ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

手帳に書くことで本当の気持ちに気付き、自分を癒すことができる「手帳セラピー」とは? さとうめぐみ著「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」 より

☆彡手帳に書くだけで

あなたの心の奥底に眠っていた本当にやりたいことが目覚めてくる。

 

「手帳セラピー」…。

 

なぜ、手帳に「セラピー」が付いているのか不思議に思われる方もいるでしょう。

 

それは、手帳に文字を書けば書くほど気持ちが楽になっていくからなのです。

 

 

 手帳には通常時間の約束や物事の締め切りなどを書きます。

 

颯爽と手帳に予定を書き込んだものの、

心の中で「約束はしたけれどこんなにたくさんのこと、

本当にできるのかなあ…」と不安に駆られる人もいることでしょう。

 

そう、手帳はじつは、「予定」に対する「気持ち」も生じさせてしまうんです。

 

これに気が付くのがポイントです。

 

「やらなければならない」という気持ちは大切ですが、

その奥にある「本当の気持ち」=「自分の本音」に気が付くと、

ふっと心が軽くなります。

 

そして、きちんと気づいてやれると、

不思議と「やらなければならない」ということを

軽やかな気持ちでこなせるようになります。

 

そうすると、今まで心の奥底に眠っていた

「自分が本当にやりたいこと」が目覚めてくるのです。

 

「やらなければいけないこと」に縛られているのは

マトリョーシカの外側である社会的あなた。

 

その内側には「やりたいこと」=「希望ちゃん」が

うずうずして待っていることに気づけるようになるのです。
 
また、頑張っているのに、なぜうまくいかないの? なぜ私ばかりツイてないの?

そんな気持ちすらも、手帳があなたを幸せな気持ちに切り替えてくれます。

 

 文字にして、過去の出来事を冷静に見てみると、

頑張っていると自分が思っていることでも、

「つもり」に過ぎなかったり、うまく流れに乗っていないことに気づけるでしょう。


マトリョーシカの外側を外すように

自分自身の思い込みを外していくことで、

誰もが身軽な本当の自分に戻っていける。

 

 しかも、誰の手も借りずに、自分自身の力で、自分を癒すことができる。

 

だからこそ「手帳セラピー」なのです。

 

 自分にできるかな…そう思った人もいるかもしれません。

 

でも大丈夫!

 

なぜならこの方法はすべて「たった一行書くだけ」なのですから。

 

まるで魔法みたいですよね。

 

いいえ、みたいではなく、まさしく、「手帳とマトリョーシカの魔法」なんです。

 

さあ、それではいよいよ魔法を使ってみましょう!

 

※さとうめぐみのかんたん手帳セラピの動画


さとうめぐみのかんたん手帳セラピー#2

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。



以上は さとうめぐみ著 「たった1行ですべてが叶う手帳の魔法」
より一部抜粋&加筆

 

 

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法 (中経の文庫)

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法 (中経の文庫)

 

 

マトリョーシカ人形マトリョーシカにんぎょう、ロシア語: Матрёшкаマトリョーシュカ)は、ロシアの民芸品の人形である。単にマトリョーシカともいう。

胴体の部分で上下に分割でき、その中には一回り小さい人形が入っている。これが何回か繰り返され、人形の中からまた人形が出てくる入れ子構造になっている。入れ子にするため腕は無く、胴体とやや細い頭部からなる筒状の構造である。5-6重程度の多重式である場合が多い。
マトリョーシカという名称は、ロシアの女性名からきている。それぞれの人形にはスカーフ姿の若い女性の像が描かれている。

 

★さとうめぐみのプロフィールProfile
手帳セラピスト さとうめぐみ Sato Megumi
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。手帳を用い、時間を有効に使って夢や願いを叶える方法「手帳セラピー」を考案。
手帳セラピストとして、手帳やノートを使った自己実現やセルフセラピーの方法をレクチャーしている。
また、アンティーク着物のコーディネートを提案するキモノコンシェルジュとしても活動中。
手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。

この手帳セラピーは、『週刊女性』『PHP 誌増刊号』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』他さまざまな媒体にて取り上げられている。

現在、東急セミナーBE 渋谷での講座ほか、随時ワークショップを開催。
近著に『幸せおとりよせノートの作り方』(廣済堂出版)、『就活生のための手帳&ノートの書き方』(一ツ橋書店)、『一度書けば一生叶う 人生の扉を開く「完了形」手帳術』(東邦出版)など。

●手帳セラピーとは
手帳セラピーは手帳というツールを使って、書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すセルフセラピーです。
「時間の入れ物」である手帳に、4色のペンでスケジュールと気持ちの「見える化」をはかり、夢色のペンで「夢への行動」を習慣化 。
「理想の未来」を的確な言葉で思い描き、年→月→週→日の行動として手帳に落とし込みます。目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で「見える化」されると、やるべきことや「自分の進む道」がはっきりと見えてきます。すると手帳に書いた通り、あるいは書いた以上の幸運を受け取っていることに気付くはず​です。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク