ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

「落ち込んだり、悩みがあった時、元気になれるツボを持とう」 小さな変化が大きなハッピーを生む!より

☆彡小さな変化が大きなハッピーを生む!パート1


◆歩く道をいつもと変えてみる~試してみたらうれしい変化が?

 

ジンクスを上手に利用する

 

何時もポジティブで元気な人がいます。

 

ちょっとくらい寝不足でも、いつもニコニコ。

 

ストレスをためないせいか、肌もぴかぴかです。

 

そんな人はたいてい「自分を喜ばせる」のが上手です。

 

落ち込んだり、悩みがあったとしても、必ず元気になれるツボを心得ているのです。

 

元気になる為にはそれなりの「小道具」が必要です。

 

例えば、「コーヒーを飲むと気分がシャキッとする」という人は多いものです。

 

これを利用して

「コーヒーを飲めば絶対元気になる!」と自分に暗示をかけてしまいます。

 

 服や髪型が決まらないと、一日中落ち着かないという人は、

 

「この服を着ていけば、今日一日ハッピー」と暗示をかけます。

 

 飼っている犬とじゃれ合うのが何より幸せという人は、手帳の中や、携帯の画面に飼い犬の写真を入れておくといいでしょう。

 

「写真を見れば元気になる」と暗示をかけてしまうのです。


 小道具は音楽でもアクセサリーでも香りでも構いません。

 

 あるモノや行動によって"条件付け"をしてしまうのです。

 

いい意味で"パプロフの犬"になってしまうのです。

 

ポイントは、どれだけ確実に気持ちを切り替えることができるか。

 

イメージは電気のスイッチです。

 

パチッと付けたら、一瞬で部屋が明るくなるイメージで元気になれれば、大成功!!

 

管理人の場合は大空を見るようにしてます。「上を向いて歩こう♪~」

 


上を向いて歩こう 坂本 九 歌詞付き

 

そして元気になる歌を歌います。時にはハミングで。

 

「くちびるに歌を、心に太陽を持て。」


というのが定番です。

 


Good Luck!! 幸運を祈ります!

 

 

1日にひとつ、変えてみる。―ココロ・言葉・行動 (王様文庫)

1日にひとつ、変えてみる。―ココロ・言葉・行動 (王様文庫)

 

 以上は さとうやすゆき著 「一日1つ変えてみる。」より一部抜粋&加筆


※オマケ
「心に太陽を持て」は
ツェーザル・フライシュレン(Cäsar Flaischlen)による詩です。

心に太陽を持て

あらしが吹こうが、雪がふろうが、
天には雲、地には争いが絶えなかろうが。
心に太陽を持て。
そうすりゃ、何がこようと平気じゃないか。
どんな暗い日だって、それが明るくしてくれる。

くちびるに歌を持て。
ほがらかな調子で。
毎日の苦労に、よしや心配が絶えなくとも、
くちびるに歌を持て。
そうすりゃ、何が来ようと平気じゃないか。
どんなさびしい日だって、それが元気にしてくれる。

他人のためにも、ことばを持て。
なやみ、苦しんでいる他人のためにも。
そうして、なんでこんなにほがらかでいられるのか、
それをこう話してやるのだ。

くちびるに歌を持て。
勇気を失うな。
心に太陽を持て。

そうすりゃ、なんだってふっ飛んでしまう。


★ツェーザル・フライシュレン(Cäsar Flaischlen)はドイツの詩人で1864年5月12日にシュトゥットガルトに生まれ、1920年10月16日にグンデルスハイムで亡くなった。

日本では人の心を励ます詩「心に太陽を持て」(山本有三訳)の作者として知られています。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク