ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

ささやかな幸せに気づくには『自分にご褒美を与えよう!』ブレット・ブルーメンソール著「毎日の暮らしが輝く52の習慣」より

☆彡毎日の暮らしが輝く52の習慣

☆ささやかな幸せに気づく

 

◆『自分にご褒美を与えよう!』

自分へのご褒美は満足感につながりますし、すでに成し遂げた大変な仕事を評価するとともに、将来の難しい仕事への意欲を生むという目的にもかないます。

 特に難しい課題をやり遂げたことに対するご褒美は将来の成功にもつながります。

過去に成功し、それにご褒美を与えていれば、新しい挑戦からどんな利益が得られるかも思い描くことができます。

 10キロの減量や禁煙などの長期的な目標の場合、ご褒美を用意しておくことで、達成までの努力の道のりもやりがいのあるものになるわけです。

 献身や努力、重労働がきちんと認められないままだと、幸福度が下がりストレスへの対処能力が損なわれ、ついには、生産性や、実績も落ちてしまいます。

人は努力が認められないと自尊心がむしばまれていくのです。

 自分にご褒美を与えれば、達成したことへの満足感が味わえ、自信と幸福度が上がります。

 

☆彡新しい自分になるために今すぐできること

 

①過去に達成したことを書き出してみよう
まず自分が何かを成し遂げたと認めること。1.~3.の手順でリストにして振り返ること。
1.自分が誇りに思う大きな成果を5つ書きましょう。
2.成功する為にやったことの説明
3.達成したことをどのように感じたか。
落ちこんだり、やる気をなくしたりしたときにいつでもこのリストを見てやる気を取り戻そう。


②自分をたくさん褒めてあげて
自分に対してはたくさん褒めてあげましょう。
カフェでスィーツを楽しむのもいいですね。

 

※「初めて自分で自分をほめたい・・・」


名言「初めて自分で自分をほめたいと思います」有森裕子


③頑張っている途中でも小さなご褒美を
長期にわたる目標には途中で自分をねぎらう方法も考えましょう。

大きな目標は途中でチェックポイントを設け、それぞれに適したご褒美を用意するといいでしょう。


④他の人と分かち合うと効果倍増
他の日と一緒に祝うのもおすすめ。
プライベートな目標達成には大切な人や家族と祝いましょう。

仕事上の目標達成ならば親しい同僚と一緒に祝うことで繋がりが得られ一人で祝うよりも効果が格段に上がります。


⑤ご褒美には心から欲しいものだけをセレクト
課題や目標を達成したくなるようなものをご褒美にしましょう。


⑥頑張った自分を尊敬してあげて
職場では金銭的な誘因よりも、称賛や評価の方が効果も高く、満足度も上がります。
自分に対しても物質的なご褒美だけでなく誇りや系伊勢表現することが大切です。

 


⑦達成感をしっかり味わいましょう
大きな目標を達成した時には、リラックスして成功の余韻に浸りましょう。次の目標に向かうために必要な休養を心に与えることができるからです。

 

⑧お勧めは「ご褒美日記」をつけること
達成したことや、その結果得られたご褒美を記録していくと後で振り返るたびに大きな自信が得られます。

途中で、イライラしたり、ココロが折れそうになった時に「ご褒美日記」を振り返って心のよりどころとしましょう。


※今日の一言
「自分の人生を褒めたたえ、称賛すればするほど、賞賛すべきことが増える。」
オプラ・ウィンフリー(アメリカのテレビ番組司会者)

オプラ・ウィンフリー
オプラ・ゲイル・ウィンフリー(Oprah Gail Winfrey, 1954年1月29日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、テレビ番組の司会者兼プロデューサー、慈善家である。司会を務める番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』はアメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価され、多数の賞を受賞している。
彼女は20世紀以降のアメリカで最も裕福なアフリカ系アメリカ人、かつては世界唯一の黒人の億万長者であった。また、アメリカの歴史で最も偉大な黒人の慈善家でもある。彼女はいくつかの評価によって、「世界で最も有力な女性」と称される。
2006年にバラク・オバマの初期の支援者になった

彼女の血筋は89%はブラックアフリカ人で、8%はアメリカインディアンで、3%が東アジア人の系統らしい。

俳優
テレビドラマや映画に多数出演し、女優としてアカデミー助演女優賞にノミネートされたこともある。
慈善家
慈善活動にも熱心で、250億円とも推定される寄付をこれまでにしたとされる。
2007年にアフリカに小学校を2校設立した。
2009年10月、アメリカのチャリティー団体The Giving Back Fundが2008年の「寄付額が最も多い有名人」を発表し、240万ドル(日本円で約2億円)を寄付して6位にランクインした。

資産
経済誌『フォーブス』によると、20世紀のアフリカ系アメリカ人の中では一番の資産家となり、2004年までの時点で黒人唯一のビリオネア(10億ドル以上の資産家)である。同誌が2007年1月に発表した「億万長者の女性セレブリティランキング」では、総資産約15億ドル(当時の換算で約1800億円)で1位となった。2007年に同誌が発表した「著名人100人番付」でも1位となった。
2008年に経済誌『フォーブス』が収入や名声に基づいた『パワーランキング』を発表し、収入が2億7500万ドル(日本円で約275億円)で1位を獲得した。
2010年7月23日付の『TV magazine』でTVスターたちのギャラが発表され、『オプラ・ウィンフリー・ショー』のギャラが年間3億1500万ドル(約268億円)になることがわかり、トークショー司会者部門で1位を獲得した。
2010年12月、経済誌『フォーブス』が「エンターテインメント業界で最も稼いだ人物」を発表し、3億1,500万ドル(日本円で約258億3,000万円)を稼いで1位にランクインした。
オプラ・ウィンフリー・ショー』の1年間の報酬は2億6000万ドル(約200億円)で、アメリカテレビ界随一の高給取りである

 


【感動名言】一瞬で人生が変わる名言集  オプラ・ウィンフリー1


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は ブレット・ブルーメンソール著「毎日の暮らしが輝く52の習慣」より一部抜粋&加筆 手嶋由美子&ディスカバー訳

 

 原題は"52 small changes for the mind"です。


52 easy changes for the mind

 

★ブレット・ブルーメンソール(Brett Blumenthal) のプロフィール
自己啓発書のベストセラー作家。
健康や幸福などを手に入れるにはどうすべきかをテーマにハフィントンポストやヤフーといった人気サイトに登場。ニューヨーク・タイムズウォール・ストリート・ジャーナルなどの媒体で取り上げられる。
NBC FOX CBS等のテレビ番組に出演している。
コーネル大で学士号、コーネル大ジョンソンでMBAを取得、WELCOA(米国ウェルネス・カウンシル)とAFAA(米国エアロビクス&フィットネス協会)の認定取得

スポンサーリンク  
スポンサーリンク