ハッピーライフ専科

話題やニュース、 書籍、経験、その他情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している自己啓発・処世術・開運ブログです。

スポンサーリンク

『人よりも半歩分だけ余分に努力する』習慣を身につけよう! プラス思考の習慣で道は開けるより

☆彡プラス思考の習慣で道は開ける

 

今日はプラス思考を習慣し成功と幸福を手に入れようという話です。

 

 最近「精神神経免疫学」という医学が進んでいます。

 

病気に対する抵抗力、つまり、免疫力というのは脳の働きと大いに関係しているという医学です。

 

 免疫力は脳の中心にある「間脳」がコントロールしているということが現代医学ではっきりしました。

 

「暗く思いつめる」とかのマイナス感情を持っていると間脳にマイナスのパルス・刺激が伝わります。

 

そうすると自律神経がアンバランスになり免疫力が低下し、病気になりやすくなる。

 

ですからいつもプラスの感情を持つ、つまりプラス思考をして間脳の動きを活性化しておくと病気になりにくいというわけです。

 

マイナスの感情とは、次のようなことです。

①心配し続けること。
➁不安な気持ちを持ち続けること。
➂暗く思い詰めること。
➃「病気が治らない」、「だめだ」「無理だ」等と希望を捨ててしまうこと。
➄しょっちゅう怒っていること。
等です。

 

 このようなマイナスの感情を持ち続けていると免疫力が低下し、身体と心を病みます。

 

プラス思考をつづけていると間脳が刺激され、免疫力が高まり、気力も充実し、仕事にも気が入ります。

 

プラス思考がすべての原点なのです。

 

さあ即座にプラス思考の実践です。


本日は

☆彡『人よりも半歩分だけ余分に努力する』習慣を身につけようということです。

 

凡そ成功の岐れるところは一歩の差である。

一歩先んじて進むものは成功し、後れるものは不遇を嘆つ。

故に人は常に機を見るに敏なることを要する。

 

これは大阪の政商・五代友厚の言葉です。士魂商才の核心として商人たちに伝えられてきている教訓です。


「一歩の差」の重要性を説いているわけです。

「成功と不成功の差はほんのわずかだ。しかし、そのわずかな違いに重要な意味がある」という格言があります。

 

 例えば高校や大学の入試の合格か不合格かの差はわずか一点です。

 

そのわずかな違いが、その人の運命や人生の流れを大きく変えることもあるわけです。

 何事もわずかな差に重要な意味があるのです。

 

 以上のことを整理してみると、次のことが明らかになってきました。

 

あとわずかでいいから、今までよりも力を出せ」という教訓です。

 

そうすれば局面がガラリと変わってくるということです。

 

 今までよりも10%だけ余分に力を出せば、収入が数倍に増えることだってあり得ます。

 

 「自分は本当に全力を出し切っているか?」

 

その全力というのは決して、今までの二倍も働くというのではないのです。

 

10%だけ努力UPすればいいのです。

 

 人よりも半歩だけ余分に努力すればいいのです。

 

 

 

「プラス思考の習慣」で道は開ける (PHP文庫)

「プラス思考の習慣」で道は開ける (PHP文庫)

 

 以上は 阿奈靖雄著 「プラス思考の習慣で道は開ける」より一部抜粋

 

※一時間は60分ですが10%だと6分です。

あと6分普段より努力してみましょう。

そして新しいものを1つやってみましょう。

何かが変わるはずです。

 

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク