ハッピーライフ専科

話題やニュース、情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・開運ブログです。

スポンサーリンク

運を落とす言葉は使うべからず! 田宮陽子著『お金と人に愛される「開運言葉」』  より

☆彡「運を落とす言葉は使わない」

 

成功者や大富豪、セレブの方々が徹底してやっていることがあります。

 

それは「運を落とす言葉は使わない」ということです。

 

それでは「運を落とす言葉」とはどんな言葉なんでしょう?

 

 それは『「~ないとつく言葉です。

 

たとえば、

「○○できない」

「許さない」

「お金がない」

「聞いたことない」

「興味ない」

「そんなわけない」などなどです。

 

 さらに「別に…」という言葉も運気をたちまち落とすNG言葉なんです。

数年前、ある女優さんが「別に…」と言ってましたね。

 

 どんなに売れっ子でもね~、

才能があっても「言葉」を大事にしないといけませんね。

 

また、人の悪口を言うのもいけませんね。

 

悪口を言うのが癖になっていると、普段の会話にもそれが出てしまいます。

 

 人間ですから、よくないと分かりつつもつい、

「マイナスの言葉」を言ってしまうことがありますね。

 

 そういう時、いちいち、「こういう言葉は言っちゃダメ」って

過剰反応する人もいますが、もっとおおらかであっていいと思います。

 

 そこで、「マイナスの言葉」をつい言ってしまった後は

「このことはきっと、いいことに変わる!」

「良くないこと」が「良いこと」に変わるように

宇宙にプラスのエネルギーを放っておきましょう。

 

もしくは「悪口を言ってしまった自分を許します」という風に言っておくと、

たとえまだ、「相手が許せない!」と思っていたとしても、

コチコチに固まった自分のココロが和らぐので、余裕やゆとりをもって
対処することができ、これ以上、トラブルをこじらせずに済みます。

 

 生きていれば、「あの人の悪口を言いたい」という時もありますよね。

その気持ち、一人の人間としてわかります。

 

だから言いたいときは口にしてもいい!

 

でもね~

 

「悪口だけで終わりにしない」ということだけは忘れないでください。

 

 悪口を言ってしまった後には必ず

 

プラスのエネルギーの言葉を放って波動調整をしておきましょう

 

◆今日の開運言葉は
「悪口を言ってしまった自分を許します」

 

桑原桑原(くわばら、くわばら)~「古すぎましたネ」

 

オードリー・ヘプバーンいわく「美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。{優しい言葉を紡ぐこと}
For beautiful lips, speak only words of kindness.


美しい瞳である為には、他人の美点を探しなさい。
               {人々の素晴らしさを見つけること}
For beautiful eyes, look for the good in others. 」と…。

 

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。



以上は田宮陽子著『お金と人に愛される「開運言葉」』 
より一部抜粋&加筆

 

★田宮陽子のプロフィール
エッセイスト。雑誌・書籍の編集者時代、1000人を超えるさまざまな「成功者」を取材する。
その後、斎藤一人氏の本の編集協力を経て、エッセイストとして独立。
毎日、更新しているブログが反響を呼び、1日平均25万アクセスを集め、アメーバ人気ブログランキング
「占い・スピリチュアル部門」で常に上位を獲得している。
著書に
『お金と人に愛される「つやの法則」』 (PHP研究所
『お金と人に愛される「開運言葉」』 (PHP研究所
『あなたの運は絶対!よくなる』 (PHP研究所
『見た目を磨くとすべてがうまくいく!
 あなたの金運・恋愛運・仕事運は絶対よくなる』
などがある。
性別 女性
居住地 神奈川県

 

☆彡おまけの付録

 

桑原桑原(くわばらくわばら)は「おまじないのことば」です。


①落雷を防ぐための、おまじないの言葉として唱える。


②災難から逃れるために唱える言葉。

 

◆くわばらくわばらの類語 

スポンサーリンク  

放った言葉で「宇宙の±点数」が決まる! 今日の開運言葉は 『感謝の気持ちでいっぱいです』。田宮陽子著『お金と人に愛される「開運言葉」』より

☆彡放った言葉で「宇宙の±点数」が決まる!

 

 フェイスブックのコメント欄とか、ブログのコメント欄とか、いわいるみんなが目にする「ネットの掲示板」のようなところに

 

「私は今、これこれこういうことがあって、とても怒っています!」

 

「私は今、こういう状態で困っています。どうしてなんだろう…」

 

「ある人が、こんな風に私に意地悪をします。もう悔しくて悔しくてたまりません」と

 

いうような「マイナスの出来事」を書き込む人がいます。

 

 多分書いた人は、「悪気」はなくて

「今、こんなに私はつらいの、みんなにわかってほしい」

「はあ、困ったな…。この気持ちを吐き出したい」と

いう思いで事細かに書いているのだと思います。

 

 実は、言葉には「エネルギー」というものがあります。

プラスの言葉には「プラスのエネルギー」、 

 

マイナスの言葉には「マイナスのエネルギー」があります。

 

 そして、「マイナスの言葉」を放った時、

それが自分のココロの中(自分一人)なら、宇宙はマイナス1点とします。

 

そのことを5人に話していると、宇宙的には「マイナス5点」になります。

 

 ネットの掲示板のようなところに書き込んで30人がそれを見たとすると、宇宙てきには「マイナス30点」になります。

 

 この世には「円(えん)の法則」というものがあって

「自分が放ったエネルギー(言葉)がくるりとまわって、未来の自分に返ってくる」という「目に見えないルール」があるんです。

 

そうやって考えると、「自分が書いたマイナスの出来事を、多くの人が目にすればするほど、自分は宇宙に「負の借金」をたくさん作っている」っていうことになるのです。

 

 この世にはいろんな掲示板に批判や「マイナスの出来事」等を書き込んで

「ああ、スッキリした!だれにもいえないけど、これで憂さ晴らしをしよう」と思っている人がいるかもしれませが、この「円(えん)の法則」から考えると、とんでもないことをしているんですね。

 

 今度は逆に、「皆の心が温かくなるような愛の言葉や出来事」を思った時、それが、一人で思っていたなら「プセス1点」、

5人に話をしたなら「プラス5点」、

掲示板に書き込んで30人が見たら「プラス30点」

300人が見たらプラス「300点」という風に「宇宙貯金」がおおきくなっていきます。

 
 たとえば「皆の心が温かくなるような愛の言葉」を例として一つ上げましょう。

 

それは、「感謝の気持ちでいっぱいです」という言葉は、

「感謝の気持ち」があふれ出てくるような、

光をバーッと放つ「言霊(ことだま)」なので、

何かコメントを書き込んだ最後などに、この言葉で締めくくることをお勧めします。

 

 ちなみに、今まで、このことを知らないでコメント欄に「マイナスの出来事」を書いてしまった人はそんなに気にしなくて大丈夫です。

 

 宇宙や神様は「知らないでやったこと」には、

寛大で、そんなに「おとがめ」はありません。

 

 でもね~、今日、これを読んで知ったのですから、これからは気をつけていきましょう!

 

☆彡今日の開運言葉は


『感謝の気持ちでいっぱいです』という言葉です。

 

どんどん使って「宇宙貯金」を増やしましょう!

 

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

お金と人に愛される「開運言葉」

お金と人に愛される「開運言葉」

 

 以上は田宮陽子著『お金と人に愛される「開運言葉」』より一部抜粋&加筆

 

 

★田宮陽子のプロフィール
エッセイスト。雑誌・書籍の編集者時代、1000人を超えるさまざまな「成功者」を取材する。
その後、斎藤一人氏の本の編集協力を経て、エッセイストとして独立。
毎日、更新しているブログが反響を呼び、1日平均25万アクセスを集め、アメーバ人気ブログランキング
「占い・スピリチュアル部門」で常に上位を獲得している。
著書に
『お金と人に愛される「つやの法則」』 (PHP研究所
『お金と人に愛される「開運言葉」』 (PHP研究所
『あなたの運は絶対!よくなる』 (PHP研究所
『見た目を磨くとすべてがうまくいく!
 あなたの金運・恋愛運・仕事運は絶対よくなる』
などがある。
性別 女性
居住地 神奈川県

スポンサーリンク  

 

開運言葉『私はとても運がいい!』と口にすれば運はみるみる開かれる! 田宮陽子著『お金と人に愛される「開運言葉」』 より

☆彡成功者はみんな「言葉」を大切にしている。

 

私(作者=田宮陽子)は今まで雑誌や書籍の編集をしてきましたが、その時に1,000人以上の成功者、セレブ、大富豪といった方々を取材してきました。

 

数々の「成功者」と呼ばれる人とお話ししていて気付いたことがあります。

 

それは「成功する人は、みんな「言葉」を大切にしている。」ということなんです。

 

 聞いていて、相手も自分も、気持ちよくなる言葉なのです。

 

「プラスのエネルギー」を放つ言葉を日常の中でよく使うのです。

 

 それは、たとえ、相手の人に「そうじゃないんだよ」っていう要件を伝えるときや「仕事の注意」をするときでさえもそうなんです。

 

ある仕事で、私(作者=田宮陽子)が「勘違い」をして、ある成功者の方から注意を受けたとき、

その方から電話がかかってくると「今日はね、あなたに「いい話」があるんだよ」ってジョークから始まって、

「実は」、あの件こうやっていたけど、これではダメなんだよ、わかるかい?


という風に「私が間違っていたこと」をちゃんと指摘くださいます。

 

 そして、最後には、「でも、僕は君を信頼してるからこんなに細かいことまで言えるんだよ。次からきっとできるから大丈夫。そんな君と仕事ができるほくってなんて、運がいいんだろう!」というふうに

プラスのエネルギー」を放つ言葉で終わるんです。

 

私はたとえ注意を受けているときでさえ「なんだか、褒めてもらったみたい」に気持ちがよかったのです。

 

まるで「魔法」にかかったように、心地よくなってしまう。

 

 これが「言葉の魔法」なんだと思いました。

 

 ですから気づいたのです。「成功したければ、言葉を大切にすること」。

 

自分の運を開いていく「開運言葉」を

日常の中で積極的に使えばいいのです。

 

 もし、いま「お金」がなくても、自分の中に「特別な才能」や「魅力」が見つからなくても「普段使っている言葉」をできる範囲で「開運言葉」に変えていくだけで、その人は必ず「成功のゾーン」に入ってしまいます。

 

 いわいる「ハッピーフロー(成功の流れ)」が始まってしまいます。

 

☆彡最初の開運言葉は『私はとても運がいい!』です。

 

 これは数多くの成功者の方が、頻繁に口にしていた開運キーワードです。

 

この言葉をただ、口にしているだけであなたの運はみるみる開かれていく!

 

 

 

「始めに言葉ありき」…。(聖書より)

 

 オードリー・ヘップバーンの名言に次のようなものがあります。

美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。{優しい言葉を紡ぐこと}
For beautiful lips, speak only words of kindness.

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

お金と人に愛される「開運言葉」

お金と人に愛される「開運言葉」

 

 以上は田宮陽子著『お金と人に愛される「開運言葉」』 
より一部抜粋&加筆

 

※「始めに言葉ありき」とは世界のあらゆるものは全て言葉によって成っているという意味。
新約聖書ヨハネによる福音書」第1章から》創世は神の言葉(ロゴス)からはじまった。

 

★田宮陽子のプロフィール
エッセイスト。雑誌・書籍の編集者時代、1000人を超えるさまざまな「成功者」を取材する。

その後、斎藤一人氏の本の編集協力を経て、エッセイストとして独立。

毎日、更新しているブログが反響を呼び、1日平均25万アクセスを集め、アメーバ人気ブログランキング
「占い・スピリチュアル部門」で常に上位を獲得している。

著書に
『お金と人に愛される「つやの法則」』 (PHP研究所
『お金と人に愛される「開運言葉」』 (PHP研究所
『あなたの運は絶対!よくなる』 (PHP研究所
『見た目を磨くとすべてがうまくいく!
 あなたの金運・恋愛運・仕事運は絶対よくなる』
などがある。
性別 女性
居住地 神奈川県

スポンサーリンク  

夢を具体的な行動に落とし込み、ワクワクしながら実行するのがコツ! さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」 より

☆彡たった1行で夢はあなたのものになる


◆どんな夢でもかなう! 魔法の一行

 

「夢への行動」を書き出してみると、「夢への行動」は、大きく分けて2種類があることに気づくでしょう。

 

①一つは、一度で済むけどまとまった時間が必要なもの。

ダイエットの場合、

▢ジムに入会する…がそれにあたります。

これはマンスリーページを開いて、申し込みに行けそうな日時を決めて「夢色のペン」で

ジムに入会…と書き込みます。

 

そして、確実に実行するために、ウィークリーページにも2度か気しましょう。

 

ウィークリーページでは、1日上の方にスペースが空いていると思います。

 

そこを「最初の夢」を実現するための行動をかく「夢への行動」の欄に決めましょう。

 

そこに、「夢への行動」を▢をつけて1行で書きます。さらにバーチカルの時間の欄に、事務に入会するために必要なもの、印鑑、スポーツウェアー・シューズなどもをつけて書き込みましょう。

 

「いつか入会しよう」ではついつい後回しになってしまいがちになります。

 

このようにマンスリーとウィークリーにそれぞれ1行だけ書くことで、すんなり実行につながっていくのです。

 

 ②もう一つの「夢への行動」は毎日少しづつ、ある程度期間継続して行うもの出す。

この場合だと


一駅手前で降りて歩く

甘いものを控える

半身浴をする

というのがそうですね。

これはマンスリーページに書く必要はないのでウィークリーページの「夢への行動」の欄にだけ書けばOKです。

 

1日で全部行うとなるとストレスになりそうなので一つだけにしましょう。

 

一駅手前で降りて歩く・・・ と書いて出勤時か、帰宅時化を決めて、バーチカルのその時間の枠にもう一度書きましょう。

 

もちろん実行した後にはにレ点を入れましょう。(☑レ点)

 

 実行すると、充実感に満たされている自分に気づきませんか?

 

そして、「明日も実行しよう」と思えてきたのではないでしょうか?

 

この見える化をおこなうだけで、

考えているだけの時には決して生まれなかった「確信」があなたの中に芽生えます。

 

そして、その「確信」こそが「信じること」の始まりなのです。

 

 夢は漠然としたものでも大丈夫です。

あなたの夢が「●女優の○○さんみたいな素敵な女性になりたい。」というものだとしましょう。

 

では、あなたがなぜその人にあこがれているのかを1つ1つ考えてみてください。

 

顔?、ファッションセンス?雰囲気が優しそうなところ?

 

舩田はなぜその人みたいになりたいのかをじっくり考えると、あなたが理想の姿に近づくためにする行動がはっきり見えた来ませんか?

 

そうすれば今度はそれを具体的な行動に落とし込んでいくだけです。

 

 ファッションセンスを磨きたいのなら

ファッション雑誌を買う

顔が理想なら

メイクをいろいろ試してみる

 

これでOKなのです。

 

こうやって書いていくと、近づくための具体的行動が見えてきますね。

 

 夢を手帳の上に、夢色のペンで書いて

見える化」し具体化する。

 

夢を受け取っていいよ♪~と自分自身にOKを出すために

「夢への行動」を重ねていく。

 

決して苦しい努力は必要ありません。

 

手帳に1行書いて、

毎日それをワクワクしながら実行するだけです。

それだけで、夢はもうあなたのものになるのです。

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法 (中経の文庫)

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法 (中経の文庫)

 

 以上は さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」
より一部抜粋&加筆


★さとうめぐみのプロフィールProfile
手帳セラピスト さとうめぐみ Sato Megumi
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。手帳を用い、時間を有効に使って夢や願いを叶える方法「手帳セラピー」を考案。
手帳セラピストとして、手帳やノートを使った自己実現やセルフセラピーの方法をレクチャーしている。
また、アンティーク着物のコーディネートを提案するキモノコンシェルジュとしても活動中。
手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。

この手帳セラピーは、『週刊女性』『PHP 誌増刊号』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』他さまざまな媒体にて取り上げられている。

現在、東急セミナーBE 渋谷での講座ほか、随時ワークショップを開催。
近著に『幸せおとりよせノートの作り方』(廣済堂出版)、『就活生のための手帳&ノートの書き方』(一ツ橋書店)、『一度書けば一生叶う 人生の扉を開く「完了形」手帳術』(東邦出版)など。

 

●手帳セラピーとは
手帳セラピーは手帳というツールを使って、書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すセルフセラピーです。
「時間の入れ物」である手帳に、4色のペンでスケジュールと気持ちの「見える化」をはかり、夢色のペンで「夢への行動」を習慣化 。
「理想の未来」を的確な言葉で思い描き、年→月→週→日の行動として手帳に落とし込みます。目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で「見える化」されると、やるべきことや「自分の進む道」がはっきりと見えてきます。すると手帳に書いた通り、あるいは書いた以上の幸運を受け取っていることに気付くはずです。

スポンサーリンク  

 

「夢実現への行動」を手帳に書くことは一歩あなたの夢へ踏み出すことだ!&「叶うはず」と信じられる夢が叶う! さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」 より

 ☆彡1行を書くことは一歩あなたの夢へ踏み出すこと


「夢への行動」を書いてみよう!

 

あなたの夢を書き出したら、いよいよ、魔法で夢を実現させましょう。

 

手帳の魔法の名前通り、この魔法を使った人たちからは、「手帳にただ夢を描いておくだけで叶っちゃった、不思議♪~」というハッピー報告がたくさん届いています。

 

そんな簡単に叶っちゃうなんて、本当?…そう思うかたもおおいかもしれませんね。

 

手帳に書くだけで夢をかなえた人たち全員に共通していたのは、

「叶う♪~と信じ切っていました、それも自然に」

ということでした。

 

『叶って欲しい』と思わず胸の前で両手を固く握って祈るような気持ちの夢は叶いにくく、「叶うはず」と自然に信じられる夢が叶う

これが夢の法則です。

 

 けれども、ほとんどの人は、ここで突然、夢が叶うことを信じましょうと言われても、すぐには難しいはずです。

 

そこで大4の魔法の登場です。それは「夢への行動」を書くことです。

 

さあ、緑色のペンでもね~かきだしたいくつかのゆめのなかから、あなたが今、一番叶えたい夢=そのゆめのことをかんがえるとワクワクするもの、を選んでください。

 

たくさん書いた夢の中から選んだその夢が、この瞬間から手帳の魔法でかなえる「最初の夢」になります。

 

夢であいましょう♪~


『夢であいましょう』歌坂本スミ子

 

 

「最初の夢」が決まったところで、夢色のペンを用意してください。

 

緑色で書き出したたくさんの夢の中から選んだ「最初の夢」を夢色のペンで囲んでください。

 

ここで、ワクワクの緑色からチャレンジの色へと「魔法の杖」の色をバトンタッチするのです。

 

 次に、メモページに、「最初の夢」を実現するための方法を思いつく限り書き出します。

 

これも1行づつの箇条書きでOKです。

 

例えば

◆ダイエットして〇kgやせる!

という夢を持っているなら、そのために必要なステップと、自分ができることを考えてみましょう。

 

●ジムに入会する。

●1駅手間腕折りて歩く。

●甘いものを控える。

●半身浴をする。

こうすると、

今までは曖昧だったダイエットへの思いが「行動」となって見えてきますね。

 

これが「行動の視える化・可視化」となるのです。

 

さあ、これでまた一歩、夢に近づきました。

 

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法 (中経の文庫)

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法 (中経の文庫)

 

 以上は さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」
より一部抜粋&加筆


★さとうめぐみのプロフィールProfile
手帳セラピスト さとうめぐみ Sato Megumi
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。手帳を用い、時間を有効に使って夢や願いを叶える方法「手帳セラピー」を考案。
手帳セラピストとして、手帳やノートを使った自己実現やセルフセラピーの方法をレクチャーしている。
また、アンティーク着物のコーディネートを提案するキモノコンシェルジュとしても活動中。
手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。

この手帳セラピーは、『週刊女性』『PHP 誌増刊号』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』他さまざまな媒体にて取り上げられている。

現在、東急セミナーBE 渋谷での講座ほか、随時ワークショップを開催。
近著に『幸せおとりよせノートの作り方』(廣済堂出版)、『就活生のための手帳&ノートの書き方』(一ツ橋書店)、『一度書けば一生叶う 人生の扉を開く「完了形」手帳術』(東邦出版)など。

 

●手帳セラピーとは
手帳セラピーは手帳というツールを使って、書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すセルフセラピーです。
「時間の入れ物」である手帳に、4色のペンでスケジュールと気持ちの「見える化」をはかり、夢色のペンで「夢への行動」を習慣化 。
「理想の未来」を的確な言葉で思い描き、年→月→週→日の行動として手帳に落とし込みます。目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で「見える化」されると、やるべきことや「自分の進む道」がはっきりと見えてきます。すると手帳に書いた通り、あるいは書いた以上の幸運を受け取っていることに気付くはずです。

スポンサーリンク  

 

夢って、見えないけれど・・・ 「見えぬけれどもあるんだよ…」、手帳セラピーは「夢の見える化」だ! さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」 より

☆彡夢にぐっと近づける手帳の効果とは?


◆「文字にする」ということの大切さを認識する。

 

あなたが叶えたい願いを手帳に書き出してください。

 

憧れているけどこれは無理だろうな、と

 

思っているものでも「こんなこと書いていいの?」と

 

思ってしまうような些細なことでも、どんなものでも構いません。

 

 書き終わったら、そのリストを一度眺めてみましょう。

 

こうやって文字にしてみると

あなたが今まで思いもしなかった「自分の姿」が見えてきたような気がしませんか?

 

「私ってこんなこと思っていたんだ…」そんな風に、

意外な自分を発見するかもしれませんね。

 

 実は、この「書く」という作業は、夢への第一歩であるのはもちろんですが、

自分のココロの中をみえるようにするためにも、とても大切な作業なんです。

 

今までの手帳のまほうの効果は、

●時間という目には見えないものをみえるようにし、その流れを整理してくれる。


●すぐに忘れてしまういただきものや偶然のハッピーを書き留めることで満たされていることを感じさせてくれる。


●自分の中から生まれてくる目には見えないワクワクを書いて、実行につなげる。

 

夢って、見えないけれど・・・

 

「見えぬけれどもあるんだよ、

 

   見えぬものでもあるんだよ。」

         

           金子みすゞ

 

 

ほしとたんぽぽ

ほしとたんぽぽ

 

 

手帳は目に見えないものをその一冊で見えるようにしてくれる魔法のツールでしたね。

 

そして、ついに「あなたの夢」という目には見えないものまでが

見えるようになりました。

 

 そうやって、「夢」を目に見える形にしてみると、自分が何を望んでいるか、自分が何をしたいのかがはっきりします。

 

もしくはどの夢も似通っているな、一つ叶えば一緒にかなうかも♪~と思わぬ発見をするかもしれません。

 

私(作者=さとうめぐみ)はこれを手帳最大の効果、「夢の見える化」と呼んでいます。

 

 この「夢の見える化」ができると、自然と次に何をしたらいいか、夢をかなえるためにはどうしたらいいのか、そういう具体的な考えが浮かんでくるようになるのです。

 

 たとえば

●「お金をためて広い部屋に引っ越ししたい」という夢を描いたとしましょう。

 書いたとたん、

引っ越しをするとしたら、住んでみたい部屋のイメージや家賃の予算など、具体的に考えられるようになります。

 

この例に限らず、今まで心の中に置き去りにしていた夢をちょっと書き出してみただけで、夢に向かってのステップがぐっと具体的になってきます。

 

視える化することで、自然と「実現したい」という気持ちも生まれてくるのです。

 

手帳に、緑色のペンで書き出すことによって、引っ越しをしたい、でもそれまでが大変そう…と漫然と思っていただけの頃、変化を嫌う恒常機能のわなにかかっていた時とは別人のように、引っ越しが実現できそうなストーリーが生まれてくることでしょう。

 

 そんな時、あなたの心はウキウキ、ワクワク感で満たされているはずです。

 

夢を緑色のペンで手帳のメモページに一行書くだけ!

 

これでもう、あなたの中には"夢"への不安はなくなっているはずです。

 

書いた夢を自在に叶えられる、魔法を使う資格をあなたは手にしたのです!

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。



以上は さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」
より一部抜粋&加筆


★さとうめぐみのプロフィールProfile
手帳セラピスト さとうめぐみ Sato Megumi
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。手帳を用い、時間を有効に使って夢や願いを叶える方法「手帳セラピー」を考案。
手帳セラピストとして、手帳やノートを使った自己実現やセルフセラピーの方法をレクチャーしている。
また、アンティーク着物のコーディネートを提案するキモノコンシェルジュとしても活動中。
手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。

この手帳セラピーは、『週刊女性』『PHP 誌増刊号』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』他さまざまな媒体にて取り上げられている。

現在、東急セミナーBE 渋谷での講座ほか、随時ワークショップを開催。
近著に『幸せおとりよせノートの作り方』(廣済堂出版)、『就活生のための手帳&ノートの書き方』(一ツ橋書店)、『一度書けば一生叶う 人生の扉を開く「完了形」手帳術』(東邦出版)など。

 

●手帳セラピーとは
手帳セラピーは手帳というツールを使って、書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すセルフセラピーです。
「時間の入れ物」である手帳に、4色のペンでスケジュールと気持ちの「見える化」をはかり、夢色のペンで「夢への行動」を習慣化 。
「理想の未来」を的確な言葉で思い描き、年→月→週→日の行動として手帳に落とし込みます。目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で「見える化」されると、やるべきことや「自分の進む道」がはっきりと見えてきます。すると手帳に書いた通り、あるいは書いた以上の幸運を受け取っていることに気付くはずです。

スポンサーリンク  

 

手帳のメモページに夢を書きこむのが「夢への行動」の第一歩だ! さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」 より

☆彡手帳のメモページであなたの夢をかなえる

 

◆手帳を開いて、夢を書き出そう~ 

 

あなたには、かなえたい夢、もしくは目標がありますか?

 

夢といっても漠然としたもので構いません。

近い将来、こういう風になっていたらいいな。

 

もしくはこんなことが起きたら素敵だなあ…。

そういうことでOKです。

 

実現するかどうかはわからなくても、

心の隅でそう思っていることならなんでもOKです。

 

たとえば

●もっとやりがいのある仕事に転職したい。

●今より〇kgやせてきれいになりたい。

●お金をためて引っ越し広い部屋に住みたい

●ファッションセンスを磨きたい

●何か資格を取りたい

●素敵な男性と出会って幸せな結婚がしたい…などなど

 

きっといろいろな夢があることでしょう。

 

次に手帳をひろげてください。

手帳の最期のほうにある白紙のメモページに、

あなたが今思い浮かべた「夢」を実際に書き出してください。

 

何個でも構いません。…。

 

手が止まった方がいるかもしれません。それは誰にもあることです。

 

なぜなら夢をかなえたい、と思った瞬間に、

無意識に「不安」も立ち上がってしまうからです。

 

それは、夢がかなうことイコール、あなたの日常が「変化」するからです。

 

人は変化が苦手なのです。

 

人間には「恒常機能」というものが本能的に備わっています。

体温や体重を一定に保ったり、

出来る限り変化の少ない状態で自らを守ろうとする機能です。

 

思考も「恒常機能」の影響を受けているため、意識の上では変化することを願っていても、無意識ではそれを拒む綱引きが行われているのです。

 

仮に、「今いる職場から転職したい」という夢を持っている人がいるとします。

 

人間関係がうまくいかない、仕事内容に不満がある、

もう少しお給料がいい仕事を探したいかも…。

 

 でも、実際今の仕事をやめるとなると、今ある安定を捨てることになる。

 

次の職場でもうまくいくという保証はありません。

夢がかなう場面を考える前に、ほとんどの人がこうした「変化」を先に想像し、

そこに不安を感じてしまい、思考求めてしまうのです。

 

あなたの夢をかなえたい心にストップをかけてきたのは、

あなたの本能からくる「不安」だったのです。

 

 その厄介な本能を変えてくれるのが「手帳」と「緑色のペン」なのです。

 

ワクワクと夢を思い浮かべるとすぐに、

あなたの本能は、「夢に向かって、新しいことを始めるのは不安だらけ、大変なんじゃないの?」とうれしくない抵抗をしてくるかもしれません。

 

でもね~そんな時にはこう考えてください。

 

夢を手帳にかくからといってすぐに今の仕事をやめなくちゃいけないわけではない。

 

ますは、「希望通りの仕事についてイキイキ働いてみる」と書くだけ書いてみよう。

 

急激な変化には抵抗する本能もたった一行書くだけなら大丈夫と思うでしょう。

 

でも実は「書く」という行動派それだけですでに立派な「夢への行動」。

 

その一歩が踏み出せたなら夢を引き寄せる速さが加速することでしょう。

 

 「書くことで、夢の実現を邪魔する「恒常機能」を、夢へ近づく「向上機能」に変えることができる。」

 

これが手帳の魔法なのです。

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。



以上は さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」
より一部抜粋&加筆


★さとうめぐみのプロフィールProfile
手帳セラピスト さとうめぐみ Sato Megumi
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。手帳を用い、時間を有効に使って夢や願いを叶える方法「手帳セラピー」を考案。
手帳セラピストとして、手帳やノートを使った自己実現やセルフセラピーの方法をレクチャーしている。
また、アンティーク着物のコーディネートを提案するキモノコンシェルジュとしても活動中。
手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。

この手帳セラピーは、『週刊女性』『PHP 誌増刊号』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』他さまざまな媒体にて取り上げられている。

現在、東急セミナーBE 渋谷での講座ほか、随時ワークショップを開催。
近著に『幸せおとりよせノートの作り方』(廣済堂出版)、『就活生のための手帳&ノートの書き方』(一ツ橋書店)、『一度書けば一生叶う 人生の扉を開く「完了形」手帳術』(東邦出版)など。

 

●手帳セラピーとは
手帳セラピーは手帳というツールを使って、書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すセルフセラピーです。
「時間の入れ物」である手帳に、4色のペンでスケジュールと気持ちの「見える化」をはかり、夢色のペンで「夢への行動」を習慣化 。
「理想の未来」を的確な言葉で思い描き、年→月→週→日の行動として手帳に落とし込みます。目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で「見える化」されると、やるべきことや「自分の進む道」がはっきりと見えてきます。すると手帳に書いた通り、あるいは書いた以上の幸運を受け取っていることに気付くはずです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク