ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

古い上着よさようなら♪~ やりたいことに遠慮はいらない!人生一度っきり、やった者勝ちなのだ!

古い上着よさようなら♪~(青い山脈より)

 

☆彡やりたいことに遠慮はいらない!

 

◆何かをやる前にできないと決めつけないで

「あなたは才能があるからいいけど、私は…」こういう意見をよく聞きます。

 

そのたびに私は信じられない気持ちにさせられる。

 

私はダメだと、よくも、自分をそんなに否定できるものだと。

 

あなたは何の能力も魅力もない人なの?

 

言っている本人は気づいていないかもしれないが、

 

これではあまりにも自分がかわいそうすぎる。

 

「あなたはいいけど、私は…」と言う人は、

 

自分に才能がないのではなく、人生に対して真剣に生きていないから、

 

そんな言葉が出るのではないだろうか。つまり、「怠け者」ということです。

 

やってもいないのに、想像だけで、私にはできないと諦めてしまうのは、もったいないことだ。

 

自分の先入観ほどあてにならないものはない。

 

なんでもやってみると思わぬ力を発揮するものである。

 

 私は人は人である以上、夢のない人はいないと思っている。

 

やりたいということが明確でないということはあったとしても、

 

やりたいという気持ちは誰にでもあるモノだ。

 

 私たちは悲しいかな、大人になるに従い、利害でモノを考えるようになる。

 

それをやって何になるのか。仕事につながるのか。それをやるのに意味があるのか。

 

 その結果動かない方が得だという結論に達し、

 

ベッドの上でテレビを見ながらポテトをかじりながら、人の批判をして過ごすのだ。

 

◆「どうせ」「いまさら」は禁句!

これをやりたい、あれをやりたいという衝動は身体から自然に出てくるものなので、本当は大切にすべきなのだ。

 

「自然に」ほど正しい選択はない。だから、ただ心のままに従えばいいのだ。

 

意味なんかなくてもいい。

 

やることに意味がある。結果ではなく、やる過程に意味があるのだ。

 

 やれば、やる前には想像もできなかったことに出くわす。

 

一歩踏み出さなければ新しい出会いも発想も沸いてこない。

 

やってみなければ、何も始まらない。仮にやってみて思ったようにならなくても、やらないよりはましではないか。

 

なんでもそうだが、損得だけで考えるから、

 

傷つくのが怖いから、一歩が踏み出せない。

 

「どうせやっても…」皆さん、この言葉は禁句だ。

 

やった後のことは神のみぞ知る。

 

人生には善くも悪くも想像を超えたことが起こるものだ。

 

宝くじだって、買わなければ当たらない。


◆誰に何と言われようとやった者勝ち

どうせ、等と言って自分を否定したら、あなたの中のあなたが可愛そうだ。

 

だって、あなたの中のあなたはあなたを応援するためにあなたの中に住んでいるのだから。

 

 少なくとも、もう一人のあなたから「おきばりやす。」と言われるような行動をとりたいものだ。

 

やりたいことに遠慮はいらない。

 

誰が何と言おうが、やった者の勝ち。結果は問題ではない。

 

やりたいことをやっているその瞬間が輝いていればそれていいのだ。

 

結果を考える人は欲張りでケチな人だ。

 

「これをやったら損か得か」そんなことばかりを考えていたら、行動なんてできない。

 

 結果的に、儲かろうが、儲かるまいが、人生には終わりがある。

 

損しても、得しても、単に生きている間の一瞬のことに過ぎない。

 

ダメでもいいんです。その方法ではだめなら別の方法でやればいいんですから。

 

ナポレオン方式で生きましょう。「私に不可能という言葉はない」

 

行動しなければ人生は変わらない。

 

 さあ、座って考えてばかりいないで、腰を上げて歩き出しましょう。

 

自分自身を変えることです。へんし~ん(変身)

 

※オマケの動画 原節子主演「青い山脈


青い山脈 (1949)

 

古い上着よさようなら♪~


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 

以上は 松原惇子著 「ハッピーなわたしになる本」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク