服のための組織「アルコホーリクス・アノニマス」や、薬物依存症や神経症の克服を支援するプログラム12ステップのプログラムによって採用され、広く知られるようになった。

God, give us grace to accept with serenity
the things that cannot be changed,
Courage to change the things
which should be changed,
and the Wisdom to distinguish
the one from the other.

Living one day at a time,
Enjoying one moment at a time,
Accepting hardship as a pathway to peace,
Taking, as Jesus did,
This sinful world as it is,
Not as I would have it,
Trusting that You will make all things right,
If I surrender to Your will,
So that I may be reasonably happy in this life,
And supremely happy with You forever in the next.

Amen.

神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。
変えるべきものを変える勇気を、
そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。

一日一日を生き、
この時をつねに喜びをもって受け入れ、
困難は平穏への道として受け入れさせてください。

これまでの私の考え方を捨て、
イエス・キリストがされたように、
この罪深い世界をそのままに受け入れさせてください。

あなたのご計画にこの身を委ねれば、あなたが全てを正しくされることを信じています。
そして、この人生が小さくとも幸福なものとなり、天国のあなたのもとで永遠の幸福を得ると知っています。

アーメン


★渡辺 和子のプロフィール
渡辺 和子(わたなべ かずこ、1927年2月11日 - 2016年12月30日)は、キリスト教カトリック修道女 (修道女名:シスター・セント・ジョン)。 学校法人ノートルダム清心学園理事長。北海道旭川市生まれ。
父は台湾軍司令官や陸軍教育総監を務めた渡辺錠太郎。1936年2月26日、陸軍将校の一部らが起こした軍事クーデター「2・26事件」で、父親が反乱軍の将校らに殺害される場面を9歳のときに自宅で目撃する。
「血の海の中で父は死にました。凄惨な死でございました」
渡辺さんは当時のことをエッセイ集『美しい人に』などでも書いているほか、講演などでも折に触れて当時の様子や、加害者の遺族との「和解」や「赦し」について語っていた。
 
◆略歴
1927年、北海道旭川市で出生。父親は当時、陸軍中将で旭川第7師団長だった渡辺錠太郎で、53歳の時の子であった。4人兄姉の末っ子で次女。
1936年、成蹊小学校3年生で9歳の時に二・二六事件に遭遇。父の居間で、当時大将で教育総監だった父が青年将校に襲撃され、43発の銃弾で命を落としたのを、わずか1mほどの距離から目の当たりにした。
成蹊小学校、雙葉高等女学校(現 雙葉中学校・高等学校)卒業。
1945年、18歳でキリスト教カトリック)の洗礼を受ける。1951年聖心女子大学に通いながら上智大学で文書作成のアルバイトをし、1954年上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。
1956年、29歳でナミュールノートルダム修道女会に入会。
アメリカへ留学し、1962年6月にボストンカレッジ大学院で博士号(哲学)を取得したのち、同年9月にノートルダム清心女子大学教授に就任。
1963年に36歳という異例の若さで岡山県ノートルダム清心女子大学の学長に就任(1990年に退任)。長年にわたり教壇に立ち、学生の心を支え指導する。
1977年にはうつ病を患う。1984年にマザー・テレサが来日した際には通訳を務めるなど多方面で活躍。著書も多数。
1990年にはノートルダム清心女子大学の名誉学長、及びノートルダム清心学園の理事長に就任。1992年~2001年には日本カトリック学校連合会理事長に就任した。
1996年、69歳の時にカルカッタの修道会本部を訪れる。
2012年に発売した著書『置かれた場所で咲きなさい』が、200万部を超えるベストセラーとなった。
2016年12月30日、膵臓癌により死去。89歳没。
 
◆受賞
1974年 - 岡山県文化賞(学術部門)を受賞
1979年 - 山陽新聞賞(教育功労)を受賞
1979年 - 岡山県社会福祉協議会より済世賞を受賞
1986年 - ソロプチミスト日本財団より千嘉代子賞を受賞
1989年 - 三木記念賞を受賞
2015年 - 広島大学のペスタロッチ賞を受賞[8]。
2016年 - 春の叙勲で旭日中綬章を受章[9]。
◆著書
『信じる「愛」を持っていますか』PHP研究所、1981年
『心に愛がなければ』PHP研究所、1986年
『現代の忘れもの』日本看護協会出版会、1989年
『愛をこめて生きる』PHP研究所、1989年
『愛することは許されること』PHP研究所、1999年
『目に見えないけれど大切なもの』PHP研究所、2003年
『愛と励ましの言葉366日』2004年、PHP研究所
『忘れかけていた大切なこと』2005年、PHP研究所
『「ひと」として大切なこと』PHP研究所、2005年 - 2003年刊行『人間としてどう生きるか』の改題版
『愛と祈りで子どもは育つ』2006年、PHP研究所
『美しい人に』PHP研究所、2008年
『幸せのありか』PHP研究所、2009年
『置かれた場所で咲きなさい』幻冬舎、2012年
『スミレのように踏まれて香る』朝日新聞出版、2012年 - 1970年刊行『人をそだてる』(サンパウロ)の改題、加筆修正版
『面倒だから、しよう』幻冬舎、2013年
『幸せはあなたの心が決める』PHP研究所、2015年
『どんな時でも人は笑顔になれる』PHP研究所、2017年
『あなたはそのままで愛されている』PHP研究所、2018年 - 遺稿集

スポンサーリンク  

「いのちより大切なもの」とは?

☆彡いのちより大切なもの

いのちが一番大切だと

思っていたころ

生きるのが苦しかった

いのちより大切なものが

あると知った日

生きているのが

嬉しかった       (星野富弘=ほしのとみひろ)


八月の末、ご縁があって、群馬県勢多群東村に富弘美術館を訪れ、その後星野さんともお目にかかる機会に恵まれた。

お逢いしたら、詩の冒頭にある『いのちより大切なもの』って何ですか』とお尋ねしたいと、かねがね思っていたのに、いざその場になると、私は「その車いすをどうやってお動かしになるのですか」といった愚問しか口に出していなかった。

そして、そんな問いにも、嫌な顔一つなさらずに、実演して車いすを動かして見せてくださる星野さんの優しさに触れたのだった。

 

『いのちより大切なもの』についての質問をしなくてよかったと今は思っている。

なぜならこれは答えをもらうものではなく、私たち一人ひとりが自分の生活の中で求め続け、見出してゆくものなのだろうから。

 

もしも私が「シスターにとって、それは何ですか」「シスターも命より大切なものをお持ちですか」と尋ねられたら、果たして私はなんと答えるだろうか。

 私たちの命、それは延命装置で生かし続けることができるものであり、植物状態になったとしても保ち続けるものである。

 

 脳死か心臓死かということが大きな問題となったのも、命の終わりはいつか、つまり、何をもって死と判定するかということについてであって、「人を生かすものは何か」ということについてではなかった。

 

 人間が「生きている」ということと、「生きていく」ということとは、実は大きく違うのだということを私たちは知っている。

 

 星野さんも、ただ生きているだけの自分でなく、生きていくことができる自分にお気づきになった喜びを、詩に表されたのではなかろうか。

 

 その生きていく力は、傷のあるままで愛されているのに気づき、それを気づかせてくれる人々の愛、神の愛に気づいて与えられた力だったのではないだろうか。

 

 そういう力に支えられて、苦しいことの多い一生を生きた一人の人間の生の軌跡は、この世の命に勝る尊い尊いものなのだ。

 

 私の心を冒頭の詩がしばしば横切る。それは多くの場合、私が自分の命を一番大切に思うがゆえに苦しんでいる時である。

 

 私などはわからない苦しい時間を過去に過ごし、今もお過ごしの星野さんは、かくてご自分の手足、体の不自由さで、数えきれない多くの人々の心を自由にする詩を生み出してくださっている。

 

ありがたいと思う。

 

一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は渡辺和子著「目に見えないけれど大切なもの」より一部抜粋&加筆

 


星野富弘のプロフィール
星野 富弘(ほしの とみひろ、1946年4月24日 - )は、日本の詩人・画家。国内外で「花の詩画展」が開かれている。

最終学歴 群馬大学教育学部体育科
活動期間 1972年 -
ジャンル 詩・水彩画・ペン画・随筆
代表作 『愛、深き淵より。』(1981年)『四季抄 風の旅』(1982年)
主な受賞歴 群馬県名誉県民(2006年)

◆プロフィール
1946年 - 群馬県勢多郡東村(現・みどり市)に生まれる。
1970年 - 3月、群馬大学を卒業し、中学校の体育教師になるが、同年6月17日、仕事(クラブ活動の指導)中の墜落事故で頸髄を損傷、手足の自由を失う。
1972年 - 群馬大学病院入院中、口に筆をくわえて文や絵を書き始める。
1974年 - 病室でキリスト教の洗礼を受ける。
1979年 - 入院中、前橋で最初の作品展を開く。9月に退院し、帰郷。
1981年 - 結婚。雑誌や新聞に詩画作品やエッセイを連載。
1982年 - 高崎で「花の詩画展」開催。以後、全国各地で開かれる詩画展は現在も続いている。


◆著作
『愛、深き淵より。』(1981年、立風書房、ISBN 4651140068 絶版)
『四季抄 風の旅』(1982年、立風書房、ISBN 4651110118)
『花の詩画集 鈴の鳴る道』(1986年、偕成社、ISBN 4039632907)
『かぎりなくやさしい花々』(1986年、偕成社、ISBN 4036341308)
『銀色のあしあと』(三浦綾子との対談)(1988年、いのちのことば社、ISBN 4264021979)
『花の詩画集 速さのちがう時計』(1992年、偕成社、ISBN 403963540X)
『花の詩画集 あなたの手のひら』(1999年、偕成社、ISBN 4039637607)
『新版 愛、深き淵より。』(2000年、立風書房、ISBN 4651140165)
『花の詩画集 花よりも小さく』(2003年、偕成社、ISBN 403963800X)
『山の向こうの美術館』(2005年、富弘美術館、ISBN 4039638409)
『たった一度の人生だから』(日野原重明との対談)(2006年、いのちのことば社、ISBN 4264024684)
『ことばの雫』(写真=星野昌子)(2008年、いのちのことば社、ISBN 4264026814)
『新編 四季抄 風の旅』(2009年、学研パブリッシング、ISBN 4054040853)
『詩画集 風の詩-かけがえのない毎日』(舘内端と共著)(2010年、学研パブリッシング、ISBN 4054044662)
『花の詩画集 種蒔きもせず』(2010年、偕成社、ISBN 4039639200)
『詩画集 ありがとう私のいのち』(2011年、学研パブリッシング、ISBN 405203497X)
『いのちより大切なもの』(2012年、いのちのことば社、ISBN 4264030536)


★渡辺 和子のプロフィール
渡辺 和子(わたなべ かずこ、1927年2月11日 - 2016年12月30日)は、キリスト教カトリック修道女 (修道女名:シスター・セント・ジョン)。 学校法人ノートルダム清心学園理事長。北海道旭川市生まれ。
父は台湾軍司令官や陸軍教育総監を務めた渡辺錠太郎。1936年2月26日、陸軍将校の一部らが起こした軍事クーデター「2・26事件」で、父親が反乱軍の将校らに殺害される場面を9歳のときに自宅で目撃する。
「血の海の中で父は死にました。凄惨な死でございました」
渡辺さんは当時のことをエッセイ集『美しい人に』などでも書いているほか、講演などでも折に触れて当時の様子や、加害者の遺族との「和解」や「赦し」について語っていた。
 
◆略歴
1927年、北海道旭川市で出生。父親は当時、陸軍中将で旭川第7師団長だった渡辺錠太郎で、53歳の時の子であった。4人兄姉の末っ子で次女。
1936年、成蹊小学校3年生で9歳の時に二・二六事件に遭遇。父の居間で、当時大将で教育総監だった父が青年将校に襲撃され、43発の銃弾で命を落としたのを、わずか1mほどの距離から目の当たりにした。
成蹊小学校、雙葉高等女学校(現 雙葉中学校・高等学校)卒業。
1945年、18歳でキリスト教カトリック)の洗礼を受ける。1951年聖心女子大学に通いながら上智大学で文書作成のアルバイトをし、1954年上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。
1956年、29歳でナミュールノートルダム修道女会に入会。
アメリカへ留学し、1962年6月にボストンカレッジ大学院で博士号(哲学)を取得したのち、同年9月にノートルダム清心女子大学教授に就任。
1963年に36歳という異例の若さで岡山県ノートルダム清心女子大学の学長に就任(1990年に退任)。長年にわたり教壇に立ち、学生の心を支え指導する。
1977年にはうつ病を患う。1984年にマザー・テレサが来日した際には通訳を務めるなど多方面で活躍。著書も多数。
1990年にはノートルダム清心女子大学の名誉学長、及びノートルダム清心学園の理事長に就任。1992年~2001年には日本カトリック学校連合会理事長に就任した。
1996年、69歳の時にカルカッタの修道会本部を訪れる。
2012年に発売した著書『置かれた場所で咲きなさい』が、200万部を超えるベストセラーとなった。
2016年12月30日、膵臓癌により死去。89歳没。
 
◆受賞
1974年 - 岡山県文化賞(学術部門)を受賞
1979年 - 山陽新聞賞(教育功労)を受賞
1979年 - 岡山県社会福祉協議会より済世賞を受賞
1986年 - ソロプチミスト日本財団より千嘉代子賞を受賞
1989年 - 三木記念賞を受賞
2015年 - 広島大学のペスタロッチ賞を受賞[8]。
2016年 - 春の叙勲で旭日中綬章を受章[9]。
◆著書
『信じる「愛」を持っていますか』PHP研究所、1981年
『心に愛がなければ』PHP研究所、1986年
『現代の忘れもの』日本看護協会出版会、1989年
『愛をこめて生きる』PHP研究所、1989年
『愛することは許されること』PHP研究所、1999年
『目に見えないけれど大切なもの』PHP研究所、2003年
『愛と励ましの言葉366日』2004年、PHP研究所
『忘れかけていた大切なこと』2005年、PHP研究所
『「ひと」として大切なこと』PHP研究所、2005年 - 2003年刊行『人間としてどう生きるか』の改題版
『愛と祈りで子どもは育つ』2006年、PHP研究所
『美しい人に』PHP研究所、2008年
『幸せのありか』PHP研究所、2009年
『置かれた場所で咲きなさい』幻冬舎、2012年
『スミレのように踏まれて香る』朝日新聞出版、2012年 - 1970年刊行『人をそだてる』(サンパウロ)の改題、加筆修正版
『面倒だから、しよう』幻冬舎、2013年
『幸せはあなたの心が決める』PHP研究所、2015年
『どんな時でも人は笑顔になれる』PHP研究所、2017年
『あなたはそのままで愛されている』PHP研究所、2018年 - 遺稿集

スポンサーリンク  

 

幸せのありかはいずこに?

 ☆彡幸せのありか

一人の卒業生の手紙にあった言葉である。

「昔は"不幸"の主人公になりきることしかできなかった私が、今、おかげさまで、いつもどんな時にも、人生に感謝できるようになりました。幸せは、自分のココロがつくるものであるとしることができたからでしょう。」

家庭でも職場でも、辛いこと、苦しいこと数多く経験したこの人は、それらの経験を通して、大切なことを学び取っていた。それは、幸せは他人から与えてもらうものではなく、自分のココロがつくるという厳しさだった。

 

「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう」というモットーを、あるキリスト教団体がとなえている。

 

 だいぶ昔のこと、周囲の大反対を押し切って修道院に入った私は、そこが必ずしも"天国"ではないことを知った。

色々なことが重なって修道院を去ろうかとまで思いつめた私は、ある日、一人の神父を訪ねて自分の失望、不満を打ち明けたことがある。

その神父も、修道生活を送っている人であったが、私の話を聞き終えると静かに言った。

あなたが変わらなければ、どこへ行っても同じだよ」・・・と。

 他人が私に親切にすること、優しくなること、理解してくれることを期待していて、それが得られないからといって、失望と不満を抱いていた私は、"自分が変わる"という大切なことを忘れていた。

そして、私が変わるにつれて、不思議に周囲も変わってくれたのだ。

"幸せに生きる"ということは決して苦労のないことでもなければ、物質的に豊かな生活を送ることを意味してもいない。

苦労をしたおかげで、苦労のない時にはわからな買った他人の痛みをわかることができた、と感謝する心に幸せは生まれるのである。

 

幸せは、いつも自分のココロが決めるのだ。


☆彡今日の一言

①幸せは、自分の心がつくるもの、感じるものである。

 

②自分が変われば周りも変わる。

 

一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は渡辺和子著「目に見えないけれど大切なもの」より一部抜粋&加筆

 

★渡辺 和子のプロフィール
渡辺 和子(わたなべ かずこ、1927年2月11日 - 2016年12月30日)は、キリスト教カトリック修道女 (修道女名:シスター・セント・ジョン)。 学校法人ノートルダム清心学園理事長。北海道旭川市生まれ。
父は台湾軍司令官や陸軍教育総監を務めた渡辺錠太郎。1936年2月26日、陸軍将校の一部らが起こした軍事クーデター「2・26事件」で、父親が反乱軍の将校らに殺害される場面を9歳のときに自宅で目撃する。
「血の海の中で父は死にました。凄惨な死でございました」
渡辺さんは当時のことをエッセイ集『美しい人に』などでも書いているほか、講演などでも折に触れて当時の様子や、加害者の遺族との「和解」や「赦し」について語っていた。
 
◆略歴
1927年、北海道旭川市で出生。父親は当時、陸軍中将で旭川第7師団長だった渡辺錠太郎で、53歳の時の子であった。4人兄姉の末っ子で次女。
1936年、成蹊小学校3年生で9歳の時に二・二六事件に遭遇。父の居間で、当時大将で教育総監だった父が青年将校に襲撃され、43発の銃弾で命を落としたのを、わずか1mほどの距離から目の当たりにした。
成蹊小学校、雙葉高等女学校(現 雙葉中学校・高等学校)卒業。
1945年、18歳でキリスト教カトリック)の洗礼を受ける。1951年聖心女子大学に通いながら上智大学で文書作成のアルバイトをし、1954年上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。
1956年、29歳でナミュールノートルダム修道女会に入会。
アメリカへ留学し、1962年6月にボストンカレッジ大学院で博士号(哲学)を取得したのち、同年9月にノートルダム清心女子大学教授に就任。
1963年に36歳という異例の若さで岡山県ノートルダム清心女子大学の学長に就任(1990年に退任)。長年にわたり教壇に立ち、学生の心を支え指導する。
1977年にはうつ病を患う。1984年にマザー・テレサが来日した際には通訳を務めるなど多方面で活躍。著書も多数。
1990年にはノートルダム清心女子大学の名誉学長、及びノートルダム清心学園の理事長に就任。1992年~2001年には日本カトリック学校連合会理事長に就任した。
1996年、69歳の時にカルカッタの修道会本部を訪れる。
2012年に発売した著書『置かれた場所で咲きなさい』が、200万部を超えるベストセラーとなった。
2016年12月30日、膵臓癌により死去。89歳没。
 
◆受賞
1974年 - 岡山県文化賞(学術部門)を受賞
1979年 - 山陽新聞賞(教育功労)を受賞
1979年 - 岡山県社会福祉協議会より済世賞を受賞
1986年 - ソロプチミスト日本財団より千嘉代子賞を受賞
1989年 - 三木記念賞を受賞
2015年 - 広島大学のペスタロッチ賞を受賞[8]。
2016年 - 春の叙勲で旭日中綬章を受章[9]。
◆著書
『信じる「愛」を持っていますか』PHP研究所、1981年
『心に愛がなければ』PHP研究所、1986年
『現代の忘れもの』日本看護協会出版会、1989年
『愛をこめて生きる』PHP研究所、1989年
『愛することは許されること』PHP研究所、1999年
『目に見えないけれど大切なもの』PHP研究所、2003年
『愛と励ましの言葉366日』2004年、PHP研究所
『忘れかけていた大切なこと』2005年、PHP研究所
『「ひと」として大切なこと』PHP研究所、2005年 - 2003年刊行『人間としてどう生きるか』の改題版
『愛と祈りで子どもは育つ』2006年、PHP研究所
『美しい人に』PHP研究所、2008年
『幸せのありか』PHP研究所、2009年
『置かれた場所で咲きなさい』幻冬舎、2012年
『スミレのように踏まれて香る』朝日新聞出版、2012年 - 1970年刊行『人をそだてる』(サンパウロ)の改題、加筆修正版
『面倒だから、しよう』幻冬舎、2013年
『幸せはあなたの心が決める』PHP研究所、2015年
『どんな時でも人は笑顔になれる』PHP研究所、2017年
『あなたはそのままで愛されている』PHP研究所、2018年 - 遺稿集

スポンサーリンク  

人間は、どこかで報われていないと生きていけない。

☆彡むくいを求める心


こまったときに思い出され

用がすめば

すぐ忘れられる

ぞうきんさん

台所のすみに小さくなり

むくいを知らず

朝も夜も喜んで仕える

ぞうきんさんになりたい  (河野 進=こうのすすむ)

 

本当にこんな生き方ができたら、どんなにいいかと思いながら、そうなれない自分と一緒に暮らしている。
「むくいを知らない」どころか、自分の存在、手柄を知らせよう、知らせようとしている自分。

「まあ、キレイなお花」と修道院の誰かが言えば、「私が頂いた花なの」と、言わなくてもいいことを言っている。

なぜ黙って相づちが打てないのか。

こんな私が"ぞうきん"になりきれる日は遠い。

でも、と思う。人間はやはり、どこかで報われていないと生きていけないものだ。

 岡山にいたころ、私は毎年四月頃、街頭募金に立ったものだ。

 吹く風の冷たい年もあった。

 修道服で立っていると、お金を入れてくださる方が多いと言われて、立っていたものだった。

 教えていた学生たちに、一緒に立ってくれないかと声をかけると、たいていの人は気持ちよく応じてくれたが、中には「いやです」と断る人もいた。

 理由を尋ねると、「街頭募金に立つなんて、結局は自己満足なんでしょう」という。

 その言葉に、一瞬たじろぎながらも思った。所詮人間は神ではないのだから、100%むくいを求めない仕事など出来っこないのだ。

自己満足だけを求めて街頭に立つことは決して褒められたことではないけれども、よいことをした時、自然に満足感を覚えることは当たり前なのだ。

 それを素直に、謙虚に受け取ったらいい。詩の中の"ぞうきん"も人の役に立った時には、たぶんそれなりの満足感を味わったに違いない。

 「忘れられて喜べる教師になれ」といわれたことがある。

 昔のこと、教職をはじめとする私への恩師の言葉だった。
 
 "ぞうきん"になれということだったのだろう。

 

 今の私は優等生の"ぞうきん"になりきれず、まだ、密かな自己満足を求め、味わっている。

でも、そんな私に「それでいいんだよ、ぞうきんさんになろうという気持ちだけは忘れないでいなさい。」と、優しくいってくれる声がある。

 

その声に支えられて、毎日を歩んでいる。


一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

以上は渡辺和子著「目に見えないけれど大切なもの」より一部抜粋&加筆

 

★河野 進(こうの すすむ、1904年 - 1990年11月2日)は、日本の詩人。通称「玉島の良寛さま」。
経歴
和歌山県生まれ。満州教育専門学校、神戸中央神学校で学ぶ。玉島教会において牧師となる。賀川豊彦より、岡山ハンセン病療養所での慰問伝道をすすめられ、50年以上たずさわる。インド救ライセンター設立の運動、またマザー・テレサに協力する「おにぎり運動」に尽力する。日本基督教団玉島教会名誉牧師、日本キリスト教救ライ教会理事、社会福祉法人恵聖会(養護施設岡山県立玉島学園、保育施設富田保育園)理事長を務めた。「聖良寛文学賞」を受賞。


◆作品 

ぞうきん

ぞうきん

 

 「ぞうきん」(2013年、幻冬舎
「河野進詩集」(1994年、櫂歌書房
「今あなたは微笑んでいますか」(1991年、聖恵授産所出版部)
「母よ、幸せにしてあげる」(1986年、聖恵授産所出版部)
「カナの婚宴の葡萄酒」(1984年、聖恵授産所出版部)
「万華鏡」(1983年、聖恵授産所出版部)
「おにぎりの詩」(1981年、柏樹社
「母の詩」(1980年、柏樹社
「雑草のような母」(1959年、大島青松園慰安会)
「十字架を建てる」(1938年、ともしび社)


★渡辺 和子のプロフィール
渡辺 和子(わたなべ かずこ、1927年2月11日 - 2016年12月30日)は、キリスト教カトリック修道女 (修道女名:シスター・セント・ジョン)。 学校法人ノートルダム清心学園理事長。北海道旭川市生まれ。
父は台湾軍司令官や陸軍教育総監を務めた渡辺錠太郎。1936年2月26日、陸軍将校の一部らが起こした軍事クーデター「2・26事件」で、父親が反乱軍の将校らに殺害される場面を9歳のときに自宅で目撃する。
「血の海の中で父は死にました。凄惨な死でございました」
渡辺さんは当時のことをエッセイ集『美しい人に』などでも書いているほか、講演などでも折に触れて当時の様子や、加害者の遺族との「和解」や「赦し」について語っていた。
 
◆略歴
1927年、北海道旭川市で出生。父親は当時、陸軍中将で旭川第7師団長だった渡辺錠太郎で、53歳の時の子であった。4人兄姉の末っ子で次女。
1936年、成蹊小学校3年生で9歳の時に二・二六事件に遭遇。父の居間で、当時大将で教育総監だった父が青年将校に襲撃され、43発の銃弾で命を落としたのを、わずか1mほどの距離から目の当たりにした。
成蹊小学校、雙葉高等女学校(現 雙葉中学校・高等学校)卒業。
1945年、18歳でキリスト教カトリック)の洗礼を受ける。1951年聖心女子大学に通いながら上智大学で文書作成のアルバイトをし、1954年上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。
1956年、29歳でナミュールノートルダム修道女会に入会。
アメリカへ留学し、1962年6月にボストンカレッジ大学院で博士号(哲学)を取得したのち、同年9月にノートルダム清心女子大学教授に就任。
1963年に36歳という異例の若さで岡山県ノートルダム清心女子大学の学長に就任(1990年に退任)。長年にわたり教壇に立ち、学生の心を支え指導する。
1977年にはうつ病を患う。1984年にマザー・テレサが来日した際には通訳を務めるなど多方面で活躍。著書も多数。
1990年にはノートルダム清心女子大学の名誉学長、及びノートルダム清心学園の理事長に就任。1992年~2001年には日本カトリック学校連合会理事長に就任した。
1996年、69歳の時にカルカッタの修道会本部を訪れる。
2012年に発売した著書『置かれた場所で咲きなさい』が、200万部を超えるベストセラーとなった。
2016年12月30日、膵臓癌により死去。89歳没。
 
◆受賞
1974年 - 岡山県文化賞(学術部門)を受賞
1979年 - 山陽新聞賞(教育功労)を受賞
1979年 - 岡山県社会福祉協議会より済世賞を受賞
1986年 - ソロプチミスト日本財団より千嘉代子賞を受賞
1989年 - 三木記念賞を受賞
2015年 - 広島大学のペスタロッチ賞を受賞[8]。
2016年 - 春の叙勲で旭日中綬章を受章[9]。
◆著書
『信じる「愛」を持っていますか』PHP研究所、1981年
『心に愛がなければ』PHP研究所、1986年
『現代の忘れもの』日本看護協会出版会、1989年
『愛をこめて生きる』PHP研究所、1989年
『愛することは許されること』PHP研究所、1999年
『目に見えないけれど大切なもの』PHP研究所、2003年
『愛と励ましの言葉366日』2004年、PHP研究所
『忘れかけていた大切なこと』2005年、PHP研究所
『「ひと」として大切なこと』PHP研究所、2005年 - 2003年刊行『人間としてどう生きるか』の改題版
『愛と祈りで子どもは育つ』2006年、PHP研究所
『美しい人に』PHP研究所、2008年
『幸せのありか』PHP研究所、2009年
『置かれた場所で咲きなさい』幻冬舎、2012年
『スミレのように踏まれて香る』朝日新聞出版、2012年 - 1970年刊行『人をそだてる』(サンパウロ)の改題、加筆修正版
『面倒だから、しよう』幻冬舎、2013年
『幸せはあなたの心が決める』PHP研究所、2015年
『どんな時でも人は笑顔になれる』PHP研究所、2017年
『あなたはそのままで愛されている』PHP研究所、2018年 - 遺稿集

スポンサーリンク  

「今、この瞬間を楽しむ」と運は良くなる!

☆彡運がよくなる方法

 

☆過去でもなく、未来でもなく、

いつも、「今、この瞬間」を楽しむ。


未来は「今」の繰り返しです。

今日すごく楽しいことがあって、それが明日も明後日も、ずっと続いていく人は、一年365日、一生が「楽しい生活」ということになります。

ということは、「今のこの瞬間をどれだけ楽しむか」にかかっています。

例えば、今夜の食事の予定を「めいっぱい楽しもう」としていますでしょうか?

参加しながら、ココロが別のことを考えていることはありませんか?

 明日の仕事、雑用、心配事など、ほかのことが心にあれば、目の前の食事に意識が集中しないので、その食事が楽しい何かに発展していくことはありません。

母と私(浅見帆帆子)の日課になっているウォーキングの途中に一休みするカフェがあります。

そこにいつもニコニコと楽しそうに働いている20代半ばの男性の店員さんがいます。

業務用の笑顔とは別に、本人が本当に楽しんでいる様子が伝わってくるので、自然と目が行ってしまうのです。

「もし、私がカフェを開くとしたら、絶対あの青年を引き抜きたいって思うなあ」といつも母と話しています。

同じように感じている人は私たち以外にきっといることでしょう。

 目の前のことを楽しんで一生懸命している人は、それが次のうれしい出来事につながります。

 ほとんどの場合、その面白くて新しいことは、今、目の前にあることがきっかけになっているのです。

 今日会う人との会話、仕事中の出来事、面倒に思える雑用・・・。

 これらの中の何がきっかけで面白いことが起こるかはわかりません。

 そう思えないのは「今日もいつもの繰り返しで、面白いことは何もないだろうなあ」と勝手に決めているからです。

 あなたが何も期待していない雑用から、面白い展開をしていくことはたくさんあります。

 後から振り返ると、あの時たまたま聞いたこと、たまたま目にしたことがきっかけだった、ということが起こるのです。

 それが起こったときの自分のココロの状態を思い出してみると、その時の自分が「今日一日を楽しもう、何が起こるか楽しみだなあ」という気持ちでいたことがわかるでしょう。

 

 「今」を楽しくしている人は、また楽しいことを引き寄せるのです。

 

 

☆彡今日の一言・・・運がよくなるコツ
①目の前のことを全力ですると「運のいいこと」につながる。

 

②「今日、目の前に起こる一つ一つを楽しもう」と思うと運は良くなる。

 


一度っきりの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 


以上は浅見帆帆子著「あなたの運はもっとよくなる」より一部抜粋&加筆

 

★浅見帆帆子のプロフィール
浅見 帆帆子(あさみ ほほこ、1977年1月29日 - )は、日本の東京都出身のエッセイスト、ソフトファニシングコーディネーター(クッションや枕作りなど。)青山学院大学国際政治経済学部卒業。血液型はB型。
出身校 青山学院大学国際政治経済学部卒業
大学卒業後、ロンドンに留学、インテリアデザインを学ぶ。 帰国後執筆活動に入る。
累計400万部超のベストセラーとなる。そのほか、絵本、旅エッセイなど著書多数。人材教育や企業研修に取り入れている企業も多く、海外でも広く翻訳出版されている。

作家としての活動以外に、インテリアデザインや手帳などのプロデュース、介護ユニフォームに始まるファッションアイテムのデザイン、ジュエリーブランド「AMIRI」の立ちあげなど、独自のライフスタイルが注目されている。
現在の夢は「アジア平和」、カンボジアでの里子や教育支援を通して、アジア平和につながる活動を展開中。

趣味 ゴルフ、テニス、体を動かすこと、ピアノ、チェンバロ、茶道、美術鑑賞

著書
『ロンドンの勉強―ワクワクの探し方』 光文社知恵の森文庫、 2001年  新装版 廣済堂出版、2007年
『大丈夫! うまくいくから―感謝がすべてを解決する』 幻冬舎、2003年 同文庫版、2006年
『ちょっと話してみました』 グラフ社 2003年 (船井幸雄との対談本)
『いつも忘れないで。』ダイヤモンド社 2004年
『HOHOKOスタイル』 ダイヤモンド社、2004年
『わたしの「あなた」はどこにいるの?』PHP研究所、 2005年
『おかえりなさい 待っていたよ』 PHP研究所、2005年
『毎日、ふと思う』シリーズ(著者による日記) 廣済堂出版(一部グラフ社版、幻冬舎文庫版もあり)、2002年?
『占いをどこまで信じていますか?―あなたの意識で運命は変えられる』 幻冬舎 2007年
「夢はかなう」シリーズ
『宇宙につながると夢はかなう ?さらに強運になる33の方法?』フォレスト出版 2009年
『あなたの夢がかないますように』 ダイヤモンド社 2009年
「運がよくなる」シリーズ
『やっぱりこれで運がよくなった!』 廣済堂出版 2005年 同文庫(なでしこ文庫)版 2009年
舛田光洋『運がよくなる「親子そうじ力」』 三笠書房、2007年(「母から与えられた掃除と運の関係」について寄稿)
『あなたの運はもっとよくなる!―私が実践している36の方法』 三笠書房 2008年
「わかった!」シリーズ
『わかった! 運がよくなるコツ―ウソだと思ったら、ためしてみよう』 廣済堂出版、2002年 同文庫(なでしこ文庫)版2008年
『わかった! 恋愛編 運がよくなるコツ―あなたの思い、きっと伝わります』 廣済堂出版、2003年 同文庫(なでしこ文庫)版2009年
『わかった! 夢を実現するコツ ?まず、あなたが幸せになろう?』 (第二章に横峯さくらとの対談あり) 廣済堂出版、2010年
「あなたは絶対!」シリーズ
『あなたは絶対! 運がいい』 グラフ社、2001年 同2004年愛蔵版 幻冬舎、文庫版2006年 廣済堂出版、新装版 2007年
『あなたは絶対! 守られている』 グラフ社、2002年 幻冬舎、文庫版2006年 廣済堂出版、新装版 2007年
『あなたは絶対!運がいい2 ?夢の実現力?確信すれば思いはかなう』 廣済堂出版、2008年

スポンサーリンク  

「自分の本音で思うこと=直感」で意思決定を行うと運は良くなる。

☆彡運がよくなる方法

 

☆直感で暮らすと運は良くなる!

 

運がよくなるコツの一つに「直感で暮らす」ということがあります。

「直感で暮らす」というのは、いつも「自分の本音に正直になる」ということです。

特に何かを選ぶとき、それをしようかどうか迷う時などに「直感」は効果的です。

例えば何かを見た時、聞いた時、考えた時にふと思うことや感じることがあると思います。

それを聞いて直ぐに、「なんだか面白そう♪~」とパッと思ったり、「理由はないけど、すごくいい気がする」と感じるような時です。

「感じる」といっても、ビビビッといって頭にひらめいたり、しびれたりするような特別なものではなく、「自然にふと思った」という感じ方です。

この「自然にふと感じる」というのは「直感」の一種なのです。

 「理由もないのに思いついた」というのは頭で考えていることではないので、あなたではないどこからか来ている「情報」と思ってください。

 それをどこまで「情報」だと捉えて、その通りにしてみるかが、運のいい人とそうでない人の違いです。

この「思いつき」をどこまで信用するか、です。

あなたがふと思った本音というのは、その情報を知らせるためにあるのです。

ですから、例えば何かを聞いた(見た、会った)瞬間、

●とてもいい気がした

●すごく好きだと思った

●パッといい映像が浮かんだ

●考えただけでワクワクする

●いい意味で気になる

というような気分になることは「直感」が「それをするといいよ」と教えてくれているので、迷わず選びましょう。

そして、逆に

●どうしても気が乗らない

●考えても楽しくなれない

●何かわからないけど引っ掛かるものがある

●違和感がある

というような気分になるものは止めましょう。または様子を見ることです。

「気が乗らない」というのは「出来る、出来ない」に関係なく、もっと漫然と「なんだか気が乗らない」という感覚が「直感」なのです。

兎に角、「理由はないけど、なんとなく感じる」という種類のものです。

もちろん、直感にも理由がある時はあります。

「なんだかこう感じる・・・考えてみると理由もある」というように、説明できる理由がある技愛もあります。

つまり、説明できる理由があろうと「なんとなくそう思う」程度であろうと、「自分の本音が答えになる」ということです。

 

☆彡今日の一言・・・運がよくなるコツ

「自分の本音で思うこと=直感」で意思決定を行うと運は良くなる。


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は浅見帆帆子著「あなたの運はもっとよくなる」より一部抜粋&加筆

★浅見帆帆子のプロフィール
浅見 帆帆子(あさみ ほほこ、1977年1月29日 - )は、日本の東京都出身のエッセイスト、ソフトファニシングコーディネーター(クッションや枕作りなど。)青山学院大学国際政治経済学部卒業。血液型はB型。
出身校 青山学院大学国際政治経済学部卒業
大学卒業後、ロンドンに留学、インテリアデザインを学ぶ。 帰国後執筆活動に入る。
累計400万部超のベストセラーとなる。そのほか、絵本、旅エッセイなど著書多数。人材教育や企業研修に取り入れている企業も多く、海外でも広く翻訳出版されている。

作家としての活動以外に、インテリアデザインや手帳などのプロデュース、介護ユニフォームに始まるファッションアイテムのデザイン、ジュエリーブランド「AMIRI」の立ちあげなど、独自のライフスタイルが注目されている。
現在の夢は「アジア平和」、カンボジアでの里子や教育支援を通して、アジア平和につながる活動を展開中。

趣味 ゴルフ、テニス、体を動かすこと、ピアノ、チェンバロ、茶道、美術鑑賞

著書
『ロンドンの勉強―ワクワクの探し方』 光文社知恵の森文庫、 2001年  新装版 廣済堂出版、2007年
『大丈夫! うまくいくから―感謝がすべてを解決する』 幻冬舎、2003年 同文庫版、2006年
『ちょっと話してみました』 グラフ社 2003年 (船井幸雄との対談本)
『いつも忘れないで。』ダイヤモンド社 2004年
『HOHOKOスタイル』 ダイヤモンド社、2004年
『わたしの「あなた」はどこにいるの?』PHP研究所、 2005年
『おかえりなさい 待っていたよ』 PHP研究所、2005年
『毎日、ふと思う』シリーズ(著者による日記) 廣済堂出版(一部グラフ社版、幻冬舎文庫版もあり)、2002年?
『占いをどこまで信じていますか?―あなたの意識で運命は変えられる』 幻冬舎 2007年
「夢はかなう」シリーズ
『宇宙につながると夢はかなう ?さらに強運になる33の方法?』フォレスト出版 2009年
『あなたの夢がかないますように』 ダイヤモンド社 2009年
「運がよくなる」シリーズ
『やっぱりこれで運がよくなった!』 廣済堂出版 2005年 同文庫(なでしこ文庫)版 2009年
舛田光洋『運がよくなる「親子そうじ力」』 三笠書房、2007年(「母から与えられた掃除と運の関係」について寄稿)
『あなたの運はもっとよくなる!―私が実践している36の方法』 三笠書房 2008年
「わかった!」シリーズ
『わかった! 運がよくなるコツ―ウソだと思ったら、ためしてみよう』 廣済堂出版、2002年 同文庫(なでしこ文庫)版2008年
『わかった! 恋愛編 運がよくなるコツ―あなたの思い、きっと伝わります』 廣済堂出版、2003年 同文庫(なでしこ文庫)版2009年
『わかった! 夢を実現するコツ ?まず、あなたが幸せになろう?』 (第二章に横峯さくらとの対談あり) 廣済堂出版、2010年
「あなたは絶対!」シリーズ
『あなたは絶対! 運がいい』 グラフ社、2001年 同2004年愛蔵版 幻冬舎、文庫版2006年 廣済堂出版、新装版 2007年
『あなたは絶対! 守られている』 グラフ社、2002年 幻冬舎、文庫版2006年 廣済堂出版、新装版 2007年
『あなたは絶対!運がいい2 ?夢の実現力?確信すれば思いはかなう』 廣済堂出版、2008年

スポンサーリンク  
スポンサーリンク