ハッピーライフ専科

話題やニュース、情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・開運ブログです。

スポンサーリンク

夢って、見えないけれど・・・ 「見えぬけれどもあるんだよ…」、手帳セラピーは「夢の見える化」だ! さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」 より

☆彡夢にぐっと近づける手帳の効果とは?


◆「文字にする」ということの大切さを認識する。

 

あなたが叶えたい願いを手帳に書き出してください。

 

憧れているけどこれは無理だろうな、と

 

思っているものでも「こんなこと書いていいの?」と

 

思ってしまうような些細なことでも、どんなものでも構いません。

 

 書き終わったら、そのリストを一度眺めてみましょう。

 

こうやって文字にしてみると

あなたが今まで思いもしなかった「自分の姿」が見えてきたような気がしませんか?

 

「私ってこんなこと思っていたんだ…」そんな風に、

意外な自分を発見するかもしれませんね。

 

 実は、この「書く」という作業は、夢への第一歩であるのはもちろんですが、

自分のココロの中をみえるようにするためにも、とても大切な作業なんです。

 

今までの手帳のまほうの効果は、

●時間という目には見えないものをみえるようにし、その流れを整理してくれる。


●すぐに忘れてしまういただきものや偶然のハッピーを書き留めることで満たされていることを感じさせてくれる。


●自分の中から生まれてくる目には見えないワクワクを書いて、実行につなげる。

 

夢って、見えないけれど・・・

 

「見えぬけれどもあるんだよ、

 

   見えぬものでもあるんだよ。」

         

           金子みすゞ

 

 

ほしとたんぽぽ

ほしとたんぽぽ

 

 

手帳は目に見えないものをその一冊で見えるようにしてくれる魔法のツールでしたね。

 

そして、ついに「あなたの夢」という目には見えないものまでが

見えるようになりました。

 

 そうやって、「夢」を目に見える形にしてみると、自分が何を望んでいるか、自分が何をしたいのかがはっきりします。

 

もしくはどの夢も似通っているな、一つ叶えば一緒にかなうかも♪~と思わぬ発見をするかもしれません。

 

私(作者=さとうめぐみ)はこれを手帳最大の効果、「夢の見える化」と呼んでいます。

 

 この「夢の見える化」ができると、自然と次に何をしたらいいか、夢をかなえるためにはどうしたらいいのか、そういう具体的な考えが浮かんでくるようになるのです。

 

 たとえば

●「お金をためて広い部屋に引っ越ししたい」という夢を描いたとしましょう。

 書いたとたん、

引っ越しをするとしたら、住んでみたい部屋のイメージや家賃の予算など、具体的に考えられるようになります。

 

この例に限らず、今まで心の中に置き去りにしていた夢をちょっと書き出してみただけで、夢に向かってのステップがぐっと具体的になってきます。

 

視える化することで、自然と「実現したい」という気持ちも生まれてくるのです。

 

手帳に、緑色のペンで書き出すことによって、引っ越しをしたい、でもそれまでが大変そう…と漫然と思っていただけの頃、変化を嫌う恒常機能のわなにかかっていた時とは別人のように、引っ越しが実現できそうなストーリーが生まれてくることでしょう。

 

 そんな時、あなたの心はウキウキ、ワクワク感で満たされているはずです。

 

夢を緑色のペンで手帳のメモページに一行書くだけ!

 

これでもう、あなたの中には"夢"への不安はなくなっているはずです。

 

書いた夢を自在に叶えられる、魔法を使う資格をあなたは手にしたのです!

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。



以上は さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」
より一部抜粋&加筆


★さとうめぐみのプロフィールProfile
手帳セラピスト さとうめぐみ Sato Megumi
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。手帳を用い、時間を有効に使って夢や願いを叶える方法「手帳セラピー」を考案。
手帳セラピストとして、手帳やノートを使った自己実現やセルフセラピーの方法をレクチャーしている。
また、アンティーク着物のコーディネートを提案するキモノコンシェルジュとしても活動中。
手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。

この手帳セラピーは、『週刊女性』『PHP 誌増刊号』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』他さまざまな媒体にて取り上げられている。

現在、東急セミナーBE 渋谷での講座ほか、随時ワークショップを開催。
近著に『幸せおとりよせノートの作り方』(廣済堂出版)、『就活生のための手帳&ノートの書き方』(一ツ橋書店)、『一度書けば一生叶う 人生の扉を開く「完了形」手帳術』(東邦出版)など。

 

●手帳セラピーとは
手帳セラピーは手帳というツールを使って、書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すセルフセラピーです。
「時間の入れ物」である手帳に、4色のペンでスケジュールと気持ちの「見える化」をはかり、夢色のペンで「夢への行動」を習慣化 。
「理想の未来」を的確な言葉で思い描き、年→月→週→日の行動として手帳に落とし込みます。目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で「見える化」されると、やるべきことや「自分の進む道」がはっきりと見えてきます。すると手帳に書いた通り、あるいは書いた以上の幸運を受け取っていることに気付くはずです。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク