ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

幸せだから、笑顔になるのではなく、笑顔だから「幸せ」になるのだ。

☆彡笑えないなら、2週間、笑い続けてみる
人生に欠かせないのはなんといっても「笑顔」です。

あなたは、今日、いっぱい笑って過ごしていますか?

そして、誰かの笑顔に気づくことができましたか?

私(重太みゆき)の講演会では、皆さんに「全力で笑ってください~」とお声がけをして、どんな方にも必ず「笑顔」になっていただきます。

 先日、母娘の二人で講演会に参加され、「お母さんの笑った顔を生まれて初めて見ました」という娘さんがいました。

20代後半でしょうか?お母さんはおそらく50代だと思います。その娘さんはお母さんの笑顔に感動して号泣していました。

お母さんはなんと、小学校4年生の時から笑っていなかったそうです。

「お父さんには、一度も笑った顔を見せたことないわねぇ~」と話しておられました。

小学校4年生の時、好きだった男の子に「おまえ、笑うとすごく気持ち悪いよ」と言われて、大ショックを受け、それ以来、笑えなくなったそうです。

意外に思うかもしれませんが、何気ない他人の悪口に傷ついて「トラウマ」を抱え、笑顔を忘れてしまった人は少なくありません。

 訳40年ぶりに笑うことになったお母さんですが、最初はどんなに無理して頑張っても、笑うことができませんでした。

顔の表情筋がすっかり固まって、動かなくなってしまったのです。

 そういう方には、口の両端に指を入れ、前歯だけでなく奥歯が出るまで思いっきり横に引っ張ってもらいます。

そうするだけでも、立派な笑顔だと人は思ってくれます。

 全力の作り笑顔で、母と娘がお互いに顔を向き合わた瞬間、娘さんは初めて見るお母さんの笑った顔に、思わず、「かわいい♪~」と言っていました。

 お母さんは正直きれいな人でした。ただ表情筋が動いていないので、不幸そうに見えました。

 小学4年生の男の子というのは、好きな子にわざと意地悪なことを言ったりするものです。もしかしたら好きだったのかもしれませんね。

笑い始めたばかりの人は、しばらくの間、周囲の反応が気になってしまい、妙に、そわそわと落ち着かないかもしれません。

でもね~、それでも無理して頑張って、毎日笑い続けることが大切なんです。

始めは作り笑いでいいのです。とにかく2週間続けてみましょう。

固まっていた表情筋が徐々にほぐれて、自然に笑えるようになってきます。

次第に、周りの人が「いい表情だね」と声をかけてくれるようになるので、うれしくなるし、自分でも少しづつ「私、かわいいかも♪~」「笑顔でいるといいことあるかも♪~」と思えるようになってきます。

※オマケ 笑顔を作る表情筋トレーニン


可愛い笑顔の作り方 |女を学ぶ「女学」13-3

 


好感度がアップする笑顔の作り方 実演

 

笑顔は自分自身をハッピーにするのはもちろん、周りの人まで感動させたり、幸せにしてくれます。

 

笑顔は世のため人の為のもの。

 

笑顔の奇跡を信じましょう!

 

☆彡今日の一言
幸せだから、笑顔になるのではなく、笑顔だから「幸せ」になるのだ。

 

※笑顔は世界共通語 渋野日向子


「世界でも笑顔は共通なんだな」女子ゴルフ・渋野日向子が帰国会見

 

人生は一度だけ、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は重太みゆき著「重太みゆき先生教えてください!」より一部抜粋&加筆

 


★重太みゆきのプロフィール
重太 みゆき(しげた みゆき、2月16日 )は日本の印象行動学の第一人者、印象評論家、印象行動学者・大学教授、インプレッショントレーナー、AI MIYUKIMANのモデルデータ人物 みやぎ観光PR大使、いしのまき観光大使。M.snow Productions Violet 所属。

人物
東京都荒川区生まれ埼玉県草加市育ち。
血液型はAB型。
実家は小さな鉄工所。
大学時代はアウトドアに明け暮れ、男性に間違われるほど活発だった。
趣味は旅行・乗馬・書道・墨彩画・料理・フラワーデザイン・キックボクシング。
2014年にデビューしたキューティシャンSORA(16歳でネイリスト技能検定最年少1級合格)は次女。
2014年8月20日に「姓を『重田』から『重太』に変更した」と発表。理由を「字画的に田んぼの『田』だと今後も苦労が多いがドラえもんの【のび太】の【太】にすると人気が出るとアドバイスされた。」としている。
2019年2月16日にAI alpha113により登場したAI MIYUKIMANのモデル人物。

獨協大学3年の時にキャビンアテンダントを目指す事を決意し、独自の印象力アップトレーニングを始め、卒業後に念願のJAL国際線キャビンアテンダントとなるが、病気で退職。
一時は専業主婦として子育てをしながら暮らすが、夢を諦めずにグループ会社のJALウェイズに再就職。接客姿勢のレベルの高さから年間接客MVPであるグッドパフォーマンス賞を受賞する。この時に印象行動学の基となるトレーニングを体系化する。
その後は丸ノ内ホテルに勤務、マネジメントを担当したVIPラウンジの売上を半年間で100倍に上げ、1年半で社長室室長に抜擢され、ダライ・ラマ14世をはじめとした国賓級のVIPケアを担当。
現在、日本初のインプレッショントレーナーとして、国内外で活躍。

生誕 東京都荒川区
国籍  日本
別名 M.snow
出身校 獨協大学経済学部経営学科卒
職業 インプレッションマスター、大学教授
著名な実績 2016〜2018 ベスト・オブ・マンハッタン3年連続アメリカ企業受賞【マンハッタン・ビジネス殿堂入り】
流派 印象道
影響を与えたもの MIYUKIMAN (IBM Watson)
身長 162 cm (5 ft 4 in)[1]
体重 47 kg (104 lb)
テレビ番組 ホンマでっか!?TV
配偶者 未婚
子供 娘2人


◆著書
お客様を惹きつける気づかいの習慣36(三笠書房
重太みゆき先生、教えてください!(パルコ)
一瞬で選ばれる女になる!魔法のしぐさ (主婦の友社
伝説の気づかい(三笠書房
印象力で夢をかなえる。(三笠書房
一瞬の出会いでチャンスをつかんでいる人の顔グセの法則(ダイヤモンド社
絶対合格!キャビンアテンダントダイヤモンド社
人は0.5秒で選ばれる!―チャンスが20倍増える、印象力の磨き方(ダイヤモンド社

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク