ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

『今というこの時を大事にする』習慣を身につけよう。プラス思考の習慣で道は開けるより 「何時やるか、今でしょう」

プラス思考の習慣で道は開ける

 

今日はプラス思考を習慣し成功と幸福を手に入れようという話です。

 

 最近「精神神経免疫学」という医学が進んでいます。

 

病気に対する抵抗力、つまり、免疫力というのは脳の働きと大いに関係しているという医学です。

 

 免疫力は脳の中心にある「間脳」がコントロールしているということが現代医学ではっきりしました。

 

「暗く思いつめる」とかのマイナス感情を持っていると間脳にマイナスのパルス・刺激が伝わります。

 

そうすると自律神経がアンバランスになり免疫力が低下し、病気になりやすくなる。

 

ですからいつもプラスの感情を持つ、つまりプラス思考をして間脳の動きを活性化しておくと病気になりにくいというわけです。

 

マイナスの感情とは、次のようなことです。

①心配し続けること。
➁不安な気持ちを持ち続けること。
➂暗く思い詰めること。
➃「病気が治らない」、「だめだ」「無理だ」等と希望を捨ててしまうこと。
➄しょっちゅう怒っていること。
等です。

 このようなマイナスの感情を持ち続けていると免疫力が低下し、身体と心を病みます。

プラス思考をつづけていると間脳が刺激され、免疫力が高まり、気力も充実し、仕事にも気が入ります。

プラス思考がすべての原点なのです。

さあ即座にプラス思考の実践です。

 

☆彡『道は必ず開けると確信する』習慣について

「今やるべきだ」と思ったことは即座に取り掛かる習慣が大切だ。

「後でやる」「明日やる」と先送りしているといつまでたってもうだつが上がらない。

 

本日のお題は

☆『今というこの時を大事にする』習慣を身につけようということです。

「時は金なり」という諺があります。有名な教訓です。「時間というものはお金と同じように貴いものだ」と解釈されています。

 しかし、時は金でしょうか。時間というものは金銭と同じでしょうか。そんなに安っぽいものでしょうか。

筆者はそうではないと思います。

 お金や土地や建物などは、一時的に失ったとしても、また取り戻すことができます。

けれども、どんなに大金を積んでも、逆立ちしても、絶対に取り戻せないものがあります。

それは時間です。現に今この瞬間、ときは刻々と過ぎ去っています。この過ぎ去っていく時間はお金では買うことができません。

 筆者の知人にガンの患者がいます。

「今私が、一番欲しいものが分かりますか?それはじかんですよ。私に残された時間はあとわずかです。やり残したことがいっぱいあるんです」と恨めしそうに語りました。

彼の心の奥底から出た叫びと言っていいでしょう。時間の大切さを思い知らされました。

「只今が其時。其時が只今也」とは享保元年に書かれた「葉隠」(山本常朝)に出てくる一説です。

其時とは「重大な時」という意味です。「いま」というこの瞬間を大事に白という意味です。

「いま」という時間を活用しなければ、ときは速やかに過ぎ去っていくのです。

だから「いま」がやる時なのです。優柔不断は貴重な時間を捨てているようなものです。

 「チャンスの神様」をご存知でしょうか。この神様は前頭部(額の上の部分)だけに髪の毛が生えています。後頭部はつるつるです。

私達はいつも、神様の後頭部だけを見ているのかもしれません。

次のチャンスを待ってばかりいて、何時まで経っても行動しません。

チャンスの神様が目の前を通っているのに、神様の前髪をつかもうとしないのです。

その時がチャンスなのに。

 

いつやるか、いまでしょう!

 

 

「プラス思考の習慣」で道は開ける (PHP文庫)

「プラス思考の習慣」で道は開ける (PHP文庫)

 

 

以上は 阿奈靖雄著 「プラス思考の習慣で道は開ける」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク