ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

緑色のペン(魔法の杖)1本あればワクワクをたくさん捕まえられる! さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」 より

 

◆緑色のペンは魔法の杖だ!

 

「緑色のペン」1本あればワクワクをたくさん捕まえられる 

 

 

あなたは自分の「ワクワク」を大切にしていますか?

 

手帳セラピーではこの"ワクワク"する気持ちをとても大切にしています。

 

ワクワク? 急にそんなこと言われてもわかんな~い?

 

では、ここで緑色のペンを用意してください。

このペン、実はあなたにワクワクの魔法をかける杖になります。

 

手帳を開いて、過去の用事でワクワクしたことを緑色のペンで囲ってみましょう。

 

あなたは今週いくつワクワクしたでしょうか?

 

毎日やることばかりで、ワクワクする時間なんてなかった。

 

それなら未来の予定で、ワクワクする用事を緑色のペンで囲ってみましょう。

 

どんな幼児をあなたはワクワクと思うのでしょうか?

 

●欲しかった靴を買いに行く用事?

●友達とランチに行く予定?

もしかすると、プライベートの予定が緑色のペンで囲めなくて、

驚いた人もいるかもしれません。

自分で立てた予定なのに、ワクワクしてない…。

重大なことに気づいてしまいましたね。

 

そんな場合は、その奥にある、自分の本音をもう少し探ってみましょう。

 


●久しぶりの丸一日の休日に、友達とランチするよりは、ほんとは家でゆっくりしていたい気持ち。

●ランチをするよりも、本当は資格試験の勉強をしていたい気持ち。

 

 「仲の良い友達とランチをすることは楽しいことだ」と思って予定に入れていたのに、本音はワクワクしてなかった。

 

この事実に気づくことが、日々を幸せで満たしていく大切なステッです。

 

 もちろん、日常でやらなくてはいけないこと、

避けては通れないことはたくさんあります。

 

だからこそ、自分で選べる時にはできる限り、本音を選ぶようにしましょう。

 

それだけで、現実と気持ちとの食い違いがなくなり、気分が安定してきます。

 

 友達とのランチが楽しいはずなのに、早く帰りたくなってそわそわしてしまう。

友達も、そんなあなたの様子が気になってしまうかもしれません。

 

でも、ワクワクを優先すると、そんなことはなくなります。

 

 また、緑色のペンで囲むのは、プライベート以外のこと、

例えば仕事でももちろん大丈夫。

 

それは、今の仕事に魅力を感じている証拠!

仕事を通じて自分らしさを発揮できるチャンスが到来しているのです。

 

 緑色のペンは、自分のワクワク・本音に気づかせてくれる魔法の杖なんです。

 目には見えない「ワクワク」を緑色のペンで自覚しましょう。

 

そうすればするほど、あなたの「希望ちゃん」は元気を取り戻すことでしょう。

 


さとうめぐみのかんたん手帳セラピー#5


かんたん手帳セラピー#5『手帳VSスマホ』

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。



以上は さとうめぐみ著 「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」
より一部抜粋&加筆


★さとうめぐみのプロフィールProfile
手帳セラピスト さとうめぐみ Sato Megumi
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。手帳を用い、時間を有効に使って夢や願いを叶える方法「手帳セラピー」を考案。
手帳セラピストとして、手帳やノートを使った自己実現やセルフセラピーの方法をレクチャーしている。
また、アンティーク着物のコーディネートを提案するキモノコンシェルジュとしても活動中。
手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。

この手帳セラピーは、『週刊女性』『PHP 誌増刊号』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』他さまざまな媒体にて取り上げられている。

現在、東急セミナーBE 渋谷での講座ほか、随時ワークショップを開催。
近著に『幸せおとりよせノートの作り方』(廣済堂出版)、『就活生のための手帳&ノートの書き方』(一ツ橋書店)、『一度書けば一生叶う 人生の扉を開く「完了形」手帳術』(東邦出版)など。

 

●手帳セラピーとは
手帳セラピーは手帳というツールを使って、書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すセルフセラピーです。
「時間の入れ物」である手帳に、4色のペンでスケジュールと気持ちの「見える化」をはかり、夢色のペンで「夢への行動」を習慣化 。
「理想の未来」を的確な言葉で思い描き、年→月→週→日の行動として手帳に落とし込みます。目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で「見える化」されると、やるべきことや「自分の進む道」がはっきりと見えてきます。すると手帳に書いた通り、あるいは書いた以上の幸運を受け取っていることに気付くはず​です。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク