ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

『究極の自己暗示』は「六方拝」で感謝することだ! 西田文郎著「ツキの最強法則」より

 

☆彡ツキと強運の原則はこれだ

◆人生が楽しくなる「最強思考」を身に着けよう!

『究極の自己暗示』

自分の潜在意識を変えて、成功するソフトに組み替えるには脳への問いかけ、つまり「自己暗示」が重要だ。

 これはスポーツ選手をサポートするときに非常に役立つブレイントレーニングなのだが、ビジネスを始め実生活でも応用が利く。

 この時に、「思い」「言葉」「行動」を伴うのがポイントなのだが、このことは脳の仕組みがわかっていなかった3000年もの昔から人類が編み出した知恵だ。

 

それは宗教の「拝む」という行為である。

 どんな宗教でも、思いを込める、

そして、南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」、「アーメン」といった言葉がある。

 

 肯定的な祈りの言葉をつぶやき、さらに手を合わせる、目を閉じる、十字を切るといったボディランゲージが必ずある。

 これは究極の肯定的な脳のコントロール方法ともいえる。

だからこそ、ずっと何百年、何千年をかけて引き継がれてきたものであり、それによって多くの人々が救われてきたのだ。

 

 私(西田文郎)が子供のころは、感謝することを自然と身に着けてきた。

 たとえば、ご飯を残すと母に、「お百姓さんが一生懸命作ったんだよ。それを残したら罰が当たって、目がつぶれるよ。」と叱られたものだ。

 

 お百姓さんに感謝しなさい、大自然に感謝しなさい、という情報を無意識のうちにインプットされてきた。

 

 「六方思考」の基本となるのは、お釈迦様の「六方拝」である。

 

 お釈迦さまは、まだ脳の働きが解明されていない古代から「六方」に基づいた思考を唱えていた。

お釈迦様が教える「六方拝」は『「東・西・南・北」と「天・地」の六方で、すべてに感謝しなさい。』

というものだ。

「東に向かい、自分を生んでくれた両親、ご先祖様に感謝しなさい。」

「西に向かい、家族に感謝しなさい。」

「南に向かい、お世話になった師に感謝しなさい。」

「北に向かい、友人や知人に感謝しなさい。」そして、

「命を守ってくれる天と命を育んでくれる地に感謝しなさい。」

お釈迦様の「六方拝」はすべてに感謝しなさいと教えている。

 

 古代、人類がこんなに豊かで、こんなに楽ではない時代に、お釈迦様の「六方拝」は扁桃核の不満を癒し、人を生かし、人々の幸せを導いてきた。

 

 私がお釈迦様の「六方拝」を知ったのは父が亡くなったときである。

母が父の仏壇に向かって毎日拝んでいた。「何をそんなに拝んでいるのか?」と聞くと母は、「お父さんとお前のこと、それからご先祖様、親せきの人たち、友達、いろんな人たちに「感謝」しているんだよ」と答えた。

そこで初めてお釈迦様の「六方拝」を知ったのだった。

 

 今度は母が亡くなった自分も同じように、「六方拝」を始めるようになった。

 するとこの効果は素晴らしいものだということが判明した。

 朝、感謝することで、一日が爽やかに始まることに気が付いたのだ。

「何かいいことがありそうだ」

「今日はツイてる」

このような感情が自然に生まれてくるのだ。

 

 実は、これは、ブレイントレーニングでいう「サイキングアップ」、いわいる一日をツキのある状態で過ごすためのトレーニングを行ったのと同じであったのである。

昨日までに、どんな嫌なことがあったとしても、朝、拝むことで、脳を「快」の状態に新しく塗り替えをし、よい予感が持てるようになり、よいイメージや感情が生まれるのだ。

 無意識に嫌な想いや失敗を忘れさせてくれるクリアリングと同じだ。

 さらに、六方に感謝することで、脳の扁桃核が「快」になり、すべてのパワーが自分を応援してくれているという気持ちになれる。

 

私(西田文郎)はそれ以来今まで毎日欠かさず行っている。

 

 実は、女子ソフトボールの日本代表チームにも、オリンピック開催の1年以上前からやっていただいた。

結果見事に金メダルを勝ち取った。

 

現在では、日常生活で「拝む」という行為をやっている人は少ないかもしれない。

 

これを意識的にやろうというのが「ツキの最強法則・ブレイントレーニング」なのである。

 


一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は 西田文郎著「ツキの最強法則」より一部抜粋&加筆

 


西田文郎のプロフィール
西田 文郎(にしだ ふみお、1949年 - )は、日本におけるイメージトレーニング研究・指導パイオニア。東京都生まれ。株式会社サンリ 代表取締役 会長、JADA日本能力開発分析協会 会長、西田塾 塾長、西田会 会長。

主な著書
「NO.1理論」 (1997年・現代書林) ISBN 9784837976028
「面白いほど成功するツキの大原則」 (2001年・現代書林) ISBN 9784774503851
「人生の目的が見つかる 魔法の杖」 (2004年・現代書林) ISBN 9784774505626
「NO.1メンタルトレーニング」 (2010年・現代書林) ISBN 9784774512747
「かもの法則」(2009年・現代書林) ISBN 9784774511986
「ツキを超える成功力」 (2006年・現代書林) ISBN 9784774506937
「10人の法則」(2008年・現代書林) ISBN 9784774510514
「NO.1営業力」(2012年・現代書林) ISBN 9784774513591
「英断の言葉」(2013年・現代書林) ISBN 9784774514307 
「強運の法則」(2007年・日本経営合理化協会) ISBN 9784891012052
「人望の法則」(2013年・日本経営合理化協会) ISBN 9784891013370
「社長になる人はなぜゴルフがうまいのか?」(2010年・かんき出版) ISBN 9784761266905
「ツキの大原則」(2001年・現代書林) ISBN 9784837977582
「その気の法則」 (2012年・ダイヤモンド社) ISBN 9784478016107
「ウラ目の法則」 (2011年・徳間書店) ISBN 9784198631758
「他喜力」 (2011年・徳間書店) ISBN 9784198632939
「仕方ない理論」(2013年・徳間書店) ISBN 9784198636104
「ツバメの法則」 (2012年・徳間書店) ISBN 9784198635121
「一瞬で人生が変わる恩返しの法則」(2011年・ソフトバンククリエイティブ) ISBN 9784797359411
「ここ一番に成功する運とツキを呼ぶ方法」(2012年・創英社) ISBN 9784881425572
「赤ちゃん脳」(2012年・ワニブックス) ISBN 9784847091261
「NO.2理論」(2012年・現代書林) ISBN 9784774513805
「ツキを呼び込む究極の成功思考」 (2008年・インデックス・コミュニケーションズ) ISBN 9784757305182
「ツキの最強法則」 (2008年・ダイヤモンド社) ISBN 9784478004326
「予感力」 (2008年・イースト・プレス) ISBN 9784781600659
「5%の成功者の「頭の中」」(2009年・三笠書房) ISBN 9784837978145
「8つの実話が教えてくれた「最幸の法則」」 (2009年・ダイヤモンド社) ISBN 9784478009918
「7つの本気」(2011年・現代書林) ISBN 9784774513300
「1分間成功思考」(2011年・PHP研究所) ISBN 9784569676784
「NO.1理論 お金儲け篇」 (2011年・三笠書房) ISBN 9784837979418
エジソン脳をつくる「脳活」読書術」 (2010年・エンターブレイン) ISBN 9784047268319
「3つの約束」(2010年・イースト・プレス) ISBN 9784781604848
どん底はツキの始まり」 (2015年・角川書店) ISBN 9784048850766
「ツキと幸運がやってくる31日の習慣」 (2008年・インデックス・コミュニケーションズ ) ISBN 9784757305588

実績
指導・社員教育・講演先一例
JPモルガン・豊田自動織・NTT・松下電器富士通伊藤忠商事JRA竹中工務店JR西日本資生堂・ヤンマー・クボタ・アマダ・トクヤマ・三洋電器・東北電力北陸電力・第一勧業銀行・松下精工・日軽金・アイシンエーアイ・NTT-AT・ロックフィールドリーブ21他多数企業、各地商工会・青年会議所等多数。
スポーツ選手
野球
読売巨人軍選手・ヤクルトスワローズ選手・千葉ロッテマリーンズ選手・オリックスバファローズ選手等多数、甲子園出場高校多数
サッカー
ジュビロ磐田選手・清水エスパルス選手・浦和レッズ選手・東京ヴェルディ1969選手・柏レイソル選手・サンフレッチェ広島選手・FC東京選手・セレッソ大阪選手及び海外移籍選手等多数
バスケットボール
シャンソン化粧品女子バスケットボール部
バレーボール
東レ・アローズ・高校チーム他多数
陸上競技
オリンピック代表選手多数・箱根駅伝優勝チーム他多数
ゴルフ
プロゴルファーシード選手等多数
競輪
競輪S級選手等多数
競艇
競艇選手多数
プロボクシング
世界チャンピオン及び世界ランカー他

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク