ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

『すべてはうまくいっている!』 『すべってもうまくいっている!』

『すべてはうまくいっている!』


『すべってもうまくいっている!』

 

一休和尚のお話です。

一休和尚は死に臨んで、一通の遺言状を残し、それをツボに入れました。

 

そして、弟子たちにこう言い残したのです。

 

「どうしようもない問題が出てきて、誰も解決できなくて本当に困っ太時には、皆でこれを開けなさい。」

 

それから数年後、弟子たちはどうにもならない問題にぶつかりました。

 

そこでツボの周りに集まり、一休和尚の遺言状を開けてみたのです。

 

それを一読するや、弟子たちは心を悩ませていたその問題から解放されました。

 

遺言状に書かれていた言葉はたった一言でした。

 

心配するな。何とかなる』これだけです。


「人間の世に起こる事件で心配に値するものは何もない」 (プラトン)

 

「心配いらない。不安なだけでは人は死なない」 (ごとうやすゆき 詩人)

 

何とかなるから大丈夫!

 

すべてはうまくいっているのです。すべったってうまくいっているのです。


☆彡なんとかなる! なんくるないさ♪~(沖縄の言葉)

 

 

 

Happy(しあわせ)名語録―一瞬で人生が変わる! (王様文庫)

Happy(しあわせ)名語録―一瞬で人生が変わる! (王様文庫)

 

 以上は ひすいこたろう+よっちゃん著 Happy 名語録 より一部抜粋

 


☆彡なんくるないさ♪~(沖縄の言葉)は本来は「真(まくとぅ)そーけーなんくるないさ~」という定型句を構成する言葉であり、「人として挫けずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る」という意味なのです。

 

「人事を尽くして天命を待つ」と同じ意味でありましたが、現在では前半が省略され「自然と(なるように)なるものだ」と解釈され、単に「何とかなる」と言う楽観的見通しを意味する様になりました。

 

言葉は生きているし、時代と共に変化していくんですね。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク