ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

「もう一人の自分と話をしてみよう」きっとあなたを正しい方向へと導いてくれる。凄いことがあっさり起きる!成功術より

 ☆彡凄いことがあっさり起きる!成功術


もう一人の自分と話をしてみよう

 

「講演やスピーチをするとき、だれに向かって話していますか?」

と質問される時がある。

 

そんな時には、「会場にいるもう一人の僕に向かって話しています。」と

 

答えています。

 

 会場にいる、「もう一人の僕は」少し斜めに構えて、

 

話し手のことを少し批判しながら聞いているのだ。

 

「自分のことを偉いと思っているんじゃないだろうな?」

 

「自分が正しいと勘違いしているんじゃないか?」

 

「本当にそうかな? 例外があるのでは?」

 

 少し、シニカルな存在の「もう一人の自分」。


この存在は、話し手の姿勢を正し、

 

いい気になったり自惚れたりさせない門番的存在なのだ。

 

 「ああいいすぎたな」と感じると、

 

マイルドな話に転換させたり、

 

「なんか、上から目線の話だな」と気づくと、謙虚な話題へ展開していくなど。

 

 また、日頃からの面白いネタ探しも大切だ。

 

自分の心が「面白い!」と

 

反応した話や情報を見逃さないようにしている。

 

「なるほど」


「そうだったのか」


「へ~!」

 

聴いている人の反応が、こんな状態になる話し方をしたいものだ。

 

 少しアンテナを立てると、情報は集まってくる。

 

あなたの感性のアンテナを今日から立ててください。

 

日進月歩、話すことも日々の鍛錬が重要だ。

 

そのことに1万時間投下すると、

 

そのジャンルのプロフェッショナルになれるらしい。

 

話すということに、意図を加えた時間を1万時間過ごすことで、

 

素敵な話ができる未来の自分に会えるのではないだろうか?

 

●あなたの人生を変えた出会いについて、今日、誰かに話してみよう。

 

●どんな時間があなたにとって大切な時間か、今日、誰かに話してみよう。

 

●人生のベスト3に入る「本」「映画」について、今日、誰かに話してみよう。

 

目の前の友達と、そして、「もう一人の自分」が聴いています。

 

 

◆ポイント
「もうひとにの自分が、あなたを正しい方向へと導いてくれる」

 

「日頃の行いは、人が見ていなくても、天が見ていなくても、自分だけは見ています。」


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 以上は 山崎拓巳著 『凄いことがアッサリ起きる44のルール』より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク