ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

夢を実現させる「言葉」の魔力を利用し、ラッキーカムカム! 西田文郎著「ツキの最強法則」より

 ☆彡ツキと強運の原則はこれだ・・・潜在意識を変えて「ツキ」を引き寄せる方法

 

◆夢を実現させる「言葉」の魔力を利用しよう♪~


万葉集にも出てくるが、先人たちは言葉を「言霊(ことだま)」と呼び、言葉には魂があると信じていた。

「嫌なことを言うと、嫌な心ができる」


「感謝の言葉を言えば、感謝の心が生まれる」

と言われていた。

 

「言霊」とはよく言ったものだ。

 

まだ脳の機能が知られていない時代から、先人たちは「言葉」と「思い」には深いつながりがあることに気づいていたのだ。

 

 現代でも、脳はまだまだ未知の分野だが、脳の研究が進んである程度分かってきたこともある。

 

能は、私たちが言葉を発すると、脳はその情報を潜在意識に記憶してネットワークを組み、ソフトを作り実行する。

 

「出来る」といえばできるし、「出来ない」といえば本当にそうなることが脳の機能的にも解明されているのだ。

 

 夢を実現させた成功者たちは、皆大いに夢を語り合っていた。

頭の中で自分の夢をリアルに思い描き、それを言葉に出す。

 語っているうちに、気持ちが高揚して、夢を体験したかのように感じて成功を確信する。

 脳は言い続けていることを実行するのだ。

 

 だから不平不満や愚痴、他人の悪口を言っていれば、自分で気づかないだけで、自分がその不満通りの人間となり、悪口のような行動を無意識にしてしまうようになるのだ。

 

これはやってはいけないイメージトレーニングである。

 

 もしマイナスのことを言ってしまったら、すぐにプラスの言葉に言い換えよう。

昔の人は、縁起の悪いことや、霊柩車などにあうと、「ツルカメツルカメ」「くわばらくわばら」等といって、脳の「不快」を「快」に切り替えていたのだ。

 

 それと同じように、上司に怒られて不機嫌になったり、何かが起こって落ち込んだりしたときは、それを引きずらないように、「今のはなし!」とか「忘れた!」といって、気持ちを切り替えるといい。

 

 これを「クリアリング」と呼んでいる。

 

言葉によって嫌なことや失敗をなかったことにするわけである。

 

 脳はあとでいった方、すなわち時間的に現在に近い情報を潜在意識に記憶する。

 

たとえば「この仕事は辛い」といっても、すぐに「でも、この仕事はやりがいがある。」と言い直せば、「やりがいがある。」という情報を記憶するのだ。

 

だから、マイナスのことを言ったらすぐに「クリアリング」することを習慣づければいいわけだ。

 

 脳は二者択一の法則で、同時に2つのことを記憶できない。

 

「楽しい♪~」と言いながら苦しいことを考えられない。

 

内心はどうあれ、「出来る♪~」「ツイてる♪~」といっていれば、自然とそうなる。

 

 言葉は思っている以上に「魔力」を持っているのだ。

 


一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は 西田文郎著「ツキの最強法則」より一部抜粋&加筆

 

※「くわばらくわばら」について
「くわばらくわばら」は落雷を防ぐための、おまじないの言葉として唱える。
災難から逃れるために唱える言葉。

●昔、菅原道真公は左遷された太宰府で無念にもこの世を去りました。
その悲しさと虚しさとうらみは、都に異変を起こします。
都では落雷などにより、亡くなる貴族もでてきました。

都人は菅原道真公の祟(たた)りだと恐れましたが、道真公の所領であった「桑原」には落雷がなかったそうです。

この「桑原」には落雷がなかったことから、落雷を防ぐ、
そして、災難から逃れる言葉として「くわばらくわばら」というようになったという訳です。

●昔話として、雷様が空から足を踏み外し、農家の井戸に落ちてしまいました。
驚いた農家の人が、雷様が出てこれないように、井戸にフタをしてしまいました。
驚いた雷様が言いました。
「私は桑の木が大嫌いなので桑原桑原と言ったら、その場所には雷を落とさないから、井戸から出してくれ。」といって井戸から出してもらいました。
この昔話から、雷を避ける、災難を避ける言葉として「くわばらくわばら」というようになったということなんです。

 

※くわばらくわばらの類語
ツルカメツルカメ(鶴亀鶴亀)
なんまいだぶなんまいだぶ(南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏のこと)
なむみようほうれんげきょう(南無妙法蓮華経)


西田文郎のプロフィール
西田 文郎(にしだ ふみお、1949年 - )は、日本におけるイメージトレーニング研究・指導パイオニア。東京都生まれ。株式会社サンリ 代表取締役 会長、JADA日本能力開発分析協会 会長、西田塾 塾長、西田会 会長。

主な著書
「NO.1理論」 (1997年・現代書林) ISBN 9784837976028
「面白いほど成功するツキの大原則」 (2001年・現代書林) ISBN 9784774503851
「人生の目的が見つかる 魔法の杖」 (2004年・現代書林) ISBN 9784774505626
「NO.1メンタルトレーニング」 (2010年・現代書林) ISBN 9784774512747
「かもの法則」(2009年・現代書林) ISBN 9784774511986
「ツキを超える成功力」 (2006年・現代書林) ISBN 9784774506937
「10人の法則」(2008年・現代書林) ISBN 9784774510514
「NO.1営業力」(2012年・現代書林) ISBN 9784774513591
「英断の言葉」(2013年・現代書林) ISBN 9784774514307 
「強運の法則」(2007年・日本経営合理化協会) ISBN 9784891012052
「人望の法則」(2013年・日本経営合理化協会) ISBN 9784891013370
「社長になる人はなぜゴルフがうまいのか?」(2010年・かんき出版) ISBN 9784761266905
「ツキの大原則」(2001年・現代書林) ISBN 9784837977582
「その気の法則」 (2012年・ダイヤモンド社) ISBN 9784478016107
「ウラ目の法則」 (2011年・徳間書店) ISBN 9784198631758
「他喜力」 (2011年・徳間書店) ISBN 9784198632939
「仕方ない理論」(2013年・徳間書店) ISBN 9784198636104
「ツバメの法則」 (2012年・徳間書店) ISBN 9784198635121
「一瞬で人生が変わる恩返しの法則」(2011年・ソフトバンククリエイティブ) ISBN 9784797359411
「ここ一番に成功する運とツキを呼ぶ方法」(2012年・創英社) ISBN 9784881425572
「赤ちゃん脳」(2012年・ワニブックス) ISBN 9784847091261
「NO.2理論」(2012年・現代書林) ISBN 9784774513805
「ツキを呼び込む究極の成功思考」 (2008年・インデックス・コミュニケーションズ) ISBN 9784757305182
「ツキの最強法則」 (2008年・ダイヤモンド社) ISBN 9784478004326
「予感力」 (2008年・イースト・プレス) ISBN 9784781600659
「5%の成功者の「頭の中」」(2009年・三笠書房) ISBN 9784837978145
「8つの実話が教えてくれた「最幸の法則」」 (2009年・ダイヤモンド社) ISBN 9784478009918
「7つの本気」(2011年・現代書林) ISBN 9784774513300
「1分間成功思考」(2011年・PHP研究所) ISBN 9784569676784
「NO.1理論 お金儲け篇」 (2011年・三笠書房) ISBN 9784837979418
エジソン脳をつくる「脳活」読書術」 (2010年・エンターブレイン) ISBN 9784047268319
「3つの約束」(2010年・イースト・プレス) ISBN 9784781604848
どん底はツキの始まり」 (2015年・角川書店) ISBN 9784048850766
「ツキと幸運がやってくる31日の習慣」 (2008年・インデックス・コミュニケーションズ ) ISBN 9784757305588

実績
指導・社員教育・講演先一例
JPモルガン・豊田自動織・NTT・松下電器富士通伊藤忠商事JRA竹中工務店JR西日本資生堂・ヤンマー・クボタ・アマダ・トクヤマ・三洋電器・東北電力北陸電力・第一勧業銀行・松下精工・日軽金・アイシンエーアイ・NTT-AT・ロックフィールドリーブ21他多数企業、各地商工会・青年会議所等多数。
スポーツ選手
野球
読売巨人軍選手・ヤクルトスワローズ選手・千葉ロッテマリーンズ選手・オリックスバファローズ選手等多数、甲子園出場高校多数
サッカー
ジュビロ磐田選手・清水エスパルス選手・浦和レッズ選手・東京ヴェルディ1969選手・柏レイソル選手・サンフレッチェ広島選手・FC東京選手・セレッソ大阪選手及び海外移籍選手等多数
バスケットボール
シャンソン化粧品女子バスケットボール部
バレーボール
東レ・アローズ・高校チーム他多数
陸上競技
オリンピック代表選手多数・箱根駅伝優勝チーム他多数
ゴルフ
プロゴルファーシード選手等多数
競輪
競輪S級選手等多数
競艇
競艇選手多数
プロボクシング
世界チャンピオン及び世界ランカー他

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク