ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

"運をよくするカギ"は「意識することにある。」

おこしや~す♪~

 

 

☆彡「運と幸せをつかむシンプルルール」

◆「意識すること」

 

「運」というのは、ただ待っているだけでは決して舞い込んでくるものではありません。

 医師としての立場から見ると、「運がいい」のも「なんとなくツイていない」のも、実は科学的理由があるのです。

 それは言い換えれば、「健康運」「恋愛運」「仕事運」などなど…etc.、すべての運はあなた自身の手で、よりよいものに作り替えられるということ。

 たとえば、オリンピックなどの大きな大会でメダルを取るのには運も必要だといわれますが、その運も選手が自ら作り出したものなのです。

 では、"運をよくするカギ"とはいったい何でしょう。

それはずばり、「意識」です。運とは意識するだけで、よくなったり、悪くなったりするのです。

でも、「意識」と言われても、何をどう「意識」したらいいのでしょうか?

 そこで今回は誰でも今すぐお試しいただけるものをご紹介します。

 

◆「1:2の呼吸法」
まずはリラックスして、ゆっくりひとつ、「ふ~っ」と深呼吸してみましょう。

鼻から3~4秒息を吸ったら、今度は口をすぼめ、6~8秒かけて細く長く、ゆっくり息を吐きだします。

これが自律神経を安定させる呼吸の基本です。

 この 「1:2の深呼吸」を続けながら次のことをゆっくり7回、意識してみてください。

「私は、もともと幸福な人だ。なぜなら、今、ここでこうして生きているのだから。」

 はい、大変結構です。

 気分はどうでしょうか?これまで沈んでいた心がなんとなく明るくなって、体がすっきりしてきた感じがしませんか?

 簡単すぎましたか?

 でもね~、これを意識することから、あなたの「心」と「体」は今よりずっといい方へ変わっていきます。

 どんなに、お金があっても、美貌に恵まれていても、それだけでは"最高の幸せ"とは言えません。

「今、ここにこうして、生きているということほど奇跡的で幸運なことはない」というのは、生死の境に直面した時初めて、皆さんが自覚することです。

 ですから、「今、生きていることこそ最高の幸福である」ということを思い出し、ゆっくりと「心と体」にしみ込ませるように意識することで、あなたの人生は確実に、よい方向に動き始めます。

 ストレスで、乱れていた貴方の自律神経のバランスがすっきり整ってきて、体の奥からなくしていたはずの小さな自信も湧いてきて、心の奥深くで凝り固まっていたものがほぐれてくる。

そう、これがスタートなのです。

◆「感謝すること」

 朝と晩、1回づつでいいから「こうして奇跡的に命がある。生きていることだけでも自分は最高に幸福なのだ」と、意識すること。

有難いと感謝の気持ちを持つこと。

そして、それを気楽に、7日間続けること。

それだけで、不思議なくらい、毎日が輝き、充実してくるはずです。

心が安定し、体が健康になるのはもちろん、仕事や勉強、家事もうまく・・・。

 そんないい変化がきっと手に取るように実感できる様になることでしょう。

楽しく体験してみてください。

 


☆彡今日の一言
❶"運をよくするカギ"は「意識することにある。」

➋「1:2の呼吸法」で自律神経を安定させる

❸ 朝と晩、1回づつ「こうして奇跡的に命がある。生きていることだけでも自分は最高に幸福なのだ」と、意識すること。

❹全てのことに『有難い』と『感謝』することですべてが好転し始める


人生は一度だけ、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は小林弘幸著「ストレスをリセットして、人生を変える。」より一部抜粋&加筆

 

★小林弘幸(こばやしひろゆき)
1960年 埼玉県生まれ
87年 順天堂大学医学部卒業
92年 同大学大学院医学研究科修了
勤務
ロンドン大学付属英国王立小児病院外科
トリニティ大学付属医学研究センター
アイルランド国立小児病院外科
順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任
現在は、自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。
著書
『聞くだけで自律神経が整うCDブック』(アスコム
『「3行日記」を書くと、なぜ健康になれるのか?』(アスコム)
『快眠したければ「首」を緩めなさい』(小学館)
『人生を決めるのは脳が1割、腸が9割!「むくみ腸」を治せば仕事も恋愛もうまく行く』(講談社)などなど…etc.

スポンサーリンク  
スポンサーリンク