ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

貸し借りはご縁を深めるまたとないチャンスだ! 凄いことがあっさり起きる!人間関係術より

 ☆彡凄いことがあっさり起きる!人間関係術


●人間関係に借りを作ろう!(きっかけ作り)

 

人間関係を一口でいうと「貸し借り」である。

 

言い換えれば、「させていただいたこと」と「していただくこと」である。

 

人と人との仲は、この二つのやり取りで、テニスのラリーみたいにつながっている。


だから「この人と親しくなりたいな」と思う相手がいたら、

 

まずその人の役に立つことができたら、一番いい。

 

何をすれば喜んでもらえるかわからない場合は、

 

僕(作者=山崎拓巳)は逆に「小さなお願い」ごとをすることにしている。

 

それによってラリーを始めるのだ。

 

お願い上手は出会い上手な人だ。

 

ちょっとしたスキマ時間でできそうなことを頼むのがコツだ。

 

例えば「今のお話に出てきた動画のURL、送ってもらっていいですか?」と

 

いうような感じだ。

 

 借りを作るのを極端に嫌う人がいる。しかし、「借り」は「負け」ではない。

 

借りを作れば、それを返す機会が自然にできる。

 

その機会を通じて親しくなれるかもしれない。

 

この場合の「借り」とは相手と親しくなるための手段なのである。

 

昔、貴婦人がわざとハンカチを落とし、紳士に拾ってもらう。

 

その時お礼を言ってお茶でもご馳走し、親しくなるという寸法だ。

 

洒落ていますよね。

 

借りができるのは本当にラッキーなことなのだ。(ポジティブに考えて)

 

 「あの動画、すごくおもしろかったです! お礼と言っちゃなんですが、

これ出張のお土産です。どうぞ」

 

「えっ、そんなお気遣いなく。でもありがとう。そうだ、あの動画が気に入ってくれたのなら、この本も好きかも…」

 

次に会ったとき、こんな会話を交わせたら万々歳。

 

逆に貸しを作るのもよい。例えば仕事で困っているような時、

 

「手伝いましょうか?」と言って申し出る。

 

終わった後で「助かったわ」

 

「いいえ、今度コーヒーでもおごってください。」

 

「コーヒーでよければ、すごくおいしいお店があるの、行ってみる?」

 

「喜んで~」

 

ご縁の歯車がどんどんかみ合って回りだす。

 

まるでお風呂の中で、体で波を起こすように。

 

はじめはちゃっぷん、ちゃっぷん、さらにちゃっぷん、ちゃっぷん、…。

 

波に合わせて体をスイング。

 

無理せず、波に合わせて。

 

少しづつ、少しづつ、大きな波にしていこう!


◆ポイント
貸し借りはご縁を深めるまたとないチャンス

 

※おまけの動画 I Say a Little Prayer(小さな願い)


Dionne Warwick I Say A Little Prayer 1967 Original Million Seller

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 

 

以上は 山崎拓巳著 『凄いことがアッサリ起きる44のルール』より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  
スポンサーリンク