ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

「いい人」ではなく、「思いやりのある人」を目指しましょう!

☆彡さり気なく気くばりできる人になろう

 

素敵な人は気配り美人

 

 人から良く思われたいという気持ちから離れ、人に喜んでもらいたいと純粋に思えるようになった時、その人は本当の意味で満足できる自分になれるのではないだろうか。

 

もしあなたが目指すなら「いい人」ではなく、「思いやりのある人」を目指すべきだ。

 人のことを思える人、つまり、「気くばりのできる人」。

 

気くばりのできる人は、見ていて美しい。若い人は気づいていないと思うが、年配の人は若い人がどれだけ気配りができるか、絶えず見ている。

 

「あの子はいいね。よく気が付く」どんなにニコニコ顔で応対しても、相手の気持ちに鈍感な人は、ただのいい子というだけだ。

 

 気配りのできる子は光っている。例えば電車の中で、網棚の荷物を取ろうとしていたら、「それ、取りましょうか」というる子は素敵だ。

 

 レストランで働く人の場合、お客が座りたい席に案内できる店員は気配りのできる素敵な人だ。

 

人と食事に行ったとき、相手に眺めのいい席を譲れる人も素敵だ。

 

そういうことをさり気なく、できる人を見ると、この人は幸せになるなあと心の中で思う。

 

人にあげた幸せは何倍にも帰ってくるもの。

 

人は見ていないようでよく見ているものだ。自分を見ているといつもそう思う。

 

というのは、私も口には出さないが、いつも外で会う人を見ているからだ。

 

お店で働く人を看ては「あの子の笑顔はなんて素敵なんだろう。誰に対しても同じだわ」

 

「あの子は気が利かないな。ほら、お客さんが注文したがっているのに」

 

というように、絶えずチェックしている。

 

 時々、ものすごく気の利く子を見るとお婿さんを紹介してあげたい気分になる。

 

人の想いは見えないが、空気のようにその人を包む。そして、増々その人は輝く。

 

 あなたの行動を誰かが見ている。

 

だから一番大事なのは、一生懸命にひたむきに生きることだ。

 

人から良く思われたいというやましい気持ちを捨て、自然体になった時、

 

初めて気配りのできる本当の意味での「素敵な人」になれるのではないだろうか。

 

Marriages are made in heaven.(縁組は天国でなされる)

 

縁は異なもの味なもの♪~ 


縁は異なもの / ダイナ・ワシントン

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 以上は 松原惇子著 「ハッピーなわたしになる本」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク