ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

夢を具体的な行動に落とし込み、ワクワクしながら実行するのがコツ! さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」 より

☆彡たった1行で夢はあなたのものになる


◆どんな夢でもかなう! 魔法の一行

 

「夢への行動」を書き出してみると、「夢への行動」は、大きく分けて2種類があることに気づくでしょう。

 

①一つは、一度で済むけどまとまった時間が必要なもの。

ダイエットの場合、

▢ジムに入会する…がそれにあたります。

これはマンスリーページを開いて、申し込みに行けそうな日時を決めて「夢色のペン」で

ジムに入会…と書き込みます。

 

そして、確実に実行するために、ウィークリーページにも2度か気しましょう。

 

ウィークリーページでは、1日上の方にスペースが空いていると思います。

 

そこを「最初の夢」を実現するための行動をかく「夢への行動」の欄に決めましょう。

 

そこに、「夢への行動」を▢をつけて1行で書きます。さらにバーチカルの時間の欄に、事務に入会するために必要なもの、印鑑、スポーツウェアー・シューズなどもをつけて書き込みましょう。

 

「いつか入会しよう」ではついつい後回しになってしまいがちになります。

 

このようにマンスリーとウィークリーにそれぞれ1行だけ書くことで、すんなり実行につながっていくのです。

 

 ②もう一つの「夢への行動」は毎日少しづつ、ある程度期間継続して行うもの出す。

この場合だと


一駅手前で降りて歩く

甘いものを控える

半身浴をする

というのがそうですね。

これはマンスリーページに書く必要はないのでウィークリーページの「夢への行動」の欄にだけ書けばOKです。

 

1日で全部行うとなるとストレスになりそうなので一つだけにしましょう。

 

一駅手前で降りて歩く・・・ と書いて出勤時か、帰宅時化を決めて、バーチカルのその時間の枠にもう一度書きましょう。

 

もちろん実行した後にはにレ点を入れましょう。(☑レ点)

 

 実行すると、充実感に満たされている自分に気づきませんか?

 

そして、「明日も実行しよう」と思えてきたのではないでしょうか?

 

この見える化をおこなうだけで、

考えているだけの時には決して生まれなかった「確信」があなたの中に芽生えます。

 

そして、その「確信」こそが「信じること」の始まりなのです。

 

 夢は漠然としたものでも大丈夫です。

あなたの夢が「●女優の○○さんみたいな素敵な女性になりたい。」というものだとしましょう。

 

では、あなたがなぜその人にあこがれているのかを1つ1つ考えてみてください。

 

顔?、ファッションセンス?雰囲気が優しそうなところ?

 

舩田はなぜその人みたいになりたいのかをじっくり考えると、あなたが理想の姿に近づくためにする行動がはっきり見えた来ませんか?

 

そうすれば今度はそれを具体的な行動に落とし込んでいくだけです。

 

 ファッションセンスを磨きたいのなら

ファッション雑誌を買う

顔が理想なら

メイクをいろいろ試してみる

 

これでOKなのです。

 

こうやって書いていくと、近づくための具体的行動が見えてきますね。

 

 夢を手帳の上に、夢色のペンで書いて

見える化」し具体化する。

 

夢を受け取っていいよ♪~と自分自身にOKを出すために

「夢への行動」を重ねていく。

 

決して苦しい努力は必要ありません。

 

手帳に1行書いて、

毎日それをワクワクしながら実行するだけです。

それだけで、夢はもうあなたのものになるのです。

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法 (中経の文庫)

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法 (中経の文庫)

 

 以上は さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」
より一部抜粋&加筆


★さとうめぐみのプロフィールProfile
手帳セラピスト さとうめぐみ Sato Megumi
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。手帳を用い、時間を有効に使って夢や願いを叶える方法「手帳セラピー」を考案。
手帳セラピストとして、手帳やノートを使った自己実現やセルフセラピーの方法をレクチャーしている。
また、アンティーク着物のコーディネートを提案するキモノコンシェルジュとしても活動中。
手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。

この手帳セラピーは、『週刊女性』『PHP 誌増刊号』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』他さまざまな媒体にて取り上げられている。

現在、東急セミナーBE 渋谷での講座ほか、随時ワークショップを開催。
近著に『幸せおとりよせノートの作り方』(廣済堂出版)、『就活生のための手帳&ノートの書き方』(一ツ橋書店)、『一度書けば一生叶う 人生の扉を開く「完了形」手帳術』(東邦出版)など。

 

●手帳セラピーとは
手帳セラピーは手帳というツールを使って、書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すセルフセラピーです。
「時間の入れ物」である手帳に、4色のペンでスケジュールと気持ちの「見える化」をはかり、夢色のペンで「夢への行動」を習慣化 。
「理想の未来」を的確な言葉で思い描き、年→月→週→日の行動として手帳に落とし込みます。目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で「見える化」されると、やるべきことや「自分の進む道」がはっきりと見えてきます。すると手帳に書いた通り、あるいは書いた以上の幸運を受け取っていることに気付くはずです。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク