ハッピーライフ専科

話題やニュース、情報を通じて楽しく、ハッピーライフを目指している開運ブログです。

スポンサーリンク

つい運がないと考えてしまうあなたに運を引き寄せるための5大方法とは?

つい運がないと考えてしまうあなたに贈る。

 

「私は運が悪い」と思っている人が運の悪い人であり、「私は運がいい」と思っている人が運のいい人です。

 

 良くないことは生きている以上誰にでも訪れるものです。

 

そして誰でも多かれ少なかれ、めげることはあります。

 

そんな時は、激しく一喜一憂せず、「そのうちいいこともあるだろう」と期待していればいいのです。

 

「ポジティブにならなきゃ」と頑張ったり、「私ってダメ」と必要以上に落ち込むこともありません。

 

 ついつい「運がない」と考えてしまう人は、心の癖によるものなので、意識的に変えていくしかありません。

 

 では、「運のいい人」はどんな考え方をしているのでしょうか。

 

例えば「行きたかった店が臨時休業だった」時は、

「今日は天気もいいからお弁当でも買って公園で食べよう」などと積極的な展開を考えるでしょう。

 

「先週買った服が、今はバーゲン品になっていた」時は

「先週欲しかったのだから、これで良し」と現実を肯定します。

 

「休みが取れなくなった」という時には、

「せっかくだから、その日にたまっていた仕事もやっつけよう」。

 

つまり、今の状態を「肯定的に」受け入れて「積極的に」プラスになる面を見つけるのです。

 

運の無い人は「自分は恵まれていない」と感じ、運のいい人は「自分は恵まれている」と感じています。

 

まわりへの感謝の気持ちと、自分の努力があってこそ、運は開かれていくものだと思います。

 

「つい運がない」と思ってしまうあなたが運を引き寄せるための5つの方法をご紹介します。

 

次の五つを意識して、実践するだけで「運がいい人」になること間違いありません。

 

①「ありがとう」と「おかげさま」を口癖にする。

特別な幸運は勿論、「美味しい食事ができて、ありがとう」、

「仕事ができるのは家族の協力のおかげ」等、当たり前にあることも大いに感謝して、大いに喜びましょう。

まわりへの感謝の気持ちは、自分のエネルギーにもなっていきます。

 

➁「ちょうどよかった」とつぶやく。

欲しかったものをいただいたとき、会いたい人から連絡があった時、

知りたい情報を目にした時、「ちょうどよかった」と呟きましょう。

不思議なほど、求めているものが引き寄せられてきます。

 

➂具体的な目標を一つ作る。

何かに向かって、一所懸命に取り組んでいる人には、周りの協力が集まってきます。

三年後のなりたい姿、目標を達成した姿など、絵に描くように、具体的に心に描くことで、現実はそれに近づいていきます。

 

➃人の為にできることをする。

運のいい人は一方的に、人から助けてもらうだけでなく、日ごろから自分でも、人の為に何かしたいという気持ちがあります。

 

 自分の周りにいる人だけででなく、電車で席を譲ったり、道端のごみを片付けたり。

そんな気持ちは直接でなくとも、どこからか返ってくるのです。

 

➄いつも笑顔でいるようにする。

運は「運ぶ」と書きますが運を一番運んでくれるのは、周りの人!

誰だって暗い顔をしている人より、ニコニコ明るい人が好き。

ご機嫌でいようとすることが、運を呼び込む最強の条件なのです。

 

 

なぜか「幸運に恵まれる人」がやっていること (PHPくらしラク~るSpecial Book)

なぜか「幸運に恵まれる人」がやっていること (PHPくらしラク~るSpecial Book)

 

 以上は なぜか「幸運に恵まれる人」がやっていること より一部抜粋

有川真由美出筆分

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク