ハッピーライフ専科

話題やニュース、情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・開運ブログです。

スポンサーリンク

夢を持つと幸運がやってくる! 心の中にポジティブな感情が…

 ☆彡夢を持つと幸運がやってくる

 

1.夢はポジティブ生活の栄養源

 

人間は食べ物から摂る栄養素によって健康体を維持しています。

 

カルシュウムによって、強い骨や歯が作られます。

 

ビタミンによって免疫力を高めることができます。

 

脂質は身体を動かし、積極的に活動するためのエネルギー源となってくれます。

 

タンパク質は脳のエネルギーとなってくれます。

 

ミネラルは慢性的な疲労を解消してくれます。

 

これらをバランスよく摂取することで

私たちは身体の状態をポジティブにたもつことができます。

 

 ではポジティブ生活を送る為に

 

欠かせない人生における栄養素とは何でしょうか。

 

それはなりたい自分、すなわち夢を描くことです。

 

「何時か小さくてもいいから自分のアクセサリーショップのお店を持ちたい」

 

「招来カナダで暮らしたい」

 

「看護師になりたい」

 

公認会計士の資格を取って、開業したい」

 

「英会話をマスターして通訳になりたい」

 

「司法試験に合格して弁護士になりたい」

 

こうした夢・願望を掲げれば、未来に対して希望が持てるようになります。

 

毎日がワクワクしてきます。

 

心がときめきます。

 

明るく前向きな気持ちになります。

 

すると、心の中にポジティブな感情がどんどん芽生えるようになります。

 

これがポジティブ生活を送る為の出発点となるのです。

 

◆ツキを呼ぶコツ01

「夢を描くと、心の中にポジティブな感情が芽生えるようになる。」

 

「Boys, be ambitious.」「少年よ大志を抱け」

 

という言葉もあります。(クラーク博士の名言)

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

ツキを呼ぶコツ/幸運がやってくるポジティブ思考9つの習慣

ツキを呼ぶコツ/幸運がやってくるポジティブ思考9つの習慣

 

 


以上は 植西聰著 「ツキを呼ぶコツ幸運がやってくる9つの習慣」より一部抜粋&加筆

 

※オマケの付録 夢で逢えたら


夢で逢えたら - 森丘祥子

スポンサーリンク  

 

自分自身に注目し、比較するなら昨日の自分と …

 ☆彡自分自身に注目しよう


◆比べることから悲劇が始まる

 

人と比べるのは愚かなことだと知りつつも、

 

つい比べて喜んだり、悲しんだり、落ち込んたりしてしまうものだ。

 

人と比べて自分が幸せに思えるならまだしも、

 

たいていの場合比べることにより、落ち込むものだ。

 

あの人は素敵な男性を捕まえたというのに、私は…。

 

あの人はマンションを買ったというのに、私は…。

 

あの人は子供ができたというのに、私は…。

 

あの人の御主人は課長になったというのに、うちは…。

 

あの人はぱっちりした目なのに、私は…。

 

私達は絶えず人と比較して、自分を見ているといっても過言ではない。

 

でもね♪~

 

人と比較していたら何時まで経っても幸せになれない。

 

なぜ、私たちは人のことがそんなに気になるかというと、

 

目が顔についているから、

 

自分の顔ではなく人を見るようにできているからではないかと思う。

 

 もし、目が手についていたら

 

手鏡のように自分を見ることができるのでもっと自分に関心を持つはずだ。

 

生まれたときから自分と一緒なのに

 

自分のことがわからないのは目の位置のせいではないだろうか。

 

私も30代くらいまでは絶えず人と自分を比べて、自分の不幸を嘆いていたものだ。

 

 結婚して一戸建てに住んでいる友人を見ては、独身の自分を嘆き、

 

キャリアの道に進んだ友人を見ては、自分は一体何をしているのだろうと責め、

 

友人たちと比べて誇れることと言えば、

 

少し外人ぽく見える服装とジェスチャーぐらいだった。

 

 わたしが人と比較しなくなったのは40代になってからだ。

 

なぜ、比較しなくなったかと言うと

 

「自分はこの世で無二の存在だ」と頭ではなく、心でわかったからである。

 


◆自分に関心を持てば人のことが気にならなくなる

 

人と比較する癖を早いうちに断ち切ることはとても重要なことだ。

 

 友達と私は容姿も学力も育った環境も似てはいるが同じではない。

 

私はわたし、この私をしっかり生きなくちゃ。

 

 自分を真正面から見た瞬間だった。

 

今の私は、人のことにほとんど関心がない。

 

友人がお金持ちになろうが、有名になろうが、幸せになろうが。

 

 昔だったら気になった人の動向だが、

 

今はすべて「あっそう。よかったじゃない」で終わり。

 

私は自分のことで頭がいっぱいなので、

 

人さまのことを考えるスペースがないのである。

 

自分に夢中になりましょう!

 

人と比較してしまうのは、自分に夢も目的もない証拠ですよ。

 

どんなに、人と比べて近づこうとしても、

 

その人になれるはずもないし、なる必要もない。

 

なぜなら、それはあなたではないから。

 

だったら初めから自分だけを見て生きるほうがいいではないか。

 

 想像してみてほしい。この世にあなたと比べて生きている人がいることを。

 

その人のことを、どう思うだろうか。

 

馬鹿げていると思わないだろうか。私と比べるなんて。

 

 人と比べるところから、憂鬱の種が芽生える。

 

そんな種を自分から蒔くなんて、愚かなことだ。

 

人生は短いのだから、人と比べている時間なんてないのだ。

 

 難しいことかもしれないがまず、

 

自分を「いい」と思ってあげる習慣を身につけよう。

 

あなたはもっと自分自身に関心を持つべきなのだ。

 

どうしても比較したくなるのなら昨日の自分と比較してください。

 

昨日の自分より成長しましたか?

 

さあ、自分の夢に向かって、進みましょう。

 

人が笑おうが転ぼうが、あなたには関係のないこと。自分に集中しましょう。

 

 


「あっしには、関わりのねえことでござんす」と木枯し紋次郎も言っていましたよ。

 

 


どこかで誰かが♪~


だれかが風の中で / 上條 恒彦

 

英語で言うとI don't give a damn."(俺には関係ない)ですね。かっこよすぎますね。【風と共に去りぬより】

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は 松原惇子著 「ハッピーなわたしになる本」より一部抜粋&加筆

 


※オマケの付録  I don't give a damn.について


Gone With The Wind --Frankly, My Dear

外国映画で最も人気のあるせりふは映画「風とともに去りぬ」の最終章でレットが
"Frankly,my dear,I don't give a damn."(俺には関係ない)とスカーレットを突き放した時のセリフです。

 

そのあとラストシーンでスカーレットは、「そうよ、タラに帰りましょう。帰ってから、レットを取り戻す方法を考えましょう。」と言い、

有名な台詞 After all, tomorrow is another day. で幕を閉じます。最高でしたね。

スポンサーリンク  

 

古い上着よさようなら♪~ やりたいことに遠慮はいらない!人生一度っきり、やった者勝ちなのだ!

古い上着よさようなら♪~(青い山脈より)

 

☆彡やりたいことに遠慮はいらない!

 

◆何かをやる前にできないと決めつけないで

「あなたは才能があるからいいけど、私は…」こういう意見をよく聞きます。

 

そのたびに私は信じられない気持ちにさせられる。

 

私はダメだと、よくも、自分をそんなに否定できるものだと。

 

あなたは何の能力も魅力もない人なの?

 

言っている本人は気づいていないかもしれないが、

 

これではあまりにも自分がかわいそうすぎる。

 

「あなたはいいけど、私は…」と言う人は、

 

自分に才能がないのではなく、人生に対して真剣に生きていないから、

 

そんな言葉が出るのではないだろうか。つまり、「怠け者」ということです。

 

やってもいないのに、想像だけで、私にはできないと諦めてしまうのは、もったいないことだ。

 

自分の先入観ほどあてにならないものはない。

 

なんでもやってみると思わぬ力を発揮するものである。

 

 私は人は人である以上、夢のない人はいないと思っている。

 

やりたいということが明確でないということはあったとしても、

 

やりたいという気持ちは誰にでもあるモノだ。

 

 私たちは悲しいかな、大人になるに従い、利害でモノを考えるようになる。

 

それをやって何になるのか。仕事につながるのか。それをやるのに意味があるのか。

 

 その結果動かない方が得だという結論に達し、

 

ベッドの上でテレビを見ながらポテトをかじりながら、人の批判をして過ごすのだ。

 

◆「どうせ」「いまさら」は禁句!

これをやりたい、あれをやりたいという衝動は身体から自然に出てくるものなので、本当は大切にすべきなのだ。

 

「自然に」ほど正しい選択はない。だから、ただ心のままに従えばいいのだ。

 

意味なんかなくてもいい。

 

やることに意味がある。結果ではなく、やる過程に意味があるのだ。

 

 やれば、やる前には想像もできなかったことに出くわす。

 

一歩踏み出さなければ新しい出会いも発想も沸いてこない。

 

やってみなければ、何も始まらない。仮にやってみて思ったようにならなくても、やらないよりはましではないか。

 

なんでもそうだが、損得だけで考えるから、

 

傷つくのが怖いから、一歩が踏み出せない。

 

「どうせやっても…」皆さん、この言葉は禁句だ。

 

やった後のことは神のみぞ知る。

 

人生には善くも悪くも想像を超えたことが起こるものだ。

 

宝くじだって、買わなければ当たらない。


◆誰に何と言われようとやった者勝ち

どうせ、等と言って自分を否定したら、あなたの中のあなたが可愛そうだ。

 

だって、あなたの中のあなたはあなたを応援するためにあなたの中に住んでいるのだから。

 

 少なくとも、もう一人のあなたから「おきばりやす。」と言われるような行動をとりたいものだ。

 

やりたいことに遠慮はいらない。

 

誰が何と言おうが、やった者の勝ち。結果は問題ではない。

 

やりたいことをやっているその瞬間が輝いていればそれていいのだ。

 

結果を考える人は欲張りでケチな人だ。

 

「これをやったら損か得か」そんなことばかりを考えていたら、行動なんてできない。

 

 結果的に、儲かろうが、儲かるまいが、人生には終わりがある。

 

損しても、得しても、単に生きている間の一瞬のことに過ぎない。

 

ダメでもいいんです。その方法ではだめなら別の方法でやればいいんですから。

 

ナポレオン方式で生きましょう。「私に不可能という言葉はない」

 

行動しなければ人生は変わらない。

 

 さあ、座って考えてばかりいないで、腰を上げて歩き出しましょう。

 

自分自身を変えることです。へんし~ん(変身)

 

※オマケの動画 原節子主演「青い山脈


青い山脈 (1949)

 

古い上着よさようなら♪~


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 

以上は 松原惇子著 「ハッピーなわたしになる本」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

笑顔の素敵な人に幸せはやってくる! 笑顔づくりは「ワイキキビーチでチーズとウィスキー」

 ☆彡幸せの神様は"笑顔"が大好きなんです。

 

◆人に見られていなくても笑顔でいよう!


街を歩いといる人を看ていると、皆無表情です。そう思いませんか?

 

私も時々、ショーウィンドゥに映った自分の顔を見てぞーっとすることがある。

 

私は仕事柄、講演をする。そのたびに参加者から「元気で生き生きして…」とお褒めの言葉をいただくので、自信を持っていたが普段の私の顔は恐ろしいほど無愛想だ。

 

大事なのは普段の表情。しかも、人の見ていないところで、

 

どれだけいい表情でいられるかだ。

 

 私たちは職場や知っている人の前では笑顔を作るのに、利害関係がない人に対しては無表情のことが多い。

 

 ファミレスの店員ではないが、お金をもらう必要がある時は、笑顔を振りまくのに、仕事が終わったら無表情、これではあまりにも悲しい。

 

 キラキラと輝く人生を送りたい、幸せになりたいと思っているなら、人の見ていないところでも笑顔を心掛けるべきである。

 

 日本人は笑顔が足りない。日本人が笑わなくなったのは自分のことばかり考えているからではなかろうか?

 

自分の収入が増えること、人から好かれること、欲しいものを買うこと…。

 

人のことは言えない。

私自身も歩くときには不公平な年金のことで腹を立てながら歩いていることが多い。

 

 無表情で歩いている人は、自分が無表情であることに気付いていないと思う。

 

 なんでもそうだが、気付くことからすべてがんばりま~す。はじまるのである。

 

◆笑顔の素敵な人に幸せはやってくる!

 

嬉しいことがなくても、外を歩くときには笑顔で歩こう。上を向いて歩こう♪~

 

初めは難しいかもしれないが、笑顔は習慣なので慣れると自然に笑顔になれる。

 

 笑顔の大切さに目覚めた私は、人々の笑顔がとても気になるようになった来た。

 

「あの人、怖い顔して歩いているなあ。何か心配事でもあるのかしら、きっとお金のことしか興味ないんだ」

 

でもね♪~中にはすごくいい顔して歩いている人もいる。

 

「あの人なんていい顔してるんだろう。人に対して優しいんだろうなア。あの人は幸せになるだろうな」

 

怖い顔をしているのはやくざ。それは過去の話。

 

今はやくざの方がニコニコしていて、怖い顔をして歩いているのはむしろ普通の人たちだ。

 

もし、笑顔で歩いていも何も変わらないと思ってイメ人がいたら大間違いで、何もわかっていない人だ。

 

あなたの笑顔が行き交う人にプラスのエネルギーをあたえ、それがひいてはあなたに戻ってくるのである。

 

 笑顔をケチる人は、つまりいいエネルギーをいただくこともないということになる。

 

人にものを上げる人は貰い物も多い。自分から挙げなけれ馳せ貰えるはずもないのである。

 

 さあ、朝起きたら、鏡に向かって「にっ」と笑って、

 

一言「あなたって美しいわね」と呟きましょう!シンデレラになったつもりで。

 

そして、そのままの顔で出社しよう。

 

最初の内は、駅に着くまで持たないかもしれないが、習慣である。

 

意識して続けることに意味がある。「継続は力なり!」

 

「なんて人生は素晴らしいのだろう!」と思ってください。


 笑顔づくりは口角を上げて「ワイキキビーチでチーズとウィスキー」と覚えましょう。


「ワイキキ、ワイキキ、ワイキキ、ワイキキ」

「チーズ、チーズ、チーズ、チーズ」

「ウィスキー、ウィスキー、ウィスキー、ウィスキー」

と何回も唱えましょう。

 

そうするともうあなたは笑顔美人です。

 

 ※オマケの付録 笑顔の作り方 ワンポイントレッスン


好感度がアップする笑顔の作り方 実演

 

 大衆の中でキラリと光る人、それはファッションセンスのいい人でも、可愛い顔の人でもない。

 

笑顔の人であることを忘れないでね。

 

バレリーナのように胸を張って、凛として、笑顔で歩きましょう!

 

「笑う門には福来る」という諺があるが、笑う門には幸せはやってくる。

 

幸せの神様は笑顔が大好きなのですから。

 

 笑顔で幸せになれるのですから、やらない手はない。

 

ダイエットするより簡単だしずっと効果的なのですよ。

 

笑顔は周りの人を幸せにするばかりでなく、自分自身を幸せにするのです。

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 

 

以上は 松原惇子著 「ハッピーなわたしになる本」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

「いい人」ではなく、「思いやりのある人」を目指しましょう!

☆彡さり気なく気くばりできる人になろう

 

素敵な人は気配り美人

 

 人から良く思われたいという気持ちから離れ、人に喜んでもらいたいと純粋に思えるようになった時、その人は本当の意味で満足できる自分になれるのではないだろうか。

 

もしあなたが目指すなら「いい人」ではなく、「思いやりのある人」を目指すべきだ。

 人のことを思える人、つまり、「気くばりのできる人」。

 

気くばりのできる人は、見ていて美しい。若い人は気づいていないと思うが、年配の人は若い人がどれだけ気配りができるか、絶えず見ている。

 

「あの子はいいね。よく気が付く」どんなにニコニコ顔で応対しても、相手の気持ちに鈍感な人は、ただのいい子というだけだ。

 

 気配りのできる子は光っている。例えば電車の中で、網棚の荷物を取ろうとしていたら、「それ、取りましょうか」というる子は素敵だ。

 

 レストランで働く人の場合、お客が座りたい席に案内できる店員は気配りのできる素敵な人だ。

 

人と食事に行ったとき、相手に眺めのいい席を譲れる人も素敵だ。

 

そういうことをさり気なく、できる人を見ると、この人は幸せになるなあと心の中で思う。

 

人にあげた幸せは何倍にも帰ってくるもの。

 

人は見ていないようでよく見ているものだ。自分を見ているといつもそう思う。

 

というのは、私も口には出さないが、いつも外で会う人を見ているからだ。

 

お店で働く人を看ては「あの子の笑顔はなんて素敵なんだろう。誰に対しても同じだわ」

 

「あの子は気が利かないな。ほら、お客さんが注文したがっているのに」

 

というように、絶えずチェックしている。

 

 時々、ものすごく気の利く子を見るとお婿さんを紹介してあげたい気分になる。

 

人の想いは見えないが、空気のようにその人を包む。そして、増々その人は輝く。

 

 あなたの行動を誰かが見ている。

 

だから一番大事なのは、一生懸命にひたむきに生きることだ。

 

人から良く思われたいというやましい気持ちを捨て、自然体になった時、

 

初めて気配りのできる本当の意味での「素敵な人」になれるのではないだろうか。

 

Marriages are made in heaven.(縁組は天国でなされる)

 

縁は異なもの味なもの♪~ 


縁は異なもの / ダイナ・ワシントン

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 以上は 松原惇子著 「ハッピーなわたしになる本」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

等身大の自分でいつも勝負しよう! いい人とは「都合のいい人」なのでは?

 ☆彡等身大の自分でいつも勝負しよう!

 

あなたは「いい友達?」「いい恋人?」「いい妻?」

 

私(作者松原惇子)にもいい人だった時期があった。

 

お金を貸してと頼まれて、いやと言えず、貸してしまったことがある。

 

私は相手から見ると「いい人」だった。

 

ところが相手が何時までも返さないのでお願いしたところ

 

途端に「イヤな人」にされてしまった。

 

その時私は、「いい人」というのは「よい人」ではなく、

 

「都合のいい人」であることを思い知らされました。

 

いい人=都合のいい人

 

 無理をして、「いい人」でいるのは辛いものです。

 

あなたも「いい人」を演じている自分にうんざりすることがあるはずだ。

 

一度「いい人」を演じてしまうと、なかなかその役から降りられない。

 

「ゴメン、お金ないんだ。だから貸せない」と言ってしまえばいいものを…。

 

つい、相手の期待を裏切るのが怖くて、いい人を演じてしまう。

 

 

今になると、私は単に「都合のいい人」に過ぎなかったのだと、

 

客観的に自分を見ることができるが、

 

よく思われたいという気持ちを捨てて、行動することがいかに難しいか。

 

いい人」をしそうになったら、

 

もしかして自分は「都合のいい人」なのではと、

 

一度自分を疑ってみる必要があるのではないだろうか。

 

それから、行動しても遅くはないはずだ。

 

大事なことは人から「いい人」と思われることではなく、「自分に正直なこと」、「自分らしく生きること」なのです。

 

自分らしく生き、悔いのない人生を全うすることが大切ですね。

 

人生、反省はしても後悔はしないようにしましょう!

 

時には"NO!~"と言うことも人生においては必要なことです。

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 

 以上は 松原惇子著 「ハッピーなわたしになる本」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

「いい人」なんてもうやめよ~目指すのは「いい人」ではなく、「自分らしい人」なのだ!

☆彡「いい人」なんてもうやめよ~

 

◆よく思われたい気持ちから自由になろう


何時頃からだろうか人からどう思われてもいいとはっきりと言えるようになったのは?

 

 なぜ、そのように割り切れるようになったのかというと

 

「人生は短い。人の言うことを気にしている時間はない」

 

ということに気付いたからだ。

 

 人生は一瞬。人の目を気にして生きてる時間はないんですよ。

 

年齢は人生の師だ。

 

これまで生きてきた時間と残り時間を比べ、

 

残りの時間の割合が少ないと感じたときから私(作者松原惇子)は変った。

 

私はいま全然いい人ですない。付き合いは悪いし、気が乗らなければ約束も破る。

 

行きたくないけど、無理して、なんて、昔していたようなことはしない。

 

なぜなら、「いい人」と思われなくてもいいからだ。

 

今の私の中には、自分のことをほめたたえられるより、

 

むしろ無視されることを望む自分がいる。

 

人から好かれたいという気持ちを捨て、自分自身をしっかりとみて歩くようになると、

 

他人の目が全く気にならなくなるから不思議だ。

 

 人の評価がどうであっても、

 

充実して生きていけるというのは、人の目から解放されている証拠ではないだろうか。


◆不器用に生きたっていいじゃない


何時までも、人から評価されることを求めていては、

 

外ばかりに気が行くので自分を作ることはできない。

 

 昔なら、私のことをよく言ってたという話を聞くとうれしかったが、

 

今は私のことなんか話題にしないでと、心の中で思う。

 

人がどう思うかより、自分で自分が納得できる人に、

 

私はなりたいと思っているからだ。

 

 何とでも言ってちょうだい。そう思えるようになると、生きるのが楽ですよ。

 

不思議なことに、「いい人」をやめてそのままの自分で生きていると、

 

まわりに人が集まってくる。

 

人は本当は、「自分らしい人」に惹かれるのだ。

 

さあ、「いい人なんて、もうやめた」と声に出して、言ってみよう。

 

目指すのは「いい人」ではなく、「自分らしい人」。

 

変わっていても、不器用でもいいじゃない。

 

それが自分なのだから。自分に自信をもって生きようよ。

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 以上は 松原惇子著 「ハッピーなわたしになる本」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク