ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

不安を感じている自分に気づいたら「癒しの手」を当てよう!

 不安を感じている自分に気づいたら「癒しの手」

 

 時折、強い不安や、心配に襲われることもありますよね。

 

そんな時、まずお勧めしたいのが、お腹や、不安を感じてこわばっているところに手を当てたり、さすってみることです。

 

私たちの立ち直りが早いのは、不安を感じたときに、すぐさま「癒しの手」を気になるところに当てる習慣があるからです。

 

 もちろん、不安を取り除くために問題の原因を解決すねことが一番です。

 

しかし、問題が即座に解決できることはそうそうありません。

 

 そこで精神的ダメージをいち早く取り除き、エネルギーを転換することを「癒しの手」で行います。

 

悲観的な妄想が膨らむことを抑え、今できることにエネルギーを集中することが問題解決を早めます。

 

行動力を引き出します。

 

 でもなんで「手」なの?

 

それは手のひらや指先から?「気」と呼ばれる癒しのエネルギーが出ているからです。

 

あなたが手を当てた場所から気が流れ、体に良いエネルギーが循環していきます。

 

そして、心と魂に癒しのエネルギーが贈られるのです。

 

 小さかった時、お母さんがおでこやお腹に手を当てくれただけで、安らぎを感じたことはありませんか?

 

手を当てることで不安が解消されたり、安らぎを得られたりするのは単なる気のせいではなく、エネルギーの「気」のせいなのです。

 

「掌(手のひら)」は「たなごころ」とも読みますが、これは「手の心」という意味です。

 

 つかれた自分…傷ついた自分を「気」で、手で癒してあげてください。

 

今までの自分を認め、いたわってあげるエネルギーで包み込んであげてください。

 

「安らぎや幸せ」への道がそこから始まります。

 

 手を当てるところはお腹に限ったことではありません。不安をハートのあたりで感じたらそこに手を当ててみましょう。

 

 手を当てることで強い不安を少しでも和らげたところで、次に今の自分の状態を否定するのは止めて、認めてあげましょう。

 

受け止めてあげましょう。

 

人間には、誰でも不安や怖れや自信がないといった、否定的な感情があります。

 

そんな感情は自然なことだし、「感じてもいいんだ」と認めてあげましょう。

 

 不安を認め、受け止めてあげることから、

 

立ち直りのエネルギーが湧いてくるのです。

 

 

☆彡今日の1分ワーク
◆「掌(たなごころ)」は「手の心」。あなたの思いが伝わります。

 

不安を感じたところ、痛いところに手のひらを当て、愛と優しさで包み込んであげましょう。

 

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は望月俊孝著「1分でできる癒しと希望の習慣」より一部抜粋&加筆

 

1分でできる! 「癒し」と「希望」の習慣

1分でできる! 「癒し」と「希望」の習慣

 

 


望月俊孝のプロフィール
昭和32(1957)年・山梨県生まれ。
望月 俊孝(もちづき としたか、1957年 - )は、ヴォルテックス/レイキ・ヒーリング・システムの設立者。主にレイキ(健康法)や宝地図(夢実現)、フォトリーディング(速読系)などのセミナー・講演会を開催。レイキは1990年代前半から取り組み、日本で普及するようになった立役者の一人。
宝地図という夢実現・願望達成法を提唱。

【宝地図】提唱者
レイキ・ティーチャー(国際レイキ普及協会・主宰)
エネルギー・マスター 提唱者
フォトリーディング(R)・インストラクター

参考文献
『ようこそ、成功指定席へ』(サンマーク出版) ISBN 4763197061
『〔図解〕夢を実現する宝地図』(三笠書房) ISBN 483792171X
『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ゴマブックス) ISBN 4901465759
『ワクワクしながら夢を叶える宝地図活用術』(ゴマブックス) ISBN 4777102173
『癒しの手』(たま出版)ISBN 4884814207
『超カンタン癒しの手』(たま出版)ISBN 4812701430
『本調子-強運の持ち主になる読書道』(総合法令出版・斎藤一人本田健・七田眞・ハイブロー武蔵・清水克衛と共著。特定非営利活動法人読書普及協会編) ISBN 4893468278

スポンサーリンク  
スポンサーリンク