ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

「年だなあ」と感じた時の魔法の引き寄せ言葉とは?

☆彡今日の魔法の引き寄せ言葉 

 

「最近、疲れが取れないなあ、もう年なのかな」

「女子高生を見ると、20代の私ももうおばさんだなあ」

「もうあんなに若い子たちと一緒にはしゃげないなあ」などなど…etc.

 

と言ってるそこのあなた♪~引き寄せの法則」では「貴方が思ったり、考えたりすることが現実化する」という法則なんですよ。

 

 しかも「貴方が頻繁に思ったり、考えたりすること」は必ずその通りになるというものなんです。

 

つまり、あなたがいつもいつも、「ああ、私はもう年だ」とか、「年が年だからね」などとばかり言ったりしていると、ますます「老け込み」を加速させてしまいます。

 

 これは若い人だって同じことです。若い方でも妙に老け込みが早い方がいますが、きっとご自身で「ああ、もう年だ」などと繰り返しているに違いありません。

 

そこで今日の魔法の引き寄せ言葉です。 「いえいえ、私はまだまだ若い、若い」とつぶやきましょう。

 

 「引き寄せの法則」では繰り返して言ったり、思ったりしていると現実となってしまうのです。

ならば、逆に「私はまだまだ若い、若い」と常に言って思っていると「若さが保たれるということです。」

少なくても、「自分は年だなあ」なんて思わないようにしましょう。

 

 どうせ、同じように年を重ねていくのなら、いくつになっても素敵で、さらなる夢を追いかけていたり、新しいことにチャレンジしたりしている自分でいたほうがいいですよね。

私はいつも"青春"だ♪~

 


※ "YOUTH" 青春                
               サムエル・ウルマン
                岡田義夫訳

  青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ
  優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心
  安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

  年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる
  歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ
  苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
  精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう
  年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か

  曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる
  事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く
  求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

     人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
     人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
     希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

  大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大そして
  偉力と霊感を受ける限り、人の若さは失われない
  これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
  皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ
  人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる

『青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。青春とは、心の若さである。

人間は年齢(とし)を重ねた時、老いるのではない。理想をなくした時に老いるのである。

信念や希望を持ち、チャレンジ精神があればいつまでも青春である』

 

※参考図書青春

 

青春とは

青春とは

 

 ★サミュエル・ウルマン(Samuel Ullman, 1840年 - 1924年)は、アメリカ合衆国の実業家、(詩人、教育者)。ドイツ・ヘッヒンゲン (de:Hechingen) の生まれ。ユダヤ系ドイツ人であったため、迫害を避けアメリカへ渡る。 アラバマ州バーミングハムに住み、荒物商を営みながら執筆を続けた。80歳の記念に自費出版した『80歳の歳月の高見にて』に収められた詩"YOUTH"(青春)は名高い。この詩は第二次世界大戦後、アメリカの雑誌リーダーズ・ダイジェストに掲載され、連合国総司令官を務めたダグラス・マッカーサー元帥が座右の銘として執務室に掲げたことから、日本でも知られるようになった。経済界の先に立つ人物の間では古くから有名で、松下幸之助座右の銘として紹介してからさらに広まった。

 

 ※私がオバさんになっても♪~ 森高千里


森高千里 - 私がオバさんになっても ('92)

 


☆彡今日の一言

❶「年だなあ」と感じた時は「私はまだまだ若い、若い」とつぶやきましょう。」

➋毎朝鏡に向かって「貴方っていつもきれいね」と言ってみましょう♪~

キレイな人はよりきれいに、そうでない人はそれなりにきれいになります。


人生は一度だけ、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~



Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 


以上は水谷友紀子著『あなたも必ず「引き寄せ」の達人になれる!』より一部抜粋&加筆

 

 

あなたも必ず「引き寄せ」の達人になれる!  人生が輝く魔法の言葉

あなたも必ず「引き寄せ」の達人になれる! 人生が輝く魔法の言葉

 

 

★水谷友紀子
水谷 友紀子(みずたに ゆきこ/1963年-/女性)は、神奈川県川崎市出身の自己啓発コーチ、著述家。ミズーリ大学ジャーナリズム学部を卒業後、国会議員公設秘書や市議会議員などを歴任。2011年に処女作出版と同時に自己啓発コーチとして活動を開始。以来、執筆活動とともに全国各地で講演、セミナー、個人コーチングを行っている。
幼少期より数々のスピリチュアルな体験を重ね、「目には見えない何かがある」「人生の真実を知りたい」と思い続け、26歳の時に偶然、「引き寄せの法則」を発見 !
初めて意識的に使ってみた「ビジュアライゼーション(イメージする)」により、いきなり3つの大きな奇跡が起こり、「夢は叶う !」「思考は現実になる !」と体感。
以来、20年以上にわたり普通の生活をしながら自分自身や自分の人生を実験台に「意識・心」「思考・イメージ・感情」「引き寄せの法則」などを徹底的に研究し続け、「人生を思い通りにする方法」を確立 !その間、「理想の仕事」「出版」「パートナー」「望んでいたモノ」「旅行」「マンション」「お金」「願った状況」「留学」などなど、引き寄せたものは数知れず、「奇跡」や「魔法」が「当たり前の日常茶飯事」に…。 2011年、処女作出版と同時に「自分の可能性を最大限に発揮しよう !」をコンセプトに、自己啓発コーチ「ハートのコーチ」として活動を開始。
以来、執筆活動とともに講演、セミナー、個人コーチングなどで全国を飛び回り、コーチングのクライアント、セミナー受講者、読者の方々から「私も引き寄せました !」との感謝の声や体験談を山のようにいただく日々が続いている。
主な著書に『みるみる願いが叶う引き寄せ手帳のつくり方/宝島社』『あなたの中の「引き寄せ感情」に気づいていますか? イメージするよりも、もっと大切なこと/大和出版』『誰でも「引き寄せ」に成功するシンプルな法則/講談社』『私も運命が変わった!超具体的「引き寄せ」実現のコツ/講談社』『面白いほど幸運を引き寄せる「創造力」の磨き方 ほんの小さな心がけひとつで、あなたの人生は思い通りになる/廣済堂出版』『「ご機嫌」でいれば、「奇跡」がついてくる!「引き寄せ」に成功する毎日のヒント/講談社』『人生がまるごと変わっちゃう「理想の彼」を引き寄せる方法/大和出版』『人生は、思い通りになる! 豊かさを引き寄せる簡単な法則/PHP研究所』『ほしいものが次々と手に入る「引き寄せノート」のつくり方/大和出版』『自分をリセットして、願いを叶える!「引き寄せ」練習帖 奇跡を実感する!/講談社』『つながりの法則 本当の「引き寄せ」は人が運んでくる/大和出版』『やればやるほど実現する!「引き寄せ」に成功する人がやっている小さな習慣/講談社』『幸運「引き寄せ言葉」のつくり方 その一言が人生を変える!/大和出版』『私も運命が変わった!超具体的「引き寄せ」実現のコツ/講談社』『人生が好転する!「引き寄せ」のしくみ/講談社』などがある。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク