ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

私たちはそこにいますか? マザー・テレサ著「マザー・テレサ日々の言葉」より

12月7日

おそらく、私たち家族の中に、寂しい思いをしている人、

 

体の具合の悪い人、何か心配事のある人がいるのではないでしょうか?

 

私たちはそこにいますか?

 

まず初めに自分たちの家族の中に心寂しい人を見つけましょう。

 

お年寄りは施設に入れられて、誰も訪れる人がいないのです。

 

お互いに微笑みを返す時間すらどんどん小さくなっていきます。

 

一緒にいる時間がどんどんすくなくなっていきます。

 

愛は家庭から始まるのです。

 

もしも、私たちが自分たちの家を愛の神殿にすることさえできれば・・・。

 

 

以上は マザー・テレサ著「マザー・テレサ日々の言葉」より一部抜粋&加筆

 

マザー・テレサ 日々のことば

マザー・テレサ 日々のことば

 
スポンサーリンク  

 

 

マザー・テレサ(Mother Teresa, 1910年8月26日 - 1997年9月5日)、あるいはコルカタの聖テレサ (Saint Teresa of Calcutta) は、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。本名はアルーマニア語でアグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ (Agnesa/Antigona Gongea Boiagi)、アルバニア語でアニェゼ/アグネス・ゴンジャ・ボヤジウ (Anjezë/Agnès Gonxha Bojaxhiu)。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は彼女の敬愛したリジューのテレーズにちなんだ修道名である。コルカタカルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている(アメリカ名誉市民は彼女を入れて、わずか115 人しかいない)。

受賞・受章歴
1962年:マグサイサイ賞平和・国際理解部門
1971年:ヨハネ23世教皇平和賞
1972年:ジョン・F・ケネディ
1973年:テンプルトン賞
1975年:アルベルト・シュバイツアー賞
1979年:ノーベル平和賞
1980年:バーラ・ラトナ賞
1983年:優秀修道会賞
1985年:大統領自由勲章
1992年:ガウデイム・エト・スペス賞
1996年:アメリカ合衆国名誉市民
1997年:議会名誉黄金勲章

書籍
マザー・テレサ -神さまへのおくりもの-』マザー・テレサ著、半田基子訳、女子パウロ会、1976年
『生命あるすべてのものに』マザー・テレサ講談社現代新書、1982年
マザー・テレサ 愛を語る』ジョルジュ・ゴルレ、ジャン・バルビエ編著、支倉寿子訳、日本教文社 、1982年
『ほほえみ -マザー・テレサのことば-』女子パウロ会編、江口まひろ絵、女子パウロ会、1989年
マザー・テレサ 愛のことば』女子パウロ会編、いもとようこ絵、女子パウロ会、1998年
マザー・テレサ 日々のことば』マザー・テレサ著、いなますみかこ訳、女子パウロ会、2000年
マザー・テレサ 愛と祈りのことば』ホセ ルイス・ゴンザレス‐バラド編、渡辺和子訳、PHP文庫、2000年
『愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言』マザー・テレサ片柳弘史(写真)、ドン・ボスコ社、2001年
マザー・テレサ書簡集』、片柳弘史編・訳、ドン・ボスコ社、2003年
マザー・テレサ -すばらしいことを神さまのために-』マルコム・マゲッリッジ、沢田和夫訳、女子パウロ会、1976年
マザー・テレサとその世界』千葉茂樹、女子パウロ会、1980年
マザー・テレサこんにちは』千葉茂樹、女子パウロ会、1980年
マザー・テレサ あふれる愛』沖守弘講談社文庫、1984
ノーベル平和賞に輝く聖女 マザーテレサ』望月正子、講談社、1988年
『愛にことばはいらないのよ』岩岡佳、女子パウロ会、1989年
『こんにちわ地球家族 -マザー・テレサと国際養子-』千葉茂樹、女子パウロ会、1991年
マザー・テレサ 愛の軌跡』ナヴィン・チャウラ、三代川律子訳、日本教文社 、1995年、2001年増補改訂版
マザー・テレサへの旅 ボランティアってだれのため?』寮美千子、学研、1997年
『わたしはマザーに出会った -20人が語るマザー・テレサのすがた-』女子パウロ会編、女子パウロ会、2001年
『愛 -マザー・テレサ日本人へのメッセージ-』女子パウロ会編、三保元訳、女子パウロ会、2003年
カルカッタ日記 マザー・テレサと出会って』片柳弘史ドン・ボスコ社、2003年
マザー・テレサの真実』五十嵐薫著 《NPO法人レインボー国際協会理事長》、PHP出版、2007年
『大ヴァチカン展パンフレット』大ヴァチカン展実行委員会、1987年
AERA臨時増刊『人を助けたい 震災ボランティア/善意ネットワーク』 朝日新聞社 1995年3月
マザーテレサ「死の場面」』坂倉圭著、聖母の騎士社、2004年 ISBN 978-4882162537
マザーテレサ「死の場面」』 ウエブ版
マザー・テレサ 愛の花束』 中井俊已 PHP研究所 2007年 ISBN 978-4569669465
マザーテレサの子と呼ばれて』 工藤朋子著、聖母の騎士社、2010年 ISBN 978-4882163183

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク