ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

「反省はしても後悔はするな!」

 ☆「反省はしても後悔はするな!」

 

後悔とは何でしょうか?

後悔するかしないかを決めるのは誰なのでしょうか?

誰でもありません、自分ですね。

自分が後悔という心理作用をしているのですね。

ですから、

後悔しないと自分が思えば、後悔はしないのです。

 自分がしたどんな決断も後悔しない

そう心に決めてしまえばいいのです。

難しい?

それはたぶん、後悔と反省をごちゃまぜに考えているからです。

 後悔と反省は違います。

反省は「今度からはこうしようと学習した」と考える態度です。

反省は、今度同じような分かれ道があったら次はこうしようと「経験」を学ぶことです。

未来の分かれ道に意識が向いていることです。

反省はすればするほど、人生の運転は上手になりますから、反省は大いにしましょう。

 でもね~、こうかいは違います。

 後悔は分かれ道に戻ってやり直したいと思うことです。

 過去の分かれ道に意識が残っていますから、人生が進みません。暗くなります。


◆後悔しない練習をしよう

「後悔しない決断をすればいいのか、じゃあ、後悔しないように慎重に検討しよう」と、普通「頭」は思います。

でもね~、それを始めると、必ず検討のし過ぎになります。

これも危険だ、これも失敗の危険性がある、これはどうか、あれはどうかと、いつまでも決断できなくなります。

 「後悔しない決断」をするためには、決断するとき、「この決断を後で後悔しない」と自分で決めればよいだけです。

 後悔は自分でしているものですから、その未来の自分の行動を今から規制しておけばよいのです。

 「私は、今から決断する。でも決してこの決断で後悔はしない。」

 そう自分自身と約束して決断すればよいのです。


 ちょっと「後悔しない練習」をしてみましょう。

「私は今から、昼飯のメニューを決断する。そして、決してこの決断で後悔しないと誓う。」と思って、ざるそばかカレーライスかを迷っていましたが、カレーライスを食べたいのでそれを注文しました。

 しかし、テーブルに着くと、同僚がおいしそうにざるそばを食べています。

「ああ、ざるそばにすればよかった」と思ったら約束違反です。後悔しない約束ですから、

 そこで、カレーライスをニコニコして「ああ、おいしい、これが食べたかったんだ」といいましょう。

 後悔しないという自分との約束を守るのです。

そうすると、同僚が「私も、カレーライスにすればよかった。」と言うかもしれません。

 さらにもう一つ「後悔しない練習」をしてみましょう。

 結婚を決めるときに、選択はいろいろありましたが、迷った挙句、

 「私は今から、この人と結婚する。そして、決してこの決断を後悔しないと誓う」と思って結婚しました。

 長い結婚生活の中には、いろんなことがあります。

 予想だにしなかったこと苦労や悲しいこともあります。すべて順調にいくとは限りません。

 でもね~、「ああ、ほかの人と結婚すればよかった」と思ったら、それは後悔です。

 自分自身との約束違反です。

 後悔しない約束ですから「楽しいこともつらいこともいろいろあるけれども、私はこの人と結婚したかったのだ」と思います。

 すると、同じ苦労でも、「ああ、いろいろな経験ができてうれしい、これが人生なんだなあ」と思えます。

 後悔はしないのですから、巡ってきた苦労も何もかも受け止めて、「それは学習だ、レッスンだ、自分を成長させるためのものだ」と考えればいいのです。

そう思えると、どんな苦労も有難い気がしてきます。

 すると隣の奥さんが「いつも幸せそうですね」ってうらやましがるかもしれません。

◆人生を無駄にしない
 ちょっとしたコツです。

「何事ね後悔しない」とただ天にそう決めるだけです。

 実は、人生に後悔すべきことは何もありません。

 ですから、後悔はどんな公開もすべて無駄です。

 無駄なことをしていると、今度は人生が無駄になります。

 何事も「後悔しない」と決めると、決断は軽快にできるようになります。

 決断が軽快にできるようになると、人生がどんどん進みますから、いろんなことに出会います。

 人よりたくさんの道を選んでいますから沢山経験もできます。

 学習はどんどん進みます。

 そのうち、学習が進んでくると、軽快に決断しても、間違うことは少なくなってきます。

 ついには、軽快に、しかも正しく合理的に決断ができるようになってきます。

 人生で多くのことを達成する人とそうでない人の差は実はこの辺りにあります。

 人生を愛情豊かにカラーで過ごしている人と、淋しくモノトーンですごしていく人の差はこのあたりにあるのです。

 「決して後悔しない」という態度がキーポイントです。


☆彡今日の一言
①人生において「決して後悔しない」と決める。

②失敗という人生はない。

③失敗と思ったら、1時間だけ思いっきり泣いてみよう

④失敗は成功の上書きをし、消し去ること。


一度っきりの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は宝彩有菜著「人生が楽しくなるちょっとした考え」より一部抜粋&加筆


宝彩有菜(ほうさい ありな)
広島県生まれ。大阪大学経済学部卒業。瞑想家、エッセイスト。
宝彩瞑想システム研究所所長をつとめ、日常でできる瞑想法を実
践、指導し十余年になる。また、自身の瞑想体験から、深い人間
心理の洞察に基づいて書かれた作品には定評がある。
主な著書に『「悩み」を「幸せ」に変えちゃう本』(PHP研究
所)、『「考えすぎない」練習帳』(王様文庫)、『気楽なさとり方』
日本教文社)、『始めよう。瞑想』(光文社知恵の森文庫)『人生が楽しくなるちょっとした考え方』(大和書房)他多数。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク